ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

はじめに行為ありき〜『村に火をつけ、白痴になれ』

●栗原康著『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』/岩波書店/2016年3月発行

b0072887_9424485.jpg 伊藤野枝。大正時代のアナキストであり、ウーマンリブの元祖ともいわれている思想家。結婚制度や古臭い社会道徳を排撃し、大杉栄との「不倫」関係で世間を騒がせもした。そして関東大震災のどさくさに紛れて、大杉と甥っ子の橘宗一とともに憲兵隊の手によって惨殺された。

 本書は、アナキズムを専門とする政治学者・栗原康による伊藤野枝の評伝である。読み始めてまず気づくことは今風のポップな文体だ。

 ……東京にいきたい、東京にいきたい。とうぜんながら、実家にも自分にもそんなカネの余裕はない。どうしたらいいか。伊藤家家訓。貧乏に徹し、わがままに生きろ。カネがなければ、もらえばいい。遠慮しないで、おもいきりやれ。いつも遊んで、食べてねるだけ。いくぜ、東京。(p15)

 こんな調子で本書は野枝の波乱万丈の生涯をあとづけていく。上京して勉学に励み、上野高等女学校に入学したこと。親の決めた結婚相手のもとからすぐに逃げ出したこと。在学中に思いを寄せていた辻潤との結婚生活のこと。平塚らいてうの青踏社に加わったこと。大杉栄と運命的に出会ったこと。バートランド・ラッセルが来日した際、好ましいと思った日本人は伊藤野枝ひとりだったこと……。

 青踏社時代に野枝が関係した三つの論争がある。貞操論争。堕胎論争。廃娼論争。それらはいずれもその後のフェミニズムや女性学につながっていくテーマでもあった。栗原はここでも野枝に肩入れしながらその論争のあらましを総括している。
 貞操論争に関して触れておくと、野枝の意見は、貞操という発想そのものが男たちの願望をかなえるために捏造された不自然な道徳にすぎないというものである。これは正論ではないかと思う。

 伊藤野枝の思想とは、端的いえば女性の生き方は女性自身が決めればよい、好きなだけ本を読み、好きなだけうまいものを食って、好きなだけセックスをして生きればよい、というものだ。国家のようなものに依存していはいけない、相互扶助でいこう、結局のところ「無政府は事実」だというのである。

 無論、彼女の考え方を全面的に肯定するわけにはいかないだろう。端的に「わがまま」だと思われる挿話はいくつも紹介されている。彼女の生涯は無念極まりない幕切れを迎えねばならなかったけれど、しかし同時に自由であること、自己決定することの大切さを教えてくれているようにも感じられる。

「野枝さんはぶっ殺されてしまいましたが、その思想を生きるということは、わたしたちにもふつうにできることなんだとおもいます」──軽佻浮薄といって悪ければ自由奔放な栗原の文体は、アナキスト伊藤野枝を語るにふさわしいものかもしれない。
[PR]

by syunpo | 2017-02-12 09:45 | ノンフィクション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syunpo.exblog.jp/tb/26636520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 気合いと絆とバッドセンス〜『ヤ... どうでもいい話題を熱く語る〜『... >>