ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

代表制と独裁体制〜『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』

●カール・マルクス著『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版]』(植村邦彦訳)/平凡社/2008年9月発行

b0072887_9473793.jpg 読了した者はさほど多くはなかろうが冒頭の文句だけはよく知られているという書物がこの世には少なからず存在する。さしずめ本書もその部類に入るに違いない。

 ヘーゲルはどこかで、すべての偉大な世界史的事実と世界史的人物はいわば二度現れる、と述べている。彼はこう付け加えるのを忘れた。一度は偉大な悲劇として、もう一度はみじめな笑劇として、と。(p15)

 ナポレオン一世の甥という以外にさしたる特長を備えているわけではない一人の凡庸な政治家がいかに政権を握ったのか。しかもこの独裁権力が国民投票で圧倒的な支持を得たのは何故か。その顛末を分析したのが本論考である。冒頭の有名なフレーズは、ルイ・ボナパルトが軍事クーデタで政権を掌握したのは偉大なる叔父ナポレオン一世の滑稽な二番煎じに過ぎない、という痛烈なアイロニーを表現したものであることはいうまでもない。

 本書は同時代の政変劇を見ながらマルクスが記したジャーナリスティックな文章ではあるが、聖書やシェイクスピアをパロディ化するなどその表現は文学的機知にも富んでいる。当時のフランスの政情だけでなく西洋一般の教養を備えた者でないと本書の面白味を充分に堪能することは難しいだろう。
 その意味では訳者の註解が大いに役立つ。さらに柄谷行人による長文の解説が本書を今日の読者が読むことの意義を説いて実に貴重である。歴史にみえる反復強迫の問題。柄谷の読解はそれをマルクスのテクストから明解に取り出している。柄谷によればマルクスは表象=代表制の本質から反復強迫の問題に迫っており、その点でその後の世界政治の問題を先取りしていた。

 ルイ・ボナパルトの独裁は議会制民主主義がもたらしたものである。身分代表制議会とは異なり普通選挙に基づく議会では「代表するもの」と「代表されるもの」の関係が不鮮明になり、本来的に恣意的にならざるをえない。
 ボナパルトは、いわばすべてを「代表」するものとして権力を握った。そのような権力の掌握のしかたは、代表制民主主義のなかでしか生まれてこない。ヒトラーのナチズムも日本のファシズムも代表制のなかから出現した。

 マルクスは、ボナパルトの政権掌握を、彼自身の観念や政略、人格に帰すことをきっぱりと否定した。われわれは、ボナパルトの勝利のなかに、最初にあらわれた代表制の危機とその想像的止揚を見ることができる。本書が今日の政治世界をも照射しているとすれば、それはひとえにマルクス=柄谷行人のそのような分析と認識に拠るものである。
[PR]

by syunpo | 2011-04-10 09:57 | 思想・哲学 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://syunpo.exblog.jp/tb/15227653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 有沢翔治のlivedoo.. at 2012-03-22 20:13
タイトル : カール・マルクス『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』..
ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日 概要  当時、フランス革命をなし終え、民主主義国家が誕生したはずでした。それにもかかわらず、大統領に当選したルイ・ボナパルトは議会 ...... more
<< アルプスを越えて〜『グランドツアー』 新たな統合原理を求めて〜『私た... >>