ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

タグ:指揮権発動 ( 3 ) タグの人気記事


裁判所パノプティコンに抗う〜『司法権力の内幕』

●森炎著『司法権力の内幕』/筑摩書房/2013年12月発行

b0072887_1845312.jpg 元裁判官で現在は東京弁護士会に所属する弁護士が「市民にとって意義のある司法権力批判」を目指して執筆した本。フランツ・カフカの『審判』をマクラに振っておもむろに本論に入っていく導入部の語り口など期待感を抱かせるに充分なのだが、結論からいえば、当初の目的が達成されているとはお世辞にも言いがたい内容である。

 森はミシェル・フーコーの「規律権力」「パノプティコン」なる概念を導入して、日本の司法権力のメカニズムを概説しようとする。批判の対象となっているのは主に裁判官であるが、この概念のもとでは特定のポストや部署に支配権力の中枢が実在するわけではなく、司法機構全体を覆う「規律権力」が作動して裁判官の行動を歪めているというのが本書の見立てである。
 そこで著者は裁判員制度に司法改革の期待を託して、裁判に参加する市民が「裁判所パノプティコン」に対抗することを呼びかける。いわく「司法ゲリラとなって、裁判員制度を逆手に取り、司法革命への道を突き進め──霞が関を占拠せよ!」。

 しかし、そもそもフーコーのいう「規律権力」とは、あらゆる市民を学校や工場、病院などの機関を通して規律訓練していくものとして遍く存在しているものなのである。したがってフーコーの考えに従うなら、すでに規律訓練をほどこされている市民たちが、戦って勝ち取ったわけでもない制度のもとに司法の場に参入したところで、抜本的な改革など生じるはずはないだろう。ついでにいえば、冤罪被害の発生には捜査当局や裁判所の所業のみならず世論や国民感情も少なからず加担してきたという事実を忘れてはいけない。

 フーコー以外にも随所に哲学・思想家からの引用がおこなわれているのだが、そうした大仰な言葉使いはもっぱら議論を抽象化するのに貢献するばかりで、「内幕」という書名から期待されるようなファクトの積み重ねによる具体的記述が意外と薄いのが何より残念。多く紙幅が費やされている過去の裁判の解説などは外部の研究者でも資料を読みさえすれば書けそうな内容である。その意味では、第一章のエッセイ風体験談が私には最もおもしろかった。

 また肝心の事実関係の認識においても首をひねりたくなるような箇所がみられる。造船疑獄事件をめぐる記述だ。法相の指揮権発動によって検察の捜査が妨害されたケースとして、かつてはよく引き合いに出された事件である。しかし最近の複数の調査報道によって、当時の検察官の証言をもとに捜査は最初から無理筋で指揮権発動は検察側の策動によるものであったことが明らかになっている。ところが、本書では従来の説を無批判に繰り返して「検察は、妥協を排して政治権力に向かっていく強い意志を天下に示した」と関係者が読めば失笑を買うようなまとめ方をしているのだ。あれこれと小難しい哲学書を参照するより先に、自身の専門分野における最新の文献くらいは目を通すべきではないか。
[PR]

by syunpo | 2014-11-14 18:47 | 憲法・司法 | Trackback | Comments(0)

社会の要請に応えるために〜『検察の正義』

●郷原信郎著『検察の正義』/筑摩書房/2009年9月発行

b0072887_19163859.jpg 西松建設事件では、大手マスコミの大半が検察の言い分を無批判に垂れ流し、未だに「検察の正義」とやらを信奉しているらしい立花隆ら検察御用達ライターがそれに程よく味付けをほどこすといった荒涼たる光景を呈していたなかで、郷原信郎は検察の言動を相対化する発言を繰り返して論客としての存在感を一躍高めた。
 本書は、最近の事件における検察の捜査を具体的に検証しながら、冒頭と後尾の章に著者個人の検察官時代の体験記を配して、これからの「検察の正義」のあり方を提起したものである。

 郷原の認識によれば、もともと刑事司法は社会の外縁部に発生する犯罪行為について社会からの逸脱者・異端者を排除する役割を果たしてきた。特捜検察は贈収賄や大型経済犯罪など社会の中心部に直接関わる事件の摘発を行なってきたという点で特殊な存在であったが、それでも民主政治や公正な経済活動を妨げる違法行為を処罰するという点で、検察の正義を自己完結的に判断していくことに大きな問題を生じることはなかった。

 しかし国会議員の活動の中心が「国会で質問したり、議決に加わったりするという本来の議員としての職務権限に基づくものから、関係省庁に働きかけたり口利きをしたりするという政治家としての活動、族議員としての活動中心に変わっていった。……そのため国会議員を贈収賄で立件することは容易ではなくなった。それに伴って、贈収賄を武器とする政界捜査という従来の特捜捜査は限界に近づいてきた」。
 それに加えて、社会が複雑化するに伴い、刑法犯などの伝統的犯罪だけでなく、独占禁止法や金融商品取引法などの経済活動に関するルール違反に関して制裁を科すことが必要になってきた。
 そうした環境の変化に対しては従来のような検察の組織内で完結した「検察の正義」中心の発想だけでは適切に対応できない、というのが郷原の認識である。

 そこで「検察の正義」が揺らいでいる昨今の具体的事例として、ライブドア事件、村上ファンド事件と西松建設事件が俎上にのせられる。
 さらに郷原は、特捜検察の「神話化」を強化した歴史的な事件として、造船疑獄事件とロッキード事件を取り上げている。前者は時の法務大臣による指揮権発動によって捜査が頓挫したと国民に受け取られ、以後、検察捜査は「絶対不可侵」なものと強く認識されるようになった。後者は「巨悪と対決する日本最強の捜査機関」というイメージを決定的なものにした。
 しかし、指揮権発動については、渡邊文幸や朝日新聞が当時の捜査関係者に対して行なった取材によって「検察が仕組んだ謀略」という説で決着をみているし、ロッキード事件での成功体験はその後長らく検察に「贈収賄の罪名」に固執させるという弊害を生んだ。いうまでもなく密室での犯罪である贈収賄による摘発のためには「自白」が不可欠になるのだが、それが昨今非難の的となっている「自白偏重主義」を蔓延させることにもつながった。

 検察の正義の再構築が求められているなかで、郷原は長崎地検時代にみずから手がけた自民党長崎県連事件の例を引いて一つの解答とする。その事案では捜査の対象者との間で対立軸を作らず、最終的には積極的に捜査協力してもらえる関係を築いたことなどが詳細に熱っぽく綴られている。

 このように内容を要約すると全体の構成としてはきれいにまとまっているようだが、どうもしっくりこない読後感が残るのはどうしてか。

 よくよく読めば、ライブドア事件はもともと軽微な違法行為を「劇場型捜査」のために市場を混乱に陥れたというものであり、また村上ファンド事件は証取法の第一五七条の包括条項を適用すべき事案だったのにインサイダー取引の禁止規定を適用したことの無理を述べたもので、ざっくりいえばいずれも捜査上の技術的な失敗を指摘したものである。西松事件の検証についても同様で、著者自身が「単純な特捜捜査の失敗事例」だと総括している。
 つまり、個々の事件の検証はそれぞれ説得力を感じさせるものだが、郷原が述べている歴史的な文脈にすんなり収まるような記述には必ずしもなっていない。
 また最終章における長崎地検の取り組みはそれなりに読ませるものの、いささか手前味噌的な内容で、本書の「まとめ」としてもやや筋違いという印象が否定できない。

 検察の権限行使を第三者がいかにチェックするか。その制度面での整備こそが多くの国民が関心を寄せている課題ではないか。その点では終章前で淡々と述べている見解の方こそ本書の総括にふさわしい内容だ。

 通常、不起訴処分という検察官の権限行使の消極面へのチェックは検察審査会が行なうことができる。二〇〇九年に施行された改正検察審査会法ではより監視機能が強化された。一方、不当な起訴という権限行使の積極面に対するチェックシステムはどうか。従来は裁判そのものがチェック機能を果たす、すなわち検察の起訴が不当なものであれば裁判所が無罪判決などを出して、そのなかで検察官の起訴の問題点を指摘すれば足りる、と考えられてきた。
 しかし現実には、強制捜査や起訴自体によって重大な社会的政治的影響を与える事例が多発している。そこで著者が持ち出すのは長らく封印されてきた法務大臣の指揮権発動である。もっとも政治家である法務大臣個人の判断に委ねることは独善に陥る危険があるということで、指揮権の行使について「何らかの民主的な意見の反映または専門的見地からの検証を行うシステムの構築」たとえば「高度の守秘義務を負う諮問機関」の設置を提案している。
 法相の指揮権発動については今なおアレルギー反応を示す者も少なくないので、当然こうした主張には異論も予想されるものの、検察OBによる一つの問題提起として興味深く読んだ。

 ただ、これからの「検察の正義」のあり方を占う上で極めて重要な「取調べの可視化」についてまったく言及していないのには少々ガッカリさせられた。また昨今の検察不信の大きな要因の一つにもなっている裏金問題についても完全スルー。やや皮肉っぽくいえば、検察の捜査や組織のあり方を根幹から見直すことになるような問題については周到に回避したように思われる。
[PR]

by syunpo | 2009-12-16 19:25 | 憲法・司法 | Trackback | Comments(0)

特捜検察の暗部を抉る〜『歪んだ正義』

●宮本雅史著『歪んだ正義 特捜検察の語られざる真相』/角川学芸出版/2007年5月発行(文庫版)

b0072887_11444439.jpg 検察が「重大悪質な事案」と言えば、その意向に沿ってニュース原稿が出来上がってしまうマスメディアの馬鹿正直ぶりは今も昔も変わりはないが、それでもごく少数の気鋭のジャーナリストたちは検察の行動を批判的に吟味するような仕事を行なっている。
 本書もその一つ。産経新聞で長らく検察を担当してきた記者の手になるレポートで、未だに検察=正義の味方と思っている人々には一読を薦めたい本である。

 宮本は、自白偏重による恣意的で強引な取り調べや修正の利かない捜査のあり方など、検察が今日抱える問題点の元凶を三つの事件に見出して検証する。三つの事件とは「東京佐川急便事件」「ロッキード事件」「造船疑獄事件」である。宮本は現代から時代を逆に遡っていくという叙述スタイルをとりながら、検察の「歪んだ正義」がいかに形成されてきたかをあぶり出していく。

 なかでも興味深いのは、法相の指揮権発動により捜査が頓挫したとされる造船疑獄事件をめぐる記述だろう。この事件は政財官を巻き込んだ大型の汚職事件として世間の耳目を集めた。東京地検特捜部は自由党幹事長だった佐藤栄作(後の首相)を収賄容疑で逮捕寸前まで迫ったものの、当時の犬養健法務大臣が指揮権を発動して逮捕を阻止した、という経緯は今でもよく言及される。
 法相は辞任、やがて吉田内閣も退陣に追い込まれる。すなわち一般的には時の政権が検察の捜査に不当介入して潰した事案として解釈され、これ以降「指揮権発動」は政治の世界にとってタブー視される直接の原因となった事件でもある。

 しかし宮本は残された政治家たちの日記や検察関係者らへの取材によって、指揮権発動が検察によって仕組まれたものではないか、という見立てを提示しているのだ。もともと事件そのものが無理筋で、捜査は暗礁に乗り上げ、当初の予定通り佐藤幹事長を逮捕・起訴しても公判維持すらおぼつかなかった、というのだ。検察みずから振り上げた拳を降ろすわけにもいかず、検察サイドが政府に働きかけて指揮権発動をしてもらった、という図式である。
 実際、この事件では主だった七人の被告人は無罪になっているし、他も有罪判決を受けたものの多くが執行猶予付きであった。

 宮本は自説を展開するにあたって確かな証言や物証を得たわけではなく、断定的な書き方を控えてはいる。またこれまでにかような見解を示したジャーナリストが一人もいなかったのかどうかよく知らないけれど、今日まで法相による指揮権発動が「政府の汚点」として捉えられ、事件以降はその行使はおろか議論までもが完全に封印されてきたことを考えれば、戦後の事件史に新たな光を当てたレポートの一つとして意義深いものであることは間違いないだろう。

 本書(原書)刊行後に、元共同通信記者の渡邉文幸がこの線に沿って調査・取材を掘り下げ、その成果をまとめた『指揮権発動/造船疑獄と戦後検察の確立』では、当時の法務省幹部から指揮権発動は検察サイドから仕組んだ策略であった旨の証言を引き出しているし、一般紙でも「捜査は完全に行き詰まっていたので指揮権発動を聞いてホッとした」など、当時の捜査関係者の声が伝えられるようになった。
 造船疑獄事件における指揮権発動については、このように「政府=加害者、検察=被害者」という従来からの通説は覆された、といっていい。

 ただし本書には疑問点もなくはない。検察がメディアを利用して世論を煽っておいて被疑者を追いつめていく手法を著者は批判しているのだが、そうしたプロセスに著者自身も加担してきたはずで、その点に関する自己批判の気配があまり感じられないのにはいささか物足りなさをおぼえた。
 無論、本書のような検察批判を刊行することが一つの自省の具現化ではあるだろう。大半の報道記者が今もなお検察の提灯持ちを演じていることを考えれば、著者の問題意識や気概は大いに評価されるべきと思う。
 なお本書の原本は二〇〇三年一二月に同じ書名で情報センター出版局より刊行された。
[PR]

by syunpo | 2009-07-12 11:54 | 政治 | Trackback | Comments(0)