ウェブで連載の時評集〜『滅びゆく国家』

●立花隆著『滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか』/日経BP社/2006年6月発行

b0072887_1812711.jpg 本書は立花隆がウェブサイトで自由に記してきたものをまとめたもので、内容的には「時々のメディア報道をベースに書かれた日本社会論、日本政治論」といえる。ただ全体の印象としては、さっと書き流した文章という感じは拭えず、個々のテーマについて深い洞察や分析が行なわれているとはあまり感じられなかった。

 少し気になったのは、相反する認識が頻出することだ。

 たとえば、ライブドアの野口英昭副社長の「怪死」事件に関する記述などは完全に破綻している。当初、野口氏の死について「警察のとなえる自殺説など全く成り立たない話だということがすぐにわかった」(p30)と断じておきながら、後段では、野口氏自殺を前提に「なぜ自殺したのかまだわからない。しかし、一般論として考えられる理由は二つある」(p106)として、以下、大まじめに推察を加えているのである。

 あるいは、小泉純一郎に関する評価も奇妙な具合になっている。「極端に自分の前言にこだわる政治家である。一度ある事を決めると、あるいはある事に関して強い発言をしてしまうと、あくまでその決定、あるいはその発言を固守しようとする」(p243)との見立てを示して、「豹変」することの必要性を主張しておきながら、別の文章では「実は過去をさかのぼって小泉発言を検討してみると、小泉首相は何度も前言を翻している」(p332)と述べているのだ。

 このような不整合な情報発信をみずからのウェブサイトで行なっていたこともいい加減なら、それを放置したまま一冊の本に収めてしまう神経もかなり杜撰というべきである。

 また、二〇〇五年の「郵政解散選挙」前後の文章については、政局予測がかなりハズれているのだが、「そのような誤り自体、歴史の資料として残されるべきだ」(p278)として、やはりそのまま収録されている。
 この点については、アマゾンのレビュー欄には評価する声が寄せられているけれど、私にいわせれば「政局予測」などにウツツを抜かすことじたいが、現代日本の言論界の水準の低さを表わしている。競馬の予想屋じゃあるまいに、皮相的な事象をいちいち取り上げて、それを肴に大仰でくだらない予測を行なう前に、冷静に現実の政治状況を見据え批評することの方がはるかに重要ではないだろうか。
 ついでに申せば、この人の政局観は、自身が長らく付き合った田中闇将軍の時代にかなり引きずられているように見受けられる。

 立花隆は、世間に名を知らしめた田中角栄金脈追及をはじめ、脳死問題や科学技術の最先端レポートなど多くの優れた仕事を残してきているが、本書の出来映えについては、はっきり疑問符をつけておきたい。
[PR]
# by syunpo | 2007-05-17 19:15 | 政治 | Trackback | Comments(0)

青春の道標〜『人生を肯定するもの、それが音楽』

●小室等著『人生を肯定するもの、それが音楽』/岩波書店/2004年4月発行

b0072887_19402811.jpg フォークシンガーの小室等がこれまで出会った内外の音楽家や歌手、影響を受けた人物について語ったものである。登場人物は、谷川俊太郎、渡辺貞夫、オデッタ、ピート・シーガー、坂田明、林英哲、伊藤多喜雄、中村八大、武満徹ら多岐にわたる。

 音楽を語る、その語彙がいささか凡庸で「音楽論」としてはあまり面白味を感じなかったが、個々の人物のエピソードや発言などは、それなりに楽しい。

 渡辺貞夫が「休符というのはたんなる休みじゃないんだ。休符は演奏しないということじゃない、休符を演奏していなければだめなんだ」と言って、自分が演奏していない時でも他の奏者の演奏に集中することを小室に説いたのに対して、和太鼓奏者の林英哲は「和の音楽はそういうことではない。つねにハッとか、エイヤッといってそのつどはじまる。……つねに新しいはじまりなんだ。前との連続とは限らない」と演奏の途中に〈リセット〉が行なわれうることを主張しているくだりは、なかなか興味深い。

 また、武満徹が、幼かった娘(眞樹)と手をつないで、渋谷の街頭で歌をデュエットしながら小室の前を通りすぎっていったのだが、それが後に『女のみち』だと判明した話など、生前の武満のイメージからは想像しがたいもので、面白く読んだ。
[PR]
# by syunpo | 2007-05-11 19:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

他者の言説を目覚めさせる〜『表象の奈落』

●蓮實重彦著『表象の奈落 フィクションと思考の動体視力』/青土社/2006年12月発行

b0072887_20145070.jpg ロラン・バルトの追悼文に始まり、その二五年後に綴られたバルト論に挟まれる形で、ジル・ドゥルーズ、ジャック・デリダ、ミシェル・フーコーに関するテクスト、さらには、ボッティチェルリの絵画論、フローベール『ブヴァールとペキュシェ』論等が配置された「批評論集」である。
 それらは、「批評」と「フィクション」という主題の周辺を旋回しながら、一冊の書物におさまることを希求していたかに見える、と著者はいう。

 「批評」は、本質的に言い換えの作業にほかならない。翻訳とも呼べるその作業は、言い換えるべき対象としての他者の言説の中でまどろんでいるしかるべき記号に触れ、それを目覚めさせることから始まる。数ある記号のどれに触れて目覚めさせるかで、読む主体の「動体視力」が問われることにもなろうが、それは、読むことで、潜在的なものを顕在化させる作業だといってよい。(p364)

 前半の〈墓の彼方からの追想〉と括られたドゥルーズ論・デリダ論・フーコー論は、例によって難解である。

 私には、〈「『赤』の誘惑」をめぐって〉と題する一文が最も興味深かった。二〇〇五年にソウルで開催された第二回世界文学フォーラムで読み上げられた英文テクストに基づくもので、先頃刊行された『「赤」の誘惑ーフィクション論序説』の導入編にも相当する。

 蓮實は、言語学者や哲学者の多くが、しばしば「赤」に言及しつつその論を展開していることを指摘してみせる。ジョン・R・テイラー、ウィルフレッド・セラーズ、ウィラード・クワイン。あるいは、ジャン=ポール・サルトルの『存在と無』。
 彼らの言及した「赤」の形象を一定のイメージに紡ぎだす蓮實の手際は、まさに職人芸ともいうべきもので、哲学や文学における「間テクスト」的網状組織の上に素描されるこの異様に赤い形象から「平和」のイメージへと話をつなげる蓮實の「批評」は、やはり面白い。
 「世界秩序をめぐる東アジア的な思考」というテーマが与えられていた発表文としては、出席者にかなりの戸惑いを与えたのではないかと推察されるような内容なのだが、良くも悪しくも蓮實の「動体視力」の特異性が表れたテクストといえるのではないだろうか。
[PR]
# by syunpo | 2007-05-09 20:17 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)

地方分権の時代に〜『自治体をどう変えるか』

●佐々木信夫著『自治体をどう変えるか』/筑摩書房/2006年10月発行

b0072887_2064844.jpg 著者は東京都庁勤務を経て、中央大学教授として行政学、地方自治論を講じる学者。本書は、これからの日本が抱える地方自治の課題や展望について平明に説いたものである。

 これまで都道府県や市町村は「地方政府」ではなく「地方公共団体」と呼ばれてきた。それは地方政府と呼ばれるにふさわしい機能が欠落していたからである。地域の政治機能(政治体)と事務機能(事業体)はあったが、自ら政策を創出する政策機能(政策体)はなかった。
 しかし、一連の地方分権化政策によって、地方政府との位置付けがなされた。今後、地方自治体は、いかに政策機能を活性化していくかが問われることになる。

 ただし、本書全体の論調はいかにも教科書的で生ぬるい。
 夕張市の破綻や各地で表面化している裏金問題などの例を引くまでもなく、地方行政の失敗や腐敗がこれだけ顕在化している現在、政策機能の健全な活性化を企図していく前提として、これまでの失敗・腐敗の要因分析は欠かせないはずである。
 ところが、本書では地方分権を促すための税源移譲や道州制の導入など、全般的にあらかじめ想定される地方行政モデルの概説に力点がおかれ、現実に顕在化してきている問題への切り込みが今一つ不足しているように感じられた。

 「公共ビジネスマン」「高度専門社会を生き抜くための複合的な能力」「包丁一本さらしに巻いての板前感覚」など地方公務員に関するスローガンやお題目は随所に出てくるものの、その実現のための具体論にも乏しい。能力主義の給与システムを提唱している箇所なども、実際に誰がいかなる基準で能力を評価するのか、肝心な部分での記述に説得力を欠く。
 「既存のモノサシの延長といった穏健な政策転換では住民が納得しないかもしれない」(p98)、「無際限に行政責任を問う風潮」(p110)いう悠長な物言いに象徴されるように、全般的に危機感の乏しい無機的な記述が目立つ。

 「平成の大合併」の評価については、まったく支離滅裂である。「単に合併し市町村の規模を大きくすれば、課題の多くが解決するかといえばそうではない」と言ったかと思えば、「合併は、スケールメリットの働くよう団体自治の規模を拡大すると同時に、きめ細かな行政は旧自治体が担えるよう住民自治を強化していく方法」と論じている。
 結局のところ、合併の功罪を厳密に分析もしないままに「合併はピンチではなく、新たな地域共同体を形成するチャンスだと捉えたい」(p213)と精神論に回収してしまい、「今後も更なる合併を必要とする地域はある。そこで、第二次の合併推進が求められよう」と述べているのだ。
 
 また、前述したような役所の裏金体質、時に首長が中心的役割を果している談合の問題、無責任体制の象徴ともいわれる第三セクター方式の評価、中央からの天下りなど、地方自治を考えるうえで避けてとおれないこれらの問題については、何故かまったくノータッチである。
 これほどタイムリーなテーマを扱いながら、これほど急所を外した書物も珍しい。
[PR]
# by syunpo | 2007-05-07 20:14 | 政治 | Trackback | Comments(0)

成長神話を排して〜『市場には心がない』

●都留重人著『市場には心がない』/岩波書店/2006年2月発行

b0072887_1713334.jpg 二〇〇六年二月に他界した経済学界の重鎮による最後の書物。「日常の時事問題に関心を寄せて、その都度ざっくばらんに所感を書きとどめる」という何十年来の習慣に基づいて書きためたものをほぼ五年ごとに小著の形で出版してきたシリーズの最終刊ということになる。

 経済問題にとどまらず外交、環境問題などについても紙幅が割かれており、反市場万能主義、核廃絶の立場から自民党政権による政策を批判、これからの日本の進むべき道を指し示す。その眼目は、対米一辺倒からの脱却、成長を前提としない経済政策等にある。

 新聞記事や他の学者からの引用が多く、本書で述べられる主張に新味はない。もっとも、著者に長らく付き合ってきた読者ならば、辞世の書として感慨深く読むのかもしれない。
 なお書名は、ポール・サムエルソンの言葉から採ったものである。
[PR]
# by syunpo | 2007-05-04 19:11 | 経済 | Trackback | Comments(0)