ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

市民の手で克服すべきもの〜『報道被害』

●梓澤和幸著『報道被害』/岩波書店/2007年1月発行

b0072887_1962277.jpg 本書は、メディア報道による人権侵害の問題に取り組む弁護士が、種々の「報道被害」の実態とその対策を述べたものである。「冤罪」報道、犯罪被害者へのメディアスクラム……など報道による人権侵害の中身は単純ではないが、具体的な事例に即した記述は説得力にとんでいる。

 著者の見識が何より優れているのは、そのような報道被害の顕在化に乗じて政府与党がメディア規制の動きを強めていることに、同時に警戒心をもっている点にある。
 インターネットの普及もあって、一般市民のメディア不信は具体的な形をとって現れてきている。そうした時流に政府が棹をさして「人権擁護」の名のもとに、検閲的なメディア規制を企図する動きに監視の目を怠ってはならない、筆者はそう呼びかけるのである。その観点から個人情報保護法についても、報道の自由を侵す危険性があるとして批判的な目を向けている。

 つまり、本書の問題意識は「知る権利と報道の自由を萎縮させたり、抑圧したりすることなしに、報道被害を減少させ、なくす方策を探るべきだ」(p162)という言葉に集約される。単なるメディア批判に終始せず、俯瞰的に事件報道と人権の関係について問題提起を行なっている点に、本書の大いなる価値があるといえるだろう。

 報道被害の再検証としてここに述べられている事案は、どれも悲憤慷慨せずにはおれないものばかりである。
 「松本サリン事件報道・再考」では、自分たちの誤りを認めない警察の体質とそのリーク情報に頼りきったメディア報道の安易な姿勢がともに厳しく指弾されている。
 また、二〇〇三年に起きた福岡一家殺人事件では、被害者の親族が被疑者としてメディアに追われ、二重の苦しみを味わうことになった。損害賠償請求の裁判を提起し、異例の高額判決を勝ち取った経緯についても触れられている。

 何故、報道被害は発生するのか。
 著者は、以下の五つの問題点を指摘している。

 (1)苛酷なスクープ競争により、たとえば事件被害者の家族と信頼関係を結ぶ時間的余裕もないままに、いきなりマイクをつきつけてしまう。
 (2)取材する者とされる者との力の差が歴然としていることが、報道被害発生の構造的原因となっている。したがって、被害を受ける側を強力に支援する体制をつくる必要がある。
 (3)犯罪報道の情報源を警察に依存していること。そのために警察のメディアに対する情報管理を監視する仕組みがほとんど存在しない。
 (4)メディア企業の経営者や幹部のなかに、利益至上主義、商業主義を報道の公共性よりも優先させる思想が過度に浸透している。
 (5)現場の記者やデスクの人権感覚をも問題とすべきである。

 そうした問題点を踏まえて、著者は報道被害を減らすための対策として、いくつか具体的な提案を行なっている。
 報道被害救済のための業界横断的な「報道評議会」の設立、商業主義に過度に傾斜するメディアの経営陣、編集幹部の意識改革、メディア内部に人権思想を浸透させること……などは、特に異論はないだろう。
 賛否両論ありそうなのは、「捜査情報の公開」だ。「警察の情報独占により報道機関に影響力を及ぼす構図そのものを解体することが不可欠」だとして「捜査という公権力行使を監視にさらすことが必要」だと主張するのだ。たとえば、松本サリン事件で捜索差押令状が情報公開の対象になっていれば、メディアはもっと早く真実にアクセスすることができたのではないか、という。
 そこで、捜査情報を「公開した場合のプライバシー侵害のリスクを減らすために、犯罪情報を報道するときにはその人が公人でない限りは匿名にする」という方策を同時に提案するのだ。
 犯罪報道の匿名化については、以前から提唱するメディア関係者は少なくないが、捜査情報の公開をワンセットにした提案は、考え方としては興味深いものだ。

 メディア関係者はもちろん、ジャーナリズムに関心をもつ人ならば、一読しておくべき良書である。
[PR]

by syunpo | 2007-02-26 19:25 | メディア論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syunpo.exblog.jp/tb/6533566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国家に過剰負担させないための〜... 俺たち、慶應同期生〜『政治原論』 >>