ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

人体と宇宙のハーモニー〜『138億年の音楽史』

●浦久俊彦著『138億年の音楽史』/講談社/2016年7月発行

b0072887_20115081.jpg 音楽から世界をみるのではなく、世界から音楽をみる。ここに書かれてあるのは壮大な音楽のタペストリーである。音楽史はもちろん、宇宙物理学から数学、医学、生物学、考古学、キリスト教神学、政治学、哲学などなど様々な分野から知見を取り込んで、悠久の音楽史を浮かびあがらせる。

 ここでは娯楽とか芸術とか現代的な観点がひとまず括弧に括られ、政治的機能や権力との関係、他の学問分野との関連など、音楽の多面的な性質が万華鏡のように読者の前にあらわれる。著者はパリで音楽学、歴史社会学、哲学を学び、現在は文化芸術プロデューサーとして活躍している人物。並の音楽史研究者にはなし得ない力技といっていいだろう。

 音霊や言霊を媒介に「神との交感」として生まれた音楽の事始め。宇宙の調和と音の関係を考えたピュタゴラスのひらめき。古代の戦場で武器とともに活躍した太鼓やトランペットなどの楽器。古代中国における法としての音律。聖歌を教える苦労から記譜法の考案にいたった修道士の機知。……世界の歴史に刻印された音楽にまつわるエピソードにふれていると、まるで音楽のテーマパークを周遊しているような気分になってくる。

 感情の音楽としてオペラを捉え、それは同時代のデカルトの処女論文『音楽大要』の認識と軌を一にしていると指摘するくだりなどもなかなか勉強になるし、マックス・ウェーバーが『音楽社会学』の未完論文を残していたというのも初めて知った。

 ただし諸手をあげて人に薦めるには躊躇せざるをえない難点がいくつかある。まずブッキッシュな人の記述の常として、先人の著作からの引用が中心になっているので、内容が多彩な割には読み味がやや平板なこと。時に衒学的な匂いがするところも嫌味に感じられる。また現代における音楽と社会との関連を概観する最終章で、疑似科学的な挿話がいくつか紹介されているのも少し引っかかった。むろんそれらを差し引いても一読の価値はあると思う。
[PR]

by syunpo | 2016-10-01 20:13 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://syunpo.exblog.jp/tb/26240841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-10-07 08:04
タイトル : マーラーが死の前年に書き始めた未完の大曲
マーラー「交響曲第10番」 Mahler " Symphony No. 10 " Photo : Tenderstem broccoli    マーラー「交響曲第10番」は、マーラーの絶筆となった交響曲でマーラーの手により形態が整っているのは第1楽章だけで、後は断片的なスケッチが残っているだけですが、デリック・クック版による補筆完成版などがあり。まれに5楽章全曲が演奏されるようです。今回神奈川フィルの定期演奏会で、交響曲第10番5楽章全曲を演奏するということで、 貴重な経験をするこ...... more
<< 国家の失敗を解決する道筋〜『憲... 〈災後〉の社会を生きていく〜『... >>