ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

タグ:ブリコラージュ ( 2 ) タグの人気記事


日常生活の実践として〜『デザインの教科書』

●柏木博著『デザインの教科書』/講談社/2011年9月発行

b0072887_20112238.jpg 本書が論じている「デザイン」はかなり幅広い射程を有している。辞書には「作ろうとするものの形態について、機能や生産工程などを考えて構想すること」(スーパー大辞林)などの語釈が記されているが、ここでの対象は「ものの形態」にとどまらならい。そこから展開を広げて生活様式や思考方法なども含み込もうとする。もちろんそのような捉え方は柏木博の独創ではなく、今では多くの人が共有している認識ではあるだろう。

 二〇世紀のデザインは近代社会の出現によって提案されたものである。モダンデザインの特徴として柏木は四つの点を挙げている。「経済的計画」「人々の生活様式を新たなものにする提案」「普遍的=ユニヴァーサル」「消費への欲望を喚起する」である。

「経済的計画」の代表的な例として、フォードが始めたベルト・コンベア方式の生産がある。これはその後、住宅をはじめ様々な分野に適用されることとなった。デザインによる生活様式の提案は、ウィリアム・モリスやバウハウスなどがその先鞭をつけたものだが、バックミンスター・フラーによる「ダイマクション・ハウス」などによって発展していった。

 デザインの普遍性という点では、建築家ミース・ファン・デル・ローエの「ユニヴァーサル・スペース」というコンセプトが有名。グラフィック・デザインでも、その名のとおり「ユニヴァーサル・タイプ」と命名された文字が一九二五年に登場した。二〇世紀後半にはマーケットの論理によって「消費への欲望を喚起するデザイン」が優先されるようになった。

 以上のような概説をおこなったうえで、柏木はクロード・レヴィ=ストロースを引いて、計画的なモダンデザインにはない「器用仕事(ブリコラージュ)」の可能性を語ることも忘れない。
 さらには、フェリックス・ガタリの『三つのエコロジー』を参照しつつ、環境的エコロジーのみならず社会的・精神的エコロジーに言及している点など、柏木の知見もまた領域横断的である。

 デザインを考えることは、ものと人間の関係をどう考えるのか、あるいはものともの、人間と人間の関係をどう扱っていくのかということを考えることだともいえるだろう。(p176)

 つまり本書にいうデザインとは人間生活全般に関わる営みということになる。その意味では、よくデザインするとはよく生活するということなのかもしれない。余談ながら本書は東日本大震災の直後に刊行された新書だが、それにことさら狼狽えることなく淡々とデザインについて考察している姿勢にも好感をいだいた。
[PR]

by syunpo | 2017-03-19 20:17 | デザイン全般 | Trackback | Comments(0)

存在とは歓びである〜『君自身の哲学へ』

●小林康夫著『君自身の哲学へ』/大和書房/2015年4月発行

b0072887_19253383.jpg 本書は哲学者による「存在の詩学」ともいうべき本である。厳密な理路をたどって何事かを言明するというよりも、たとえばある一つのテクストに導かれながら、思考のヒントを紡いでいくような言葉とでも言えばよいか。

 引きこもるという観点から語り始めているのは、とりもなおさず「いま、この時代に、少し現実から引きこもり気味に存在している若い実存」へ向けて語りおろす、という本書の狙いによる。

 カフカの《法の前》、村上春樹の《ねじまき鳥クロニクル》、安部公房の《砂の女》などの文芸作品からインスパイアされながらなされる小林の語りは、その平易な口調にも関わらず、必ずしも軽快な道行きを約束してくれるわけではない。だがそれも本書の設定を考慮するならば必ずしも欠点とはいえないだろう。行きつ戻りつしながら、ブリコラージュの可能性に言及し、存在のエコロジーを説く本書の語りは、何度も反芻しながら一人静かに味わうべき言葉といえるかもしれない。
[PR]

by syunpo | 2015-04-28 19:32 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)