『ポンペイの輝き〜古代ローマ都市 最後の日』

●『ポンペイの輝き〜古代ローマ都市最後の日 カタログ』/朝日新聞社/2006年発行

b0072887_1844153.jpg 二〇〇六年、東京Bunkamuraザ・ミュージアムを皮切りに、仙台市博物館、福岡市美術館、サントリーミュージアム[天保山]と巡回してきた展覧会の共通図録。ポンペイ考古学監督局のスタッフによるいくつかの論考に挟まれて、出品作と現地の風景が美しい写真で紹介されている。国立西洋美術館の青柳正規館長が監修、野中夏実が翻訳を担当した。

 古代ローマ帝国絶頂の時代、西暦七九年八月二四日、ヴェスヴィオ山の噴火により埋没した都市ポンペイ。火山灰土に厚く覆われた都市は、その後、一八世紀まで地中に長く眠ったままであった。やがて発掘調査が始まり、ポンペイや近郊の諸都市の姿が次第に明確な形となって私たちの視界のなかに現れる。二一世紀に入っても調査は行なわれているらしい。
 本展は、発掘調査によって出土した壁画や彫像、家財道具や人々が身につけていた装飾品など四百点を集めたものである。

 さすがに今日まで生き永らえた出土品は、金属類や大理石像、漆喰の壁画など種類は限定されるが、考えてみれば、これは出来事の凄まじさといい、封じ込められた時間の悠久の長さといい、眩暈を起こしてしまいそうな人類史の一端であろう。

 パピルス荘から出土した大理石像「アマゾンの頭部」「ヘラ像」をはじめ、彫像類は保存状態は思いのほか良好だった。首筋や額に刻まれた皺が、かなりリアルなのに驚かされる。
 壁画は、もちろん壁体から剥がされ修復が施されているが、いくつか欠損部分の多いものもある。本展の目玉のひとつ、図録の表紙に採用されているモレージネ地区のトリクリニウム(食堂)の壁画は、一九五九年の発掘調査で発見されたものだ。「赤地の洗練された建築的構成」の壁面に、竪琴を弾くアポロとムーサが表現されていて印象深い。
 
 海岸から避難しようとした人々の多くが、船倉庫で息絶えた事実も発掘調査で明らかになっている。その亡骸の中には医師と思われる人もいて、近くからはメスやピンセットなどの医療用具も見つかった。みずから退避しながらも、怪我人や病人を治療しようとして携えていたものであろうか。解説によれば、これらの医療用具は、現在使われているものと非常によく似ており、ローマ時代の外科医療の水準の高さを示す興味深い物証なのだという。

 ちなみに、ヴェスヴィオ山北側のソンマ・ヴェスヴィアーナ市の遺跡発掘は、二〇〇二年、東京大学を中心に結成された日本の調査団が行なった。八メートルにわたって堆積していた火山放出物を取り除いた中から、荘重な建造物、大理石の女性像(ペプロフォロス)、ディオニソスを表わした青年像が出土している。(本展には出品されていない)

 この展覧会に「美術鑑賞」という目的で訪れたのなら、あるいは物足りなさを覚えるかもしれない。ここに展覧されているモノ、事象へのコメンタリーは、何よりもまず考古学・人類学的な発掘調査の成果であり、その成果にいかなる発見の感銘を得るのか得ないのか、それは私たち観る者の知的好奇心や想像力によって左右されるだろう。

 ポンペイ考古学監督局長のピエトロ・ジョヴァンニ・グッツォは記している。

 考古学の実践は、科学的な方法に則って行われるのであれば、物質的な成果は生み出さないし、また財政上の効果はさらに生み出さない。だが、思想、有名な事実、年代との戦いの作り出す歴史だけでなく、人間の物語に、人間が成し遂げたことにじかに触れさせるという意味で、一人一人の批判意識を涵養する。(p23)
[PR]
# by syunpo | 2006-11-30 18:48 | 展覧会図録 | Trackback(1) | Comments(0)

公共の論理を説く〜『人間の安全保障』

●アマルティア・セン著『人間の安全保障』(東郷えりか訳)/集英社/2006年1月発行

b0072887_16592065.jpg 著者は、アジアで初めてノーベル経済学賞を受賞したインドの経済学者。標題の「人間の安全保障」という観点から、人権や教育の重要性、グローバリゼーションの問題点、インドの核武装や環境問題について述べた講演・小論集である。

 「人間の安全保障と基礎教育」と題された小論では、サミュエル・ハンチントンの『文明の衝突』にみられるような雑駁な文明の図式化を批判しているのだが、そこに多宗教国家インドの学者らしい一面を見出すことができるかもしれない。

 文明にもとづく分類は希望のない歴史であるばかりでなく、人びとを狭義のカテゴリーに押し込め、「文明ごとに」はっきりと引かれた境界線をはさんで対峙させ、それによって世界の政情不安をあおり、一触即発状態に近づけるでしょう。(p33)

 そのうえで、たとえば英国におけるイスラム教、シク教、ヒンドゥー教学校の創設運動に疑問を投げかける。「何を信じどう生きるかについて、充分に学んだうえで選択させる教育の機会は激減している」と憂慮するのだ。

 「民主化が西洋化と同じではない理由」も興味深い。
 米国の倫理学者、ジョン・ロールズの「公共の理性の実践」の考えをもとに、よりよい民主主義のあり方を追究している。民主主義の定型的な手続きである選挙よりもさらに重要なのは「公共の論理」に基づく議論なのだ、という。

 また、民主主義が西洋の歴史に特徴的なものでないことを繰り返し強調している点も見逃せない。アレクサンドロスの時代から数世紀後に、イランのスーサ、インド、バクトリア(北アフガニスタン)などでも、地方レベルで民主政治が行なわれていた事実、ヨーロッパで「異端審問」が続いていた頃、ムガール帝国(インド)のアクバル帝は、多元主義と公共の場での討論を奨励していた事実などを挙げて、民主化=西洋化という一般的な見取り図を斥ける。

 環境問題にふれた「持続可能な発展ーー未来世代のために」では、人間を「受益者」という側面だけでなく「行為者」としても振る舞う必要性を静かに訴える。

 大江健三郎や聖徳太子の「十七条の憲法」など、日本人の言説もいくつか引用されていることを含めて、親しみやすく平易な語り口で読みやすい。率直にいえば、やや退屈さを覚えないでもなかったが、アマルティア・センの入門書としては恰好の本といえるだろう。
[PR]
# by syunpo | 2006-11-28 18:45 | 政治 | Trackback | Comments(0)

交響するコミューンへ〜『社会学入門』

●見田宗介著『社会学入門』/岩波書店/2006年4月発行

b0072887_2234589.jpg 宮台真司や大澤真幸、吉見俊哉らの精鋭がゼミから巣立っていったことで知られる社会学者の大御所、見田宗介による文字どおりの入門書。著者が大学で行なった講義のなかから、社会学の「序論」「総論」「結論」にあたる部分を抜粋し、手を加えたものである。

 社会学とは「関係としての人間の学」と定義づけ、あらゆる個別の学問の領域を仕切る国境を越えつづけることにその存在意義を見出す序章「越境する知」、旅の面白さを比較社会学へと連関させていく一章「鏡の中の現代社会」は、まさに社会学への扉を開く魅力に満ちた文章だ。

 二章「〈魔のない世界〉」における色彩の受容史から現代を読み解く視点は興味が尽きないし、さらに紫貝をめぐるメキシコ人とユーラシア大陸人の歴史的挿話は、大いなる余韻を残して私たちを深い洞察へと誘う。

 三章「夢の時代と虚構の時代」では、著者の戦後史分析が概論的に述べられている。一九四五年から六〇年頃までの「理想」の時代、六〇年から七〇年代前半までの「夢」の時代、七〇年代後半からの「虚構」の時代……と区切る戦後史観は、別著『現代社会の理論』で体系的に展開されているものだ。
 続く四章「愛の変容/自我の変容」は、七〇年代初頭から九〇年代初頭までの朝日新聞「朝日歌壇」に寄せられた短歌から時代相を読み取るものだが、社会学的考察というよりも学者による随想といった方がよいかもしれない。

 五章「二千年の黙示録」は、D・H・ロレンスの『アポカリプス』、吉本隆明の「マチウ書試論」をもとに「関係の絶対性」について考察したもの。
 六章「人間と社会の未来」では、人類史を数次の産業革命とみなす壮大な見取り図を描きつつ、未来へつなぐ「革命」を呼びかける。「道具・言語の発明=第〇次産業革命」「農耕と牧畜の発明=第一次産業革命」「工業を基礎とする第二次産業革命」「情報化を中心とする第三次産業革命」を経た現代は、まさに大きな歴史的転換点にある、という認識である。

 補章「交響圏とルール圏」は「未来の社会構想の骨格を記したもの」として、本書の結論部に相当するものだが、著者自身の言葉を借りれば「難解」なため、補章として括られた。
 「交響するコミューン」として提示されるその構想は、従来の「コミューン」像とは異なったコンセプトが打ち出される。

 社会のこれまでの通念史の内の「コミューン」という名称のほとんどが強調してきた、「連帯」や「結合」や「友愛」ということよりも以前に、個々人の「自由」を優先する第一義として前提し、この上に立つ交歓だけを望ましいものとして追求するということである。(p181)

 そこでは、個人たちの同質性でなく、反対に個人たちの異質性をこそ、積極的に享受する。すなわち「異質な諸個人が自由に交響するその限りにおいて、事実的に存立する関係の呼応空間である」。

 見田宗介の提唱する「交響するコミューン」は、特に目新しいビジョンというわけではなく、他に類似の理論モデルを指摘することは可能かもしれない。たとえば、別の社会学者なら「コモンズ」と呼んでいるもの、あるいは、岩井克人の「市民社会」、柄谷行人の「アソシエーション」などとも通底するものだろう。

 本書全体を総括すれば、多彩な素材を駆使しながら、社会学の果てしない魅力と可能性を感じさせてはくれるものの、ややまとまりを欠いているような印象も否定できない。
[PR]
# by syunpo | 2006-11-23 22:07 | 思想・哲学 | Trackback(1) | Comments(4)

芸としての憲法解釈〜『これが憲法だ!』

●長谷部恭男、杉田敦著『これが憲法だ!』/朝日新聞社/2006年11月発行

b0072887_16214074.jpg 前回エントリーした『憲法とは何か』は、巷では好評ながら私には今一つ納得がいかなかったところへ、朝日新書から同じ著者と政治学者の杉田敦による対談集が刊行された。書店でパラパラめくってみると、長谷部の憲法観を杉田が問い尋ねるという形で対話は進められていて、私の合点がいかなかった論点に関しても随所でツッコミが入っている。……
 大いに期待して読んだのだが、結局、『憲法とは何か』で感じた疑問点はほとんど解消されることなく、むしろこの憲法学者への不信感が決定的になった。
 長谷部の憲法学者としてのスタンスは、次の発言に要約されよう。

 法律の条文をただただ日本語として素直に読んで、そのとおりに理解して話が済むのであれば、法律の専門家はいりません。条文通りに理解すると困った問題が起きそうだとか、直面する問題に適切な答えを得られないといったときに、はじめて必要になるのが解釈であって、解釈というのは「芸」ですから、これはうまいとか下手とかはあると思いますが、「普通の日本語として理解したらこうだ」では、芸も何もない。(p73〜74)

 たしかに、裁判官や弁護士など法の実務家であれば、そのような「芸」が求められるであろう。しかし、学者までがそのような「芸」を求められているかどうかは検討の余地がある。
 彼の議論を裏返せば、「条文通りに理解すると困った問題が起きそうだとか、直面する問題に適切な答えを得られないといった」事態を解消すれば、少なくとも法律学者は必要でなくなるわけだ。学者に象牙の塔の中で「解釈の芸」を競われるよりは、素人にもわかりやすい法体系を整備してもらった方が、国民にとっては健全なはずである。法律とは、専門家を養うために存在するのではなく、国民が暮らしやすい社会をつくるための「調整文書」にすぎないのだから。

 彼の憲法理論は、すべて「解釈」の技術であるから、当然、憲法改正というオプションは出てこない。統治機構についても実定制度が前提されているので、ダイナミックな変革のための議論も乏しい。

 肝心の「九条解釈」についても、とてもじゃないが「名人芸」とは言いかねる。

 私の理解では、異なる考え方の人びとがいかに公平に共存できるか、それが立憲主義だという考え方です。自衛のための実力保持を認めないのは、「非武装絶対平和主義」という、ある特定の考え方を他の人に押しつけることになり、立憲主義に反します。(p211)

 立憲主義に反する文言ならば、九条は、日本国憲法にはふさわしくない、という結論になるはずである。ところが、長谷部の主張は、立憲主義に反する文章であるから、これは文言通りに守るべき「準則」ではなく「原理」として解釈すべきだ、という結論になってしまうのだ。支離滅裂とは、このことだろう。

 国家論もしかり、である。国家は地球上のあらゆる国民の権利を保障していくための最も都合のよい枠組みとして、事後的に功利主義的に説明される。そこでは、マックス・ウェーバーや萱野稔人らの暴力装置としての厳しい国家観は斥けられて、人々が共存していくための現実的なツールとして描かれる。
 逆にいえば、今日、個々の国家がカバーできない切実な政治課題、在留外国人の権利保障や難民のケアなどのアクチュアルな問題に関しては、長谷部の国家論ではまったく展望が開けないことになる。

 杉田は、完全に質問役に徹していて、長谷部の学者像を浮かび上がらせることに功はあったと思うものの、彼自身の具体的な政治学的ビジョンは、今一つ明確に伝わってこなかった。
 こういう一方的な対話は、受けて立つ側がよほどのタマでないと面白くならない。結論として、本書はあまり人に薦めたくなる本ではない。
[PR]
# by syunpo | 2006-11-20 12:48 | 憲法・司法 | Trackback(2) | Comments(0)

新たなる立憲主義へ〜『憲法とは何か』

●長谷部恭男著『憲法とは何か』/岩波書店/2006年4月発行

b0072887_16154437.jpg 本書は、昨今熱い注目を集めている憲法学者による憲法の入門書である。ちくま新書から刊行されている『憲法と平和を問いなおす』の続編・応用編として読むことができよう。専門家による憲法論として、意表をついた論考が繰り広げられ、そのうえで現実的な問題提起もなされている。最近刊行された憲法論のなかでは面白い部類に入る本だろう。

 本書の特色の一つは「立憲主義」という概念に新たな視座が与えられている点である。本書にいう「立憲主義」の要は、「多様な考え方を抱く人々の公平な共存をはかるために、生活領域を公と私の二つに区分しようとする」ものである。したがって、「それは人々に無理を強いる枠組みである」。
 そうした立場から、今日、議論されることの多くなった改憲問題や、議院内閣制の特色が論及される。また、これからの権力分立はいかにあるべきか、憲法改正の手続きは何故に多数決の要件を厳しく定めているのか、といった基本的な問題についても手際よく論述されている。

 ただし、面白い分、議論の厳密さには若干の疑問符が付く。ここで展開されている理屈は、少なくとも素人には理解しがたい点が少なくない。たとえば、九条をめぐって展開されている「準則」と「原理」に関する記述もその一つだ。

 自衛のための実力の保持を全面的に禁止する主張は、特定の価値観・世界観で公共空間を占拠しようとするものであり、日本国憲法を支えているはずの立憲主義と両立しない。したがって、立憲主義と両立するように日本国憲法を理解しようとすれば、九条は、この問題について、特定の答えを一義的に与えようとする「準則(rule)」としてではなく、特定の方向に答えを方向づけようとする「原理(principle)」にとどまるものとして受け取る必要がある。(p142)

 これは、いかにもわかりにくい理屈である。九条の文言(絶対平和主義)が「特定の価値観・世界観」だというなら、基本的人権や学問の自由なども「特定の価値観・世界観」に支えられている。ただ後者の場合には九条の文言よりも信奉者が圧倒的に多い、というだけの話である。この世のあらゆる権利や自由の主張もまた「特定の価値観」に基づくものであり、それを信奉する者の多寡によって、普遍性を帯びたり特殊な色合いを帯びるにすぎない。

 長谷部の「第九条原理論」は、最終的には九条を改正することに意味はない、という結論に導かれる。私自身も、九条を保持すべきという立場だが、長谷部のいうような理屈をシャバに持ち出しても、所詮は専門家の詭弁と見なされて、改憲論者に対抗するのは難しいのではないかと思う。
「法律なんて建前なんだから現実とずれているのは当たり前です。しかし、憲法九条という建前があるおかげで、とりあえず戦後60年間、日本が戦争に深く加担せずにこられたことは事実でしょう。だから、二重基準と言われたって平然とやり過ごしていけばいいじゃないか」という浅田彰のぶっちゃけた言い分の方がはるかに使えそうだなぁ。
[PR]
# by syunpo | 2006-11-16 18:49 | 憲法・司法 | Trackback | Comments(0)