気合いと絆とバッドセンス〜『ヤンキー化する日本』

●斎藤環著『ヤンキー化する日本』/KADOKAWA/2014年3月発行

b0072887_18433816.jpg 斎藤環は二〇一二年刊行の『世界が土曜の夜の夢なら──ヤンキーと精神分析』で日本文化に偏在する「ヤンキー・テイスト」を分析した。本書はその続編ともいうべき対談集。

 日本社会はヤンキー化している。ではヤンキー化とは何なのか。それは不良や非行のみを意味しない。著者が「ヤンキー」の用語に込めているのは次のようなことである。

 ……彼らが体現しているエートス、すなわちそのバッドセンスな装いや美学と、「気合い」や「絆」といった理念のもと、家族や仲間を大切にするという一種の倫理観とがアマルガム的に融合したひとつの“文化”、を指すことが多い。(p9)

 斎藤はヤンキー化に対して批判的ではあるものの「単純に軽蔑したり排除したりできない」とも述べている。本書は、斎藤のこうした基本認識を踏まえての対話なので、比較的まとまりのある対談集にはなっていると思う。登場するのは、村上隆、溝口敦、デーブ・スペクター、與那覇潤、海猫沢めろん、隈研吾。

 村上との対話は、本書のテーマにしっくりハマっているとは言い難い雰囲気をもって始まるのだが、村上の仕事が「気合い」を重視していることを言明している点などは興味深く読んだ。

 溝口は暴力団の実態に詳しいジャーナリスト。斎藤の認識に同意を示しつつ、「暴力団や半グレと、ヤンキーの両者は近接領域にあっても別モノ」と指摘する。

 デーブとの対談はリラックスした雰囲気ながら本書の趣旨からは逸脱することなく進んでいく。それなりに楽しい対話。選挙の古臭さとヤンキー文化をからめる文脈で橋下徹人気を語るのは良いとしても、それにデーブが好意的なのは同意できないが。

 與那覇は安倍政権についてトンチンカンな発言も散見されるが、「インテリ派とヤンキー派」の対立を自民党政治にあてはめて「官僚派と党人派」と言い換えているくだりなどにかろうじて面白味が感じられた。

 梅猫沢は、社会心理学者の山岸俊男の(「頭でっかち」に対する)「心でっかち」というフレーズを引用して、心を重視するヤンキーリアリズムを批判的に語っているのが印象的。

 隈は建築という営みそのものがヤンキー的といい、日本のヤンキー文化を建築業界に沿って語っているのは勉強になった。「おたくとヤンキーというのは、ノンヒエラルキーな二〇世紀的工業社会が崩れてきた中で人間が生きていくための二つの道」と隈はいう。本書のなかでは私にはもっとも面白い対談だった。
[PR]
by syunpo | 2017-02-15 18:45 | 精神医学 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syunpo.exblog.jp/tb/26654984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 普遍的な概念でストーリーを語る... はじめに行為ありき〜『村に火を... >>