ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

タグ:宗教改革 ( 3 ) タグの人気記事


他者との共存の作法を探る原理〜『プロテスタンティズム』

●深井智朗著『プロテスタンティズム 宗教改革から現代政治まで』/中央公論新社/2017年3月発行

b0072887_18213173.jpg 禁欲を旨とするプロテスタンティズムの倫理が資本主義の精神に適合していたという逆説はマックス・ウェーバーの有名なテーゼである。では資本主義の駆動を支えたとされるプロテスタンティズムの倫理とは具体的にどういうものかとあらためて問われて、きちんと答えられる日本人はそれほどいないのではないだろうか。そもそもプロテスタンティズムについて私たちはどれほどのことを知っているのだろうか。

 プロテスタンティズムと一口にいってもその言葉が包含する内容は今では広範で多岐にわたる。元来は「プロテスタント」とは「一五二一年から二九年までに開催された帝国議会で、神聖ローマ帝国の宗教問題の決定に『抗議』した帝国等族(帝国議会で投票権を持つ諸侯、帝国都市、高位聖職者)を指す議事録の言葉、あるいはそこから生まれた侮蔑的なあだ名」であった。それが一般にも普及していったのだが、ここでは「いわゆる宗教改革と呼ばれた一連の出来事、あるいは一五一七年のルターの行動によってはじまったとされる潮流が生み出した、その後のあらゆる歴史的影響力の総称」を指す。結果としてそれはナショナリズム、保守主義、ルベラリズム……などなど実に多様な相貌をもつことになった。本書はそのようなプロテスタンティズムについて初学者向けにわかりやすく概説したものである。

 宗教改革の前史から始まって、ルターがやろうとしたことを跡づけ、ルター以後に出てきたカルヴィニズムや洗礼主義を解説する。さらにドイツの歴史をサンプルに保守主義としてのプロテスタンティズムを論じ、リベラリズムを軸とするプロテスタンティズムの流れをたどる。……というのが本書のあらましである。

 いうまでもないことだが、プロテスタンティズムとは先に紹介したようにマルティン・ルターが創始した宗派というわけではない。ルターは一五一七年に「九五ヵ条の提題」を発表したが、それは議論のための一つの問題提起というほどのものだった。とくに彼が問題視したのは贖宥状の販売だった。贖宥状とは罪の償いが免除されるとして教会が発行した証書で、それが売り買いの対象になっていたのである。

 ルターが考えていたのは教会のリフォームであり、そのための討論を呼びかけた。その提題をただちに大衆が正確に理解し、社会に衝撃を与えたわけではないし、通常ある特定の神学のテクストが突然社会を揺るがすようなことはあり得ない。もちろん知識人のネットワークなどは刺激を受け、動きはじめるかもしれないが、影響はあくまで限定的であろう。(p44)

 しかし時とともにルターの行動の影響は大きくなっていった。もともと当時のヨーロッパは宗教的のみならず政治的にも経済的にも制度疲労をおこしていた時期にあたる。キリスト教が堕落していると考える人はほかにもいた。ルターの行動は、そのような改革の機運が芽生えていたところに「時代の転換のスイッチを押す機会」をとらえたものといえようか。それが宗教改革と呼ばれる一連の潮流を生み出すきっかけとなったのである。

 プロテスタントは当初カトリックとの戦いであったが、改革勢力同士の戦いもやがて始まる。改革を主張していた人々が政治勢力と結びついて安定した地位を得ると、よりラディカルな改革を求める人々との間に対立を生み出したのである。「改革の改革」を主張したものとしては、洗礼主義の運動やスピリチュアリスムスなどがあげられる。

 こうした「二つの二つのプロテスタンティズム」という認識については、深井は神学者エルンスト・トレルチを参照して念入りに紹介している。すなわち、宗教改革の時代のプロテスタンティズムを古プロテスタンティズムとし、そのあとに出てきた「改革の改革」者たちの活動を新プロテスタンティズムと呼んだのである。
 古プロテスタンティズムは、国家や一つの政治的支配制度の権力者による宗教市場の独占状態を前提しているのに対して、新プロテスタンティズムは宗教の自由化を前提としているのが大きな違いだという。

 ……新プロテスタンティズムの教会は、社会システムの改革者であり、世界にこれまでとは違った教会の制度だけでなく、社会の仕組みも持ち込むことになった。それは市場における自由な競争というセンスである。その意味では新プロテスタンティズムの人々は、宗教の市場を民営化、自由化した人々であった。(p117)

 興味深いのは、古プロテスタンティズムはその後、ドイツにおけるナショナリズムや保守主義と結びついていき、新プロテスタンティズムの方はアメリカ大陸においてリベラリズムとの親和性を高めていくことである。

 一八七一年のプロイセン主導によるドイツ統一の時代に入ると、ルター研究の復興がわきおこる。これは「決して純粋に神学的な関心によるものではなく、むしろ国策とそれに呼応した世論の興隆によるものであった」という。

 ……そこで政治的に再発見されたルターの宗教改革は、近代的なヨーロッパの起源であり、近代的自由の思想の出発点であり、ドイツ精神の源流とされたのである。これを「政治的ルター・ルネッサンス」と呼ぶことができるであろう。(p132)

 ルターの思想はナチスにも利用された。ルター派の方も「不遇なヴァイマール期をナチスが終わらせてくれるのではないかという期待を持った可能性がある」と指摘している。

 一方、アメリカ大陸にわたったピューリタンたちのプロテスタンティズムは、彼の地でリベラリズムの担い手となった。新プロテスタンティズムは、国家による宗教の統制に対し、個人の自由な信仰や決定を重視した。そうした彼らの言動は結果としてアメリカのリベラリズムを支える一つの勢力となったのである。

 ちなみに日本に到来したプロテスタンティズムは基本的には新プロテスタンティズムといえるものである。戦後の日本社会にもその影響は少なからず影を落としている。

 ……戦後の日本社会は、本書で見たような新プロテスタンティズムの深層構造を持ったアメリカ社会の影響を排除して成立する社会ではない。経済、政治、文化、学問、どれをとってもそれがよいか悪いかは別としてアメリカの大きな影響のもとにある。そうであるなら、異質で、無関係とも思えるプロテスタンティズムの歴史とその精神を知っていることは、この影響をより正確に理解するのに有用かもしれない。(p199)

 ルターの出来事に始まった、異なる宗派の並存状態やそれゆえに起こる対立や紛争のなかで、プロテスタンティズムは次の問題を考えざるを得なくなった。すなわち「どのようにすれば、異なった宗派や分裂してしまった宗教が争うことなく共存できるのかという問題」である。その問題と取り組んできたこと、これこそがプロテスタンティズムの歴史であるという。
 そうして深井は結論的に述べる。「プロテスタンティズムが現代の社会に対して貢献できることの一つは共存の作法の提示であろう」と。

 プロテスタンティズムの多面的な相貌を簡潔にまとめた本書は、初学者が読んでもわかりやすい記述になっている。その明快さは、著者自身もあとがきに述べているように大胆な簡略化のなせるわざであろうが、入門書とは概してそういうものであるだろう。洗礼主義といった聞き慣れない用語が出てきたりして、一部専門家からは批判らしきものも提起されているようだが、プロテスタンティズムの入門書として読んで損はない一冊だろうと思う。
[PR]

by syunpo | 2017-05-02 18:27 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

聖書を読んで読み抜いた修道士〜『マルティン・ルター』

●徳善義和著『マルティン・ルター ──ことばに生きた改革者』/岩波書店/2012年6月発行

b0072887_9219.jpg ドイツの片田舎に生まれた若き修道士の探究心がヨーロッパのキリスト教史のみならず社会全体を大きく塗りかえた。ことばに生き、Reformationを牽引した改革者。本書はマルティン・ルターの生涯をあとづけた初学者向けの評伝である。

 ひたすら聖書を読み続けたルター。聖書をドイツ語に翻訳したルター。民衆に語りかけたルター。歌うルター。……ルターの様々な相貌を外連味なく素描する著者の筆致は、庶民にもわかることばでキリスト教のあるべきすがたを論じようと努めたルターにふさわしい。

 またドイツ農民戦争との関わりや、のちにヒトラーに悪用されるユダヤ人をめぐる発言など、ルターのネガティブな面にもきちんと言及している点で信頼のおける入門書だと思う。
 読み、書き、歌うこと。そこからしか革命は起きない。──佐々木中の熱いテーゼを裏付けるかのようなルターの劇的な人生の軌跡を手っ取り早く知るには最適の一冊といえるかもしれない。
[PR]

by syunpo | 2013-05-18 09:05 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

文学こそが革命の力〜『切りとれ、あの祈る手を』

●佐々木中著『切りとれ、あの祈る手を 〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』/河出書房新社/2010年10月発行

b0072887_18344819.jpg 本を読め。佐々木中はひたすらそう語り続ける。こんな陳腐なメッセージはまたとないが、侮ってはいけない。佐々木がそのように言う時、そこには毒も薬効もぎっしりと込められている。本書は私たちに読むことが必然的に招き寄せてしまう不可能性を指し示すと同時に可能性をも提示してくれるものだ。これほど冷徹で熱い言葉に触れたのはいつ以来のことだろうか。

 文学こそが革命の力であり、革命は文学からしか起こらないのです。読み、書き、歌うこと。そこからしか革命は起きない。(p106)

 ──おいおい、とたいていの人なら訝ることだろう。だが、本書を読めばこの言葉の意味するところは素直に納得される。少なくとも著者がそう言い切ろうとする論拠は理解しうる。
 本書にみえる言葉の鋭い切れ味には圧倒されるが、切れれば切れるほどに「ホンマかいな」とつい懐疑的になる箇所もないではない。それくらいに不要な石は削り取られ研ぎ澄まされた言葉の刃が向かってくるのだ。

 もっとも本書においては「文学」なる用語がかなり広範な範疇で捉えられていることはここで強調しておかなくてはならない。それは今日「小説」や「詩」「戯曲」と呼ばれる作品群のみならず、法や規範や制度にかかわるテクストをめぐる技藝をも含む広義の概念としてある。もちろん著者が勝手にそのように定義づけているわけではなく、ラテン語の“litera”から派生した「文学」というヨーロッパ語圏における語句の歴史上の用例を掬い上げたものだ。ムハンマドや聖アウグスティヌス、さらにはニーチェもウィトゲンシュタインもこの文脈において「文学者」の名のもとに称揚されることとなる。

 そしてそのような広義の文学が、文学こそが、社会を率先して変革してきたのだ、と佐々木は力説する。
 たとえば、マルティン・ルターが主導した大革命。一般に宗教改革と呼び慣わされているその革命は、ルターがひたすら聖書を読み、再読し、また読み返すことによってのみ始まった。当時キリスト教世界を覆っていた様々な悪しき制度や慣習は、いったい聖書のどこに書かれていることを根拠にしているのか。どこにも書かれていないではないか。私が狂っているのか、世界が狂っているのか。まさにルターの読みは命がけであった。読んでしまった以上、書かなくてはいけない。書き変えなくてはならない。ルターはラテン語で書かれていた聖書をドイツ語に翻訳した。活版印刷術が発明された時期に重なっていたことは幸運というほかなかった。聖書は人々に読まれ、知識人が朗読する言葉に庶民たちは耳を傾けた。革命の機運は熟していった。宗教改革は文学を読むことから始まったと佐々木が断言する根拠はかくして明らかにされる。

 そして一一世紀末から一二世紀にかけて地道に進められた中世解釈者革命。これこそは、近代国家や資本制の基盤を形作った歴史上画期的な革命であった。ルターの大革命をはじめ後続の革命はすべてこの革命の延長線上にあるのだという。そればかりか、われわれが通常「近代」と呼ぶ時代のあらゆるもの──近代法、近代国家、近代哲学、近代の大学制度、近代の科学──はなべてここに淵源を持つ。

 それはいかなる革命であったのか。
 一一世紀末、ピサの図書館で『ローマ法大全』全五〇巻が「発見」される。六世紀から一一世紀末まで六〇〇年近く完全に忘却されていた膨大な法体系。神学者や教会法学者は、これを読んだ。長い長い時間をかけて労力を惜しみなく注ぎ込んで読んだ。ここにおいてヨーロッパは、今までまったく知らなかった精緻な法概念と法律用語を大量に摂取する。読んだ以上は、書き変えなくてはならない。過去の偉大なる遺産であるローマ法を教会法に注入し、前代未聞の規模でその書き変えの作業が進むことになる。教会法のみならず、その管轄下にある世俗法──君主法、帝国法、封建法、荘園法、都市法、商法など──も次々と書き変えられた。教会とはキリスト教社会全体のことであり、教会は今でいう行政的な実務をも行なっていた。(日本の一時期の寺院にも規模こそ違え同様のことがいえただろう。)
 つまり教会法の書き変えは、社会全体の法規範や制度を変えることにほかならなかったのである。近代国家の要件とされる官僚制は教皇庁に、立法議会は公会議にそれぞれ起源をもつことも同時に指摘される。さらには「準拠を明示する」という実証主義の根本的な態度や資本制における契約制度や信用制度、信託制度もまた中世解釈者革命に由来するという。
 近代国家の祖型は中世解釈者革命におけるキリスト教共同体の成立にあるという、にわかには信じ難い佐々木の認識はこうして史実によって例証される。
 
 興味深いのは、この革命において当時の法学者たちが主権概念を精緻に磨きあげていったのは「国家」のためではなく、ヨーロッパ全体を統括する「教会」のためであった、という点だ。だが結果的には、長い年月をかけて彼らの為したことが近代国家の原型を提供することとなった。宗教の世俗化とは、同時に国家の宗教化でもあった。

 以上のような見立てはむろん佐々木の創意ではなく、ピエール・ルジャンドルに多くを負っている。日本の論壇では様々な外来思想が導入されてきたが、一般読者にとって本書の知見に新鮮味があるとすれば、これまでわが国で好意的に言及されることの少なかったルジャンドルをメインに持ってきたことに関わっているだろう。

 当然のことであるが、ルジャンドル=佐々木の歴史観からすれば、国家や法に先立って暴力が存在するというようなヴェーバー=萱野稔人的な思考は徹底的に否定されなければならない。とりわけムハンマドの事例を引いて文学の優位を主張した後に「国家や法の起源を暴力に見出すような思考はオリエンタリズム的な排除の思考によってはじめて成立する」と指摘する手際には鮮やかな説得力を感じた。

 もっとも佐々木の中世解釈者革命論は、光だけでなくその影の面を見ることも怠らない。彼は言う。法体系の徹底した索引化は、統治を情報化してしまった、と。その操作の異物として暴力が括り出される。「この時点から、法や規範や政治は、情報か暴力かという二者択一の袋小路に陥ることになった」。
 「すべてが情報である、だなんてもう八〇〇年も延々とやっているわけ」なのだから、今さらデジタル情報のデータベース化によって、新しがったり、逆に文学は死滅する、検索があるのみだ、などと騒ぎ立てたりするのは佐々木からすれば単なる戯れ言にすぎない。

 そもそも古代ギリシャの文献は、その九九%が散逸・消滅してしまっている。にも関わらず現代人はプラトンを読み、ソクラテスの言葉を読んで精神の糧としている。ニーチェの傑作『ツァラストラ』の最終部=第四部は出版社に見捨てられ、自費出版で四〇部刷って、知人に贈ったのは七部のみであった。にも関わらず現代人は『ツァラストラ』を読み、生涯をニーチェの研究に捧げることにした者は多数存在している。識字率が一〇%にも満たなかったロシアで、ドストエフスキーは次から次へと作品を書きまくった。一体何人の人間が自分の作品を読んでくれることになるのか。冷静に考えれば絶望的にならざるをえない状況で、それでもドストエフスキーは書いた。かくして現代人はドストエフスキーを読み、…………。

 どんなに不可能に見えても、どんなに極小のチャンスであろうとも……言葉はそれを抜けてくるのです。(p206)

 文学は終わった、藝術は終わった、歴史は終わった、あれも終わった、これも終わった……。さもしいことを言うな、と佐々木が叱咤するのも当然ではないか。
 本書は、佐々木が編集者を相手に語りおろして文字に起こし、おそらくは入念に推敲を重ねてテクスト化したものである。各章冒頭の時候に触れたフレーズにさりげなく洒落っ気をにじませるなど、そのスタイリッシュな語り口は、人によってはキザったらしく感じられるかもしれないけれど、なるほど文学を顕揚する者にふさわしい独特の味を醸し出しているようにも思えた。六〇〇ページ以上にも及ぶ衝撃のデビュー作『夜戦と永遠』も読まねばなるまい。
[PR]

by syunpo | 2011-01-09 18:46 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)