ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

個人優位の社会を築くために〜『近代化と世間』

●阿部謹也著『近代化と世間』/朝日新聞社/2006年12月発行

b0072887_15195779.jpg 昨年九月に急逝した阿部謹也が亡くなる日の朝まで朱筆を入れていたという遺言の書である。
 そのタイトルが示すように「世間」という概念について縦横無尽に語っている。だが、結論的にいえば、私には今一つハラワタに染み入ってくるような満足感を得ることはできなかった。

 日本社会に特有の事象を「世間」という包丁で切っていく、その刃先は、鮮やかな切れ味を見せたかと思えば、時に強引で時に茫漠としている。「世間」という包丁一本で、あれもこれも料理しようとするから、味わいとしてはかなり大味なものとならざるをえない。

 日本社会に「差別」が根強く残っているのも、日本の絵画に自画像の傑作が乏しいのも、大学が崩壊したのも、さる書評委員が特定の作家の本をことさら推奨するのも、日本人が将来計画を立てることに不得手なのも、本書にあってはすべて「世間」にその原因が帰せられる。

 では、阿部謹也のいう「世間」とは、何だろうか?
 その特質として、贈与・互酬関係、長幼の序、時間意識の共有などを挙げていて、その閉鎖的な性格が「世間」を非歴史的たらしめていると述べている。だが率直にいって、本書のそうした断片的な記述だけに触れても、その概念を必ずしも明確に理解できるわけではない。

 日本語としての「世間」の語源がサンスクリットの訳語で「壊されるもの」を意味する仏教用語であった、という指摘はなかなかに興味深い。だが、その指摘はそのまま置き去りにされ、語句としての歴史的変遷も今日的な概念規定も曖昧なままに「世間」が語られていくのである。
 全編をとおして「世間」の語義がかなり弾力をもっていて、「単なる仲間うち」という狭い意味から、「業界」「集落」のようなコミュニティ、果ては日本社会全体の構造、場合によっては「近代天皇制」と置換可能な述語として、無造作に使われている。
 また「世間」という語意の変遷と「世間」が指し示す社会の変化とが整理されずに記述されている点も気になった。

 著者によって再発見され、新たな光が当てられた「世間」という概念だが、随想風に語られている部分での使用法などは、井戸端会議での奥様方の「あの人は世間体を気にする人だから……」というような紋切り型とさして変わらなかったりする。

 とはいえ、著者が最後に掲げた「結論らしきもの」に記された言葉の一つ、「わが国の現状を個人優位の下で整序すること」というメッセージに異存はない。随所に深遠なる問題提起もなされている。また、キリスト教や仏教などの宗教史に関心のある読者ならば、触発されるものがあるかもしれない。
 いずれにせよ、著者の一連の「世間」研究を評価するには、過去の本格的な著作を紐解く必要があるだろう。
[PR]

by syunpo | 2007-01-19 18:38 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syunpo.exblog.jp/tb/6359588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人間の尊厳を主張するために〜『... 新たなる“離米主義”へ〜『滅び... >>