ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

2017年 05月 11日 ( 1 )


アイロニーからユーモアへ折り返す〜『勉強の哲学』

●千葉雅也著『勉強の哲学 来たるべきバカのために』/文藝春秋/2017年4月発行

b0072887_1914615.jpg 勉強しない者たちが実社会でたくましく生きていく姿にエールをおくる言葉は巷にあふれている。学生時代はロクに勉強もせずに遊び呆けていたと露悪的に告白するインテリもあとを絶たない。それらはいずれもアンチ勉強言説の紋切型といってよい。その裏返しとして、勉強することの気まずさやそこからじわじわと生まれる歓びに正面から原理的に言及した本はこれまでありそうでなかったような気がする。もちろん「気がする」だけで、単に私の勉強不足だけなのかもしれない。そこで気鋭の哲学者・千葉雅也の勉強論である。

 勉強とは、これまでの自分の自己破壊である。これが本書の核となるメッセージ。自己破壊することなく状況に適応して生きていくのは「ノリのいい生き方」だが、勉強すると一旦その環境でのノリは悪くなる。いわば「浮いた」状態になる。けれども次のフェイズで新たな環境のノリに入るのだ。
 その一連の引っ越しにおいて、千葉は言語を重視する。不慣れな言葉の違和感に注意すること。その違和感を通して特定の環境における用法から別の用法を考え直す可能性が開けるというわけだ。

 深い勉強、ラディカル・ラーニングとは、ある環境に癒着していたこれまでの自分を、玩具的な言語使用の意識化によって自己破壊し、可能性の空間へと身を開くことである。(p217)

 ノリの悪い語りは、自由になるための思考スキルに対応する。思考にはツッコミ(アイロニー)とボケ(ユーモア)がある。前者は根拠を疑って真理を目指す。後者は根拠を疑うことはせず、見方を多様化する。勉強の基本はアイロニーだが、本書ではそれを徹底化することを避けてユーモアに折り返すことを推奨する。

 アイロニーは過剰になると絶対的に真なる根拠を得たいという欲望になるけれども、それは実現不可能な欲望である。むろん「見方の多様化」についても理念的には極限的な状態は考えられるが、事実上私たちの言語使用では、ユーモアは過剰化せず、ある見方を仮固定することになる。それを可能にする条件は、個性としての「享楽的こだわり」である。もちろん「享楽的こだわり」もまた勉強の過程を通じて変化しうる。

 この一連の勉強過程でキーワードになるのが「有限化」。ある限られた=有限な範囲で、立ち止まって考える。無限に広がる情報の海で、次々に押し寄せる波に、ノリに、ただ流されるていくのではなく。「ひとまずこれを勉強した」と言える経験を成立させること。「勉強の有限化」とはそのような状態を指す。

 環境のなかでノッている保守的な「バカ」の段階から、環境から浮くような小賢しい存在になることを経由して、メタな意識をもちつつも、享楽的なこだわりに後押しされてダンス的に新たな行為を始める『来たるべきバカ』へ。これが本書における勉強の原理論のあらましである。

 本書の後半では、その具体的な実践方法を教示する。たとえば自己分析のための「欲望年表」の作成。「自分が何を欲望してきたか」をひろいだし、その背景となる出来事の年表を作ることをとおして「無意識と意識をつなぐ言葉を、仮に想定する」。これは一種の自己分析である。自分のこだわりの発端を分析してバラし、出来事と出会い直そうとすることで、享楽的こだわりもまた変化の契機を得るのである。

 さらに、勉強を有限化しつつ継続するために、当然ながら専門分野のノリに入ることが必要になるだろう。専門分野への参加に際しては入門書を複数比較してその分野の大枠を知ることなど、オーソドックスな助言がなされている。

 ジル・ドゥルーズ=フェリックス・ガタリ、ジャック・ラカンなどのフランス現代思想をベースにしつつ、ヴィトゲンシュタインの言語ゲーム理論や分析哲学など、本書では多くの哲学的知見がベースになっている。ドゥルーズ=ガタリの〈器官なき身体〉のパロディとして〈器官なき言語〉なる造語を導入しているのも愉しい。

 またピエール・バイヤールのユーモアにあふれた『読んでいない本について堂々と語る方法』が読書の完璧主義の不可能性を指摘するコンテクストで引用されているのにも納得。なるほど「仮固定」や「有限化」の一助としてバイヤールを持ち出すというのは一つの生産的な読み方なのだろう。

 そうした先人たちの思考スタイルに立脚しながらも、同時に自身の経験的なエピソードを随所に織り込んでいるので、この種の本にありがちなフラットな読み味からは免れているのも本書の美点のひとつといえる。

 千葉が説く言語の玩具的な使用は、もちろん本書の記述においても活かされている。時に現代詩のフレーズを引用する。改行を多用してアフォリズム的なリズム感を醸成する。こうして読者は勉強の哲学的な言葉を享楽的に受け取ることができるだろう。

 バカの座に居直るのでもなく、環境のノリに合わせられる実利的な勉強のみを称揚するのでもなく。アクロバティックな勉強への道標。知性的なるものを冷笑する態度が幅をきかせる今だからこそ、読む価値のある一冊であるといっておこう。
[PR]

by syunpo | 2017-05-11 19:08 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)