ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

民主主義に対する諸刃の剣!?〜『ポピュリズムとは何か』

●水島治郎著『ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か』/中央公論新社/2016年12月発行

b0072887_1849371.jpg ポピュリズムを扱った政治学の書物にあまりおもしろい本はない。というのが私のこれまでの読書体験から得てきた管見である。おしなべて、手垢のついた用語に恣意的な語釈をあてはめただけのどうとでもいえる大味な論調という印象が拭えなかったのだ。
 本書はタイトルどおりまさにポピュリズムを真正面から考察した本である。結論的にいえばそれなりに有益であると思うが、やはり疑問も残った。

 ポピュリズムには大まかにいって二つの定義があるという。
 一つは「固定的な支持基盤を超え、幅広く国民に直接訴える政治スタイル」をいうもの。今ひとつは「『人民』の立場から既成政治やエリートを批判する政治運動」をいうもの。本書では後者を採る。何故なら「現在、世界各国を揺るがせているポピュリズムの多くは、まさにエリート批判を中心とする、『下』からの運動に支えられたものだからである」。

 水島はマーガレット・カノヴァンを引用して、実務型デモクラシー(立憲主義的)と救済型デモクラシー(ポピュリズム的)の緊張関係においてポピュリズムを捉えようとする。二つの型は民主主義にとっては欠くことのできない要素である。デモクラシーは純粋に実務型であることはできず、部分的には救済的な要素に基づくものであるから、ポピュリズムの発生する余地を常に与えることになるだろう。

 以上のような基本認識をもとに、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、米国におけるポピュリズムの変遷をあとづけていく。それらの地域の政治状況を簡潔にまとめている点で、海外の事情には疎い私にはたいへん勉強になった。

 とりわけ労働者の権利拡張を推し進めたアルゼンチンのベロニズム(本書ではポピュリズムに類型化されている)による消費社会の到来が独自の政治的行動様式を持つ「消費者」を誕生させたとする記述は興味深い。また、デンマークやオランダ、スイスのポピュリズム政党は「リベラルな価値」の観点から、近代的価値を受け入れないイスラムへの批判を展開している、という指摘にも驚かされた。

 それらのポピュリズムを分析してわかることは、その両義性である。本書では随所にそのことが述べられている。

 ポピュリズムはデモクラシーの発展を促す方向で働くこともあれば、デモクラシーへの脅威として作用することもある。(p20)

 既成政治に対する批判、不満の表明は、それが法治国家の枠に収まる限りにおいて、意味を持ちうる。しかし実際には、安全弁だった思っていたポピュリズムが、かえって制御不可能なほどに水を溢れさせるリスクもある。(p230)

 ただし現在、世界の諸地域で進行している政治動向をポピュリズムなる包括的な概念で説明を試みることの意義や有効性については最後まで疑問が消えなかった。

 そもそもポピュリズムとは政治上の理念モデルというよりも現実に存在する政治勢力に向けられた一つのラベリングである。語源となった米国人民党の活動と直接関連づけられることも少なくなった。今ではみずからポピュリズムを名乗る政党はない。分析者が現実にあわせていかようにも定義を上書きしていくことが可能だろう。

 前述したように本書では、ポピュリズムについて「『人民』の立場から既成政治やエリートを批判する政治運動」との定義を採って論を進めているのだが、欧州における既成政治・エリート批判とは、既成の制度が行なう再分配による受益者(移民や生活保護受給者など社会的弱者を含む)をも特権層として批判するというアクロバティックな理路をたどる。

 ついでに記せば、大阪維新の会もポピュリズムの文脈で論じられているけれども、彼らは特権層を解体するポーズをとりながら、実際にやっていることは別の特権層を生み出している気配が濃厚である。そのような政治勢力はポピュリズムの定義にかなっているのかどうか。そもそもそのような議論がさして重要だとも思えない。

 近代西欧が育んできた「リベラル」な価値観がいわば「反転」を見せ、むしろ強固な「反イスラム」の理論的根拠を提供するに至っている。……という事例が顕在化しているのなら、素人的には、ポピュリズム云々よりも、じゃあ「リベラリズムとは何か」と問い直してみたい気がする。
[PR]

by syunpo | 2017-03-07 19:02 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syunpo.exblog.jp/tb/26703060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 近代日本の歴史をくぐりぬけてき... 源ちゃんが大学で行なった読書の... >>