タグ:イソノミア ( 4 ) タグの人気記事

擁護でも否定でもなく〜『保守主義とは何か』

●宇野重規著『保守主義とは何か 反フランス革命から現代日本まで』/中央公論新社/2016年6月発行

b0072887_2010448.jpg 保守主義者を自称する人は増えているらしい。もっともその意味するところは人によって異なる。本書は保守主義を思想史的・歴史的に検証し、その再定義を試みようとするものである。

 フランス革命に対抗して論陣を張ったエドマンド・バークを保守主義の原点とするのは教科書どおりだろう。ただここで注意すべきなのは、バークは革命一般に反発したわけではなく、フランス革命のように歴史と断絶した急進的な変革に疑問を呈したという事実である。名誉革命で打ち立てられた英国国制(British Constitution)のような政治体制を重んじ、これを守り発展させていく漸進的変革こそ人間社会に適ったやり方だとバークは考えた。

 バークによって基礎が確立された保守主義の新たな展開として社会主義に対抗するために主張されたものが次につづく。T・S・エリオットやフリードリヒ・ハイエク、マイケル・オークショットたちの保守主義である。なかでも興味深く読んだのは、ハイエクに関するくだりだ。彼は集産主義を批判し「法の支配」を強調した。法の支配が発展したのは一七世紀イングランドであるが、ハイエクはその起源を中世ヨーロッパではなく、古代ギリシアにおける「イソノミア」に見出す。デモクラシーが民衆による支配を意味するとすれば、イソノミアは「市民の間の政治的平等」を指すものであった。本書では触れられていないが、イソノミアは柄谷行人が『哲学の起源』で言及して以降、あらためて注目されている概念である。

 アメリカの保守主義としては、伝統主義とリバタニアリズムの系譜が考えられる。とりわけ後者は政府の権力の縮小化を主張する点で、個人の精神的態度をこえて政治レベルでの保守主義的政策を実現していく理論的支柱となった。ミルトン・フリードマンとロバート・ノージックがその代表である。
 フリードマンは何よりも政府の役割が拡大することで特殊利益が跋扈して、一般利益が損なわれることを問題視した。「今日の新しい支配階級は、大学におさまっている連中であり、報道機関であり、とりわけ連邦政府の官僚機構である」。同じような主張を個人の人権や自然権を重視する立場から展開したのがロバート・ノージックである。

「日本の保守主義」を論じた一章では「明治憲法体制を前提に、その漸進的な発展を目指した」点に着目して伊藤博文や陸奥宗光を保守主義の文脈で論じているのが興味深い。その論法を現代日本にあてはめると、現行憲法体制を前提に強引な政権運営を抑えようとしている共産党やSEALDsの学生たちが保守主義者ということになるのだろうか。(実際にそのように論じる文章もみかけるが……。)

 著者の宇野重規は自らを保守主義者であるとは考えていない旨、あとがきに明記している。ゆえに保守主義の正当化をはかることも過大な宣伝を行なう必要もない。俯瞰的な地点から保守主義を歴史的に概括したところに本書の特徴があるといえる。その意味では、よくいえばバランスのとれた記述になっていると思われるが、ここに挙げられた論客たちに関して、あらためて読んでみようという意欲が喚起されるほどの魅力を感じることもなかった。私にとっては保守主義のよく出来た概説書というレベルを超えるものではない。
[PR]
by syunpo | 2016-07-20 20:15 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)

民主主義を超えて〜『柄谷行人インタヴューズ2002-2013』

●柄谷行人著『柄谷行人インタヴューズ2002-2013』/講談社/2014年3月発行

b0072887_19135779.jpg 柄谷行人の単行本未収録インタヴュー集の第二弾。二〇〇二年から二〇一三年にかけて行なわれたもので〈資本制=ネーション=ステート〉の三位一体構造を揚棄するための考察を本格化させた時期に相当する。自著『トランクリティーク』から『世界史の構造』『哲学の起源』までの内容に沿った話が中心。また東日本大震災に伴う原発事故のあと日本でも活発化したデモに関する発言も多くなっている。これまでの著作をすでに読んだ者にとってはさほど新味はないが、最近の柄谷の問題意識を手っ取り早く知るには好適な本といえよう。

 そのなかで、既刊書ではあまり触れられていないバウハウスに言及する「X-Knowledge HOME」特別編集三号(二〇〇四年十月)初出の〈アソシエーションとしてのバウハウス〉は特筆すべきかもしれない。柄谷哲学のキーワードの一つともなっている「アソシエーション」をバウハウスに見出そうとするもので、『隠喩としての建築』の著者らしい発言が随所にみられる。柄谷によれば、バウハウスは先生と学生が対等な関係にあるような学校であり、職人と芸術家が対等な関係にあるようなアソシエーションの運動であった。またこのような「集団的な創造」=「アソシエーション」という視点から、室町後期以降の俳諧連歌や芭蕉の連句にも注目する柔軟さ奔放さもまた柄谷の思索の特長といえるだろう。

 人文書の危機から説き起こす〈可能なる人文学〉(「論座」二〇〇七年三月)では、人文学全般についての柄谷の所感が存分に披瀝されている。いくつかのテクニカルな問題に触れつつ、人文学を「この世界を変えようとする志向」として捉えている点は実に明快。
 移動を伴う批評性への論及した〈「トランスクリティーク」としての反原発〉(「小説トリッパー」二〇一二年三月)、古代ギリシアのデモクラシーとイソノミアを対比させる「哲学の起源」について語った〈民主主義を超えて、イソノミアの回帰を〉(「週刊読書人」二〇一三年一月四日)なども含蓄豊かな内容である。
[PR]
by syunpo | 2014-08-21 19:21 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)

イソノミア(無支配)という思想〜『哲学の起源』

●柄谷行人著『哲学の起源』/岩波書店/2012年11月発行

b0072887_10285423.jpg 柄谷行人は二〇一〇年刊行の『世界史の構造』で社会構成体の歴史を交換様式から描きだした。交換様式は四つに分類される。A=贈与の互酬、B=支配と保護、C=商品交換、Aを高次元で回復する理念モデルとしてのD。Dを実現するものには普遍宗教が考えられるが、それは結局のところ新たな祭司・神官の支配に帰着せざるをえない。
 宗教という形をとることなしに交換様式Dを実現する社会をどのように構想すればよいのか。人類史におけるその最初の事例をイソノミア=イオニアの政治と思想に見出して詳しく展開したのが本書である。

 イソノミアとは古代イオニアにおける政治形態で「無支配」を特長とするもの。そこでは自由であるがゆえに平等が実現されていた。アテネのデモクラシーはイソノミアの成功しなかった再建の企てとしてみることができる。

 イオニアでは人々は伝統的な支配関係から自由であり、経済的にも平等であった。貨幣経済が発達したが、それが貧富の差をもたらすこともなかった。土地をもたない者は他人の土地で働くかわりに別の土地に移住することができたから。そのためイオニアでは大土地所有が成立しなかった。イソノミアはたんなる理念ではなく、イオニア諸都市において現実に存在したもので、イオニアが没落したのちに他のポリスに理念として広がったのである。

 交換様式という観点からみると、イオニアでは交換様式AおよびBが交換様式Cによって越えられ、そのうえで交換様式Aの根元にある遊動性が高次元で回復されたのである。アテネのデモクラシーが現代の自由民主主義につながっているとすれば、イソノミアはそれを越えるようなシステムへの鍵となるはずだと柄谷はいう。

 そのような文脈において柄谷はイソノミアを記憶し保持するものとしてイオニアの自然哲学を読み直す。一般にタレスやアナクシマンドロスなどイオニアの思想家には倫理学が欠けているとみなされている。哲学以前の自然学にすぎない、と。だが柄谷はそのような見方を覆す。

 イオニアの思想家は、倫理あるいは人間についての認識を「自然学」の観点から語ったのである。それは、人間と世界を一貫して自然(フィシス)として見ることである。彼らはそのような普遍的視点を初めて提起したのだ。かかる態度こそを、私は「自然哲学」と呼びたい。私の考えでは、それはイオニアの政治(イソノミア)と切り離すことができないものである。(p62)

 人間の探究、倫理的な問いが開始されたのはむしろイオニアにおいてなのだ。
 ヒポクラテスは神や悪霊のせいにされていた癇癪を自然的原因(脳の疾患)によるものだと考えた。世界の生成を神抜きに自然によって説明しようとしたのである。彼はまた貧しい者を無料で治療したが、そのような態度は奴隷制や外国人蔑視に基づくアテネのデモクラシーから出てくることはありえない。
 ヘロドトスが著わした『歴史』はギリシア中心主義から免れている。小アジアでもありギリシアでもあるイオニアの環境下では、哲学者たちはたとえポリスに属していたとしても本質的にコスモポリスに生きていたといえる。

 以上のような特質はイオニアの自然哲学者たちにも共通するものである。タレスしかり、アナクシマンドロスしかり。イオニア没落後にでてきた思想家についても同じようなコンテクストで理解することができる。ピタゴラスやパルメニデスたちである。ちなみに理性によって生み出された仮象を斥けようとしたパルメニデスの思想はカントの批判哲学の先駆けともいえるものだった。
 さらにソクラテスがイオニアの思想と政治を回復しようとした最後の人だと結論づける柄谷のソクラテス論もいささか錯綜した理路をたどるものの、いやそれゆえにスリリングだ。

 柄谷によれば、さまざまな点でイオニア派の思想はその後も継承され回復された。偶然性を根底におき一切の目的性を斥けて考えたダーウィンの進化論、デモクリトスとエピクロスの差異を論じたマルクスの唯物論などだ。そして量子力学もまた質料と運動は不可分離だというイオニア派の考えを回復するものである。

 ただしイソノミアに関する資料は極めて乏しいらしい。もっぱらアテネの思想家たちが残した文献をとおして間接的に知ることができるのみだという。そのため、実際にイオニアで実現されていたというイソノミアの具体的なすがたかたちが必ずしも明瞭に立ち上がってくるわけではないところに隔靴掻痒の感は拭えない。
 だがそれにしても、本書によるイオニアの自然哲学の再評価(=アテネのデモクラシー神話の解体)はギリシア哲学の研究者や政治学者には及びもつかない綜合性とスケール感をそなえたものである。縄張り意識だけは過敏な専門家が今なお跋扈するこの社会にあって、柄谷の壮大な試みは多くの読者を新たな思考の地平へと導いてくれるものだろう。
[PR]
by syunpo | 2012-12-29 10:34 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)

新帝国主義に抗うために〜『「世界史の構造」を読む』

●柄谷行人著『「世界史の構造」を読む』/インスクリプト/2011年10月発行

b0072887_972549.jpg 本書は二〇一〇年に刊行された『世界史の構造』の注釈であり補足である。東日本大震災後に著者自身によって新たに執筆された論考とそれ以前に行なわれた対談・座談から成る。

 柄谷行人が複数の交換様式から世界史をみるという視点を打ち出したのは一九九〇年代に着手し二〇〇一年に出版した『トランスクリティーク』においてである。ただそこでは社会構成体を一国モデルで考えるにとどまっていた。9・11以降の世界情勢を見て一国モデルによる思考の限界を感じ、『世界史の構造』では「世界システム」をめぐって考察が加えられることとなった。

 「互酬性」「略取と再分配」「商品交換」という三つの交換様式がからみあいながら世界史の変遷がなされたすえに、交換様式A(互酬性)の高次元での回復として交換様式Dがでてくる。これが『世界史の構造』の要点であるが、そこでキーワードとなっている「抑圧されたものの回帰」という概念はフロイトからの引用である。その場合に一国ではなく諸国家をふくむ世界システムのレベルにおいて交換様式Dの実現を目指す。世界同時革命といういささか古典的な語句はその文脈において意味をもつことになる。そこで参照されているのがカントであることはいうまでもない。

 本書での柄谷の発言で注目すべきは、戦争放棄をも一種の贈与とみなしている点だろう。武力を国際社会に贈与する。贈与された側は困惑し考えざるをえないだろうと柄谷はいう。

 「贈与の力」は非常に強いのです。武力より強い。(p255)

 世界は再び戦争の危機に直面するだろうが、戦争が終わった後に革命を企てるよりも戦争を防止することじたいが革命となる。

 また近代民主制では対立するものと考えられがちな自由と平等を切り離せないものとして捉えているのも注目に値する。通常の民主主義理論では、自由を重視すれば平等が実現されず、平等を重んじれば自由が阻害されると考える。しかしたとえば狩猟採集遊動民の場合、両者は対立しない。富の蓄積がないために格差が生まれず、流動性が高くいつでも離脱が可能であったがゆえに「自由が平等をもたらす」ことになるのだ。これは交換様式Dが中心となる社会を実現していくうえで参照しうる事例である。

 その意味では、アテネのデモクラシーよりもイオニアの都市国家でみられたイソノミアの原理を重視している点もおもしろい。ここでいうイソノミアは「同等者支配」というよりも「無支配」というべきものである。柄谷によればそこでも自由であることが平等になるという原理を見出すことができる。
 普遍宗教という形を伴わない交換様式Dの可能性としてイソノミアは一つの理念モデルとなりうる。『世界史の構造』から『哲学の起源』へ。柄谷の思索ははてしなくつづく。
[PR]
by syunpo | 2011-11-19 09:17 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)