ブックラバー宣言


コラムニスト・吉本俊二の書評ブログです。
by syunpo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..
経済成長がなければ私たち..
from 天竺堂の本棚
『せつない(新訳 チェー..
from 施設長の学び!
カール・マルクス『ルイ・..
from 有沢翔治のlivedoorブログ
愛国の作法
from 蔵前トラックⅡ
雑考 自由とは何か④
from 読書メモ&記録
東浩紀 『クォンタム・フ..
from 身近な一歩が社会を変える♪
純粋に哲学の問題だ「ベー..
from 夕陽の回廊
バーンスタインのミュージ..
from クラシック音楽ぶった斬り
memento mori..
from 試稿錯誤
タグ
ブログジャンル

タグ:永続敗戦 ( 7 ) タグの人気記事


苦い現実を直視して考える〜『「戦後80年」はあるのか』

●一色清、姜尚中、内田樹、東浩紀、木村草太、山室信一、上野千鶴子、河村小百合著『「戦後80年」はあるのか ──「本と新聞の大学」講義録』/集英社/2016年8月発行

b0072887_205419.jpg 朝日新聞社と集英社による連続講座シリーズ「本と新聞の大学」第4期の書籍化。現代思想、憲法学、社会学、財政金融論の立場から、戦後七〇年の今が抱える問題と未来への展望を考えるという趣旨である。

 内田の〈比較敗戦論〉は、白井聡の『永続敗戦論』を下敷きにして他の「敗戦国」の戦後のありようを問いかけたもの。その問題設定は一考に値すると思う。後半ではそこから話を展開して、米国のベトナム戦争後のあり方(=カウンターカルチャー)などに言及しながら、米国の強さを「文化的復元力」に求めているのも仮説としてはおもしろい。

〈本と新聞と大学は生き残れるか〉と題する東の講義は、大学の人文系学部の危機は必ずしも人文知の危機を意味しないというテーゼを前提にしていて、凡百の人文知必要論とは一線を画する。一九九〇年代以降、現代思想や批評が政治化・運動化したことを指摘したうえで、それだけではなく、軽薄な要素を含んだ多様な形で知的好奇心を養うことの重要性を述べているのは、たしかに人文学の核心をついているのではないか。このような認識は千葉雅也にも通じるものがある。

〈集団的自衛権問題とは何だったのか〉という問いに応える木村草太の話はこれまで発表してきた見解を中心にまとめられていて、その意味では新味はないものの、安保法制賛成と引き換えに「付帯決議」を引き出した一部野党の動きを一定程度評価しているのは、良くも悪しくも法学者らしい態度といえるのかもしれない。

〈戦後が戦前に転じるとき〉を考察する山室信一の論考は、内田と同じく歴史に学ぼうとするスタンスをとるが、タイムスパンは内田よりも長い。すなわち日本史上における四つの戦争(白村江の戦い、蒙古襲来、文禄・慶長の役、日清・日露・第一次大戦・第二次大戦)とその戦後を視界に入れる。そのうえで太平洋戦争前後の文人たちの飛躍ぶりを振り返り、「戦前」は「忘れたふりをするころにやってくる」と警鐘を鳴らしている。

 上野千鶴子の〈戦後日本の下半身〉をめぐる講義は豊富なエビデンスを参照しながら近代家族の問題を考える。少子化対策をはじめとする日本の家族政策がいかに男性優位の古臭い社会観に裏打ちされているかを指摘する、その舌鋒は切れ味鋭い。経済成長への夢から覚めない人たちの見当外れの政策を支えているのは国民自身である、というまとめの一節もまたピリリと辛い。

〈この国の財政・経済のこれから〉を考える河村小百合は進行中のリスキーな政策運営を批判しつつ、今後想定される財政破綻の具体的状況を描いて財政再建の必要性を力説している。

 この種の本はまとまりを欠くうえに大味な内容のものが多いというのがこれまでの印象だったけれど、本書における個々の講義はいずれも簡にして要を得たものである。タイトルに即していうならば「人の命を直接奪う戦争がなくても、経済的危機が新しい『戦前』と『戦後』をつくり出すかもしれない」という一色清のあとがきの一節もまた本書の問題意識の射程の広さを示唆するものだろう。意外といったら失礼かもしれないが、たいへん勉強になった。
[PR]

by syunpo | 2016-11-28 21:00 | ノンカテゴリ | Trackback | Comments(0)

自己変革で軟着陸を〜『戦後政治を終わらせる』

●白井聡著『戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ』/NHK出版/2016年4月発行

b0072887_2094841.jpg 話題を集めた『永続敗戦論』の続編というべき著作。「永続敗戦レジーム」論をさらに精緻化し、そこからの脱却のための道筋までを示すというのが本書の趣旨である。

 白井聡は本書で「永続敗戦レジーム」の核を成す対米従属構造を「確立の時代」「安定の時代」「自己目的化の時代」の三段階に区分している。占領期から保守合同による五五年体制の成立を経て六〇年の安保闘争の時期までが「確立の時代」。そこから冷戦終焉までが「安定の時代」。それ以降、対米従属が自己目的化したのが「自己目的化の時代」である。対米従属の合理的な理由がなくなったにも関わらず盲目的従属が深まっている点に、現代社会の歪んだあり方が際立ってきた理由を見いだせる。

 そうした「永続敗戦レジーム」の自己目的化の時代に関して、本書では新自由主義という世界的文脈がいかなる影響を与えてきたのかについても考察を加えている。右傾化や反知性主義などの危機的現象は、日本特有の現象ではなく、近代資本制社会の世界的な行き詰まりと関連づけて捉えられるのである。戦後政治を乗り越えるためにはそのような病的現象が猛威をふるうなかで実行されなければならない、というわけである。

 では、「永続敗戦レジーム」に枠付けられた戦後政治を乗り越える──ポスト五五年体制を構築する──にはどうすればよいのか。
「永続敗戦レジーム」は、「政官財学メディアの中心部に浸透した権力構造であり、それゆえこれに対抗したり突き崩そうと試みるのはあまりに困難である」と感じられるかもしれないが、沖縄が一つのヒントになると白井はいう。沖縄での政治対立の構図こそが本書で言及している本質的な構図が現れている、すなわち二〇一四年の県知事選は「永続敗戦レジームの代理人」(仲井真氏)対「永続敗戦レジームを拒否する勢力」(翁長氏)というものであったからである。この構図を日本全土に広げること。それが〈永続敗戦レジーム〉からの脱却をもたらす契機となるだろう。そのためには三つの革命が必要だというのが白井の認識である。三つの革命とは「政治革命」「社会革命」「精神革命」をいう。

「政治革命」については、白井は野党共闘に可能性をみている。「この動きが、永続敗戦レジームと正面から闘う勢力の形成へとつなが」るかどうかはあとの二つの革命の帰趨にかかっている、という。
「社会革命」とは「近代化の原理の徹底化を図ること」である。基本的人権の尊重、国民主権の原理、男女の平等などがそこに含まれる。「精神革命」とは、様々な「自己規制」や「自分自身の奴隷根性」など自らが自らを隷従させている状態から解き放たれることである。その時、「永続敗戦レジーム」がもたらしている巨大な不条理に対する巨大な怒りが、爆発的に渦巻くことになるだろうと白井は結ぶ。

『永続敗戦論』を読んだ時、いくばくかの違和感をおぼえたのだけれど、昨今の言論空間をみるにつけ、かなり的確なことを指摘していたのではないかと思い直すようになった。私には端的に偽善としか思えない広島でのオバマ大統領演説への無邪気な賛辞の数々をみていると、イデオロギーの左右に関係なく、米国が主導してきた戦後政治への批判精神を根本的に欠落させた人々が少なくないように思われるのだ。つまり日本では白井のいう「永続敗戦レジーム」が無自覚なままに広く共有されているということではないのか。本当の意味で民主主義を確立するためには「永続敗戦レジーム」からの脱却は不可欠であろう。

 本書には目新しいことは書かれていない。だが「言葉が陳腐に見えても、まだ実行されていない理論は新鮮である」と中江兆民は述べた。今こそ兆民の言葉を想起する時なのかもしれない。
[PR]

by syunpo | 2016-06-13 20:20 | 政治 | Trackback | Comments(0)

人間としての尊厳を回復するための〜『琉球独立論』

●松島泰勝著『琉球独立論 琉球民族のマニフェスト』/バジリコ/2014年7月発行

b0072887_19262782.jpg 琉球独立を提唱する書物はこれまでにも刊行されてきたが、本書は琉球の歴史や国際法、独立運動の国際比較など多面的な角度からその正当性を検証するものである。

「琉球の真実」を知れば、「琉球独立」が決してトリッキーな言葉遊びなどではなく、極めて普遍的でオーソドックスなテーゼであることがわかるはずだと著者は冒頭で述べている。なるほど本書を読んで琉球独立を主張することはけっして突飛なことでも絵空事でもないと理解することができた。

 琉球はもともと独立国であった。歴史上、沖縄の地名が使用されるようになったのは薩摩藩による武力を背景とした併合以後で、それ以前は琉球の地名が一般的に使われた。独立国として繁栄したのも琉球王国としてである。ゆえに本書では一貫して琉球の地名を使っている。

 琉球が沖縄と呼ばれるようになって以降は、構造的な差別と搾取がつづけられてきた。とりわけ戦後は日本国家の米国従属のもとで基地が押しつけられてきたのは周知の事実である。中央政府から政策的な経済支援があったとしても、それは地場産業を衰退させ、自然環境を破壊するものでしかなかった。白井聡のいう「永続敗戦」的な状況は琉球に凝縮してあらわれているともいえる。

 植民地状態からの脱却を目指すにあたって、松島は同時に太平洋の島嶼国との連携を提起している。琉球よりも人口の少ない島嶼の人々が独立を勝ち取ってきたという事実はなるほど研究に値するだろう。パラオ、マーシャル諸島、ソロモン諸島、ツバルなどここで紹介されている太平洋島嶼国はいずれも台湾と外交関係を締結しているのは興味深い。ちなみにこれらの島嶼国は今上天皇が二〇一五年の誕生日に際して出して談話のなかで言及している地域と多く重なりあう。

 本書の独立構想で注目に値するのは、各島嶼の自治に基づく共和国を提起している点である。琉球の歴史を振り返る時、入れ子状に差別構造が形成されてきた事実を無視することはできない。日本が琉球を差別してきたように琉球王国は周辺の宮古や奄美、八重山諸島を搾取してきた。その問題の反省と克服は必須である。そこで、各島の自治を尊重した連邦共和国の形態が望ましいというのが著者の主張だ。

 以上のような琉球独立への志向は、琉球以外の地域に住む日本人にとっても他人事ではない。琉球の人々が憲法九条の完全実施を掲げて独立に向かうとき、日本の安全保障体制も当然ながら安泰ではいられない。まさに日本の「永続敗戦」構造を抜本的に考えなおすことが求められるのである。
[PR]

by syunpo | 2016-01-04 19:35 | 国際関係論 | Trackback | Comments(0)

「敗戦の否認」の治癒に向けて〜『日本戦後史論』

●内田樹、白井聡著『日本戦後史論』/徳間書店/2015年2月発行

b0072887_197213.jpg 今では京都精華大学の同僚となった二人による対談集。白井聡の『永続敗戦論』をベースに日本の戦後史を分析的に論じている。といっても内田樹の発言は相変わらず飲み屋で披露する分には受けるかもというレベルの仮説的な話が多く、白井の方はもう少し生真面目な態度がうかがわれるものの、全体として大味な展開という印象は拭えない。

 しかも二人の対話が必ずしもうまく噛み合っているとはいいがたい場面も散見される。たとえば白井はあくまで持論の「永続敗戦レジーム」で日本の政治状況を概括しようとするのに対して、内田は明治維新以来の「官軍/賊軍」のフレームを意識した発言を繰り返している。

 また白井のキーワードの一つである「敗戦の否認」という概念に関しても、建国の物語には多かれ少なかれ都合の悪い史実の「否認」がみられ、みなで共感できる物語が捏造されると内田はいう。その認識に基いて、太平洋戦争は賊軍差別に象徴される「戊辰戦争の敗戦の否認」の帰結だった、というのである。

 つまり「敗戦の否認」論を戦後だけでなく明治以降にも、さらには他の先進諸国にも見出す内田の史観はいわば白井の「永続敗戦レジーム」論を拡張するものであるといえる。そうした見解が、白井の現代史観をいっそう活性化させているのか、かえって薄味にしてしまったのか。その判断はいささか難しい。
[PR]

by syunpo | 2015-11-17 19:11 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)

永続敗戦レジームの純化に抗う〜『「戦後」の墓碑銘』

●白井聡著『「戦後」の墓碑銘』/金曜日/2015年10月発行

b0072887_2094140.jpg『永続敗戦論』でおなじみの白井聡の小文集。週刊金曜日に連載したコラムを中心に様々な媒体に発表したものを収めている。内容としては持論の「永続敗戦レジーム」に基いて、昨今の政治状況を分析したもの。

 白井のいう「永続敗戦レジーム」とは、無制限対米従属と対国内およびアジア諸国に対する敗戦の否認という二つの側面をもつ。安倍政権の路線は白井にいわせれば「戦後レジームからの脱却」ではなく「永続敗戦レジームの純化」ということになる。そのような基本認識から繰り出される白井の論考は当然ながら日本の政治の現状に対する強い批判となってほとばしり出る。

 そのなかで私が興味深く読んだのは「永続敗戦レジーム」からの脱却を実践するにあたり、参照すべきどのような人物がいるのかを論じた第3章。石橋湛山、野坂昭如や江藤淳が戦後レジームに「挑んだ者」として留保つきながらも肯定的に言及されている。

 湛山について触れた講演記録〈永続敗戦レジームへの抵抗者としての石橋湛山〉では、戦後、保守政治家のなかで珍しくもGHQに追放された湛山の思想や実践から学ぼうとする。湛山は一貫して対米従属路線一辺倒に抵抗的なスタンスを示し、大蔵大臣のときに占領軍の駐留費用削減などの行動に出た。そうした姿勢がGHQから不興をかったのであるが、後に湛山は日米安保条約を日中米ソ四国同盟化しようという構想まで描いた。白井は「なぜ第二、第三、第四、第五の湛山がいなかったのだろうか」と問いかけている。

 江藤の場合には一九八〇年に初版が刊行された『一九四六年憲法──その拘束』の解説という形で江藤への再評価がなされている。その仕事は戦後民主主義批判と戦後憲法批判が両輪となっているのだが、白井はそこに「永続敗戦レジーム」からの脱却の契機を見ようとするのである。

 野坂の「インポテンツの思想」もまた、同じ文脈によって示唆的なものとなる。戦後民主主義は丸山眞男のいうように一つの「虚妄」であった。しかし「虚妄に対する焦燥を募らせること、その打破に対してリビドーを直接に集中させることは、悪循環でしかない。『虚妄の打破』それ自体がいま一つの虚妄にすぎないことを、野坂は確信してい」たのだ。むしろ「虚妄を見透した者だけが達する清々しい心境がある」。

 大半の論考が同じ切り口で論じられているため、いささか単調な読み味であることは否めないものの、近頃の小文集にしては珍しく書物としての一貫性が強く感じられるのも事実。戦後の日本のあり方を考えるにあたって今や白井の著作は外せないだろう。
[PR]

by syunpo | 2015-11-09 20:17 | 政治 | Trackback | Comments(0)

〈永続敗戦〉の実相〜『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』

●矢部宏治著『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』/集英社インターナショナル/2014年10月発行

b0072887_227090.jpg 白井聡のいう「永続敗戦」の実態を米軍基地と原子力発電という二つの具体的事例にそくして概説した書物。本書はとりあえずそのように要約することができるだろう。さらに付け加えるなら、エティエンヌ・ド・ラ・ボエシの『自発的隷従論』を地で行くような史実を現代史研究の成果を踏まえながら記述した、ともいえようか。白井やボエシの提起した認識が思弁ではなく国際法や公文書、歴史的文献を精読する作業をベースして跡づけられていくというわけである。

 当然、憲法をめぐるこれまでの二項対立的な図式は完膚なきまでに無効を宣せられる。すなわち、憲法を押しつけられたといいつつ米国従属をより強化する方向でしか改憲を考えない勢力と九条に指一本ふれてはいけないと主張する護憲勢力との対立の構図そのものが解体されるのである。

 オモテの憲法をどう変えても変えなくても、その上位にある安保法体系、密約法体系との関係を修正しないかぎり、日本の真の意味での主権回復はない。著者はそのようにいう。

 重要なのは「安保村」の歴史と構造を知り、一九四五年の時点にもどったつもりで、もう一度周辺諸国との関係改善をやり直すこと。そして米軍基地と憲法九条二項、国連憲章「敵国条項」の問題を、ひとつの問題としてとらえ、同時に解決できるような状況をつくりだすこと。(p278〜279)

 論旨も結論も明快である。しかし、いやそれゆえに、言うは易く行なうは難し、の古諺を思い出さずにはいられない。
[PR]

by syunpo | 2015-09-06 22:12 | 政治 | Trackback | Comments(0)

侮辱のなかに生きるということ〜『永続敗戦論』

●白井聡著『永続敗戦論 戦後日本の核心』/太田出版/2013年3月発行

b0072887_19592359.jpg 戦後われわれは一体どのような社会構造・権力構造をつくりあげてしまったのか。白井はその問いに対して「永続敗戦」なる概念をもって応えようとする。曰く、敗戦そのものは決して過ぎ去ってはいない、その意味では「敗戦後」など実際は存在しない、と。私たちは「驚異的な戦災復興と経済発展による脱貧困化と富裕化の幸福な物語によって隠されたかたち」で敗戦を生き続けてきたのだ。

 ……それは二重の意味においてである。敗戦の帰結としての政治・経済・軍事的な意味での直接的な対米従属構造が永続化される一方で、敗戦そのものを認識において巧みに隠蔽するという日本人の大部分の歴史認識・歴史的意識の構造が変化していない、という意味で敗戦は二重化された構造をなしつつ継続している。無論、この二側面は相互を補完する関係にある。……かかる状況を私は、「永続敗戦」と呼ぶ。(p47~48)

 こうして戦争末期の敗戦処理から戦後の政治体制までを「永続敗戦」という概念で切っていく著者の筆致はそれなりに明快である。個別具体的な問題における見解には肯定しうる点も多々ある。だがそれにしても本書の大上段にふりかざした議論に私が認識を刷新するようなところはほとんどなかった。

 そもそも戦後民主主義の恩恵をたっぷり受けて学識を蓄積してきた若い学者や論客が戦後民主主義の欺瞞や虚妄を撃つことは日本の論壇ではありふれた光景である。というよりそれらは戦後まもなく丸山眞男が「戦後民主主義の虚妄に賭ける」と宣言したことのネガティブな変奏を超えるものではないだろう。白井自身もそのことは自覚しているらしく、あとがきに「戦後日本の問題をあらためて指摘したにすぎない。いま必要なことは議論の目新しさではない」と明言している。

「永続敗戦」というきっぱりとした語彙で戦後日本を総括している以上、戦後社会のあらゆる仕組み、社会制度も教育制度もその歪みを内包しているとの認識に至るはずである。当然そのなかで育ってきた著者自身も「永続敗戦」的思考のパラダイムから自由ではありえなかったに相違ない。ならば自己言及的な吟味なしに「永続敗戦」を唱えたところで知的インパクトをもつことはないだろう。しかし本書からはそのような意味での葛藤はあまり伝わってこなかった。人々から真の意味での葛藤を奪う装置が「永続敗戦」なのだとすれば、それを唱える者にもまたその効力は及ぶということなのだろうか。
[PR]

by syunpo | 2014-01-08 20:05 | 政治 | Trackback | Comments(0)