ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

言語をめぐる冒険〜『真ん中の子どもたち』

●温又柔著『真ん中の子どもたち』/集英社/2017年7月発行

b0072887_18385295.jpg 台湾人の母と日本人の父のあいだに生まれた琴子。三歳の時に台湾から日本に移住し、日本語を「母語」とする生活を送ってきた。中国語を学ぶために上海の漢語学院に短期留学する。小説はそこでの体験談という形式を採る。とりたてて大事件が起きるわけではない。日々の些細な出来事が日本語と中国語の会話をまじえながら綴られていく。

 遭遇した人たちのちょっとした一言が琴子を落ち込ませたり、あるいは元気づけたり。言語や国籍にまつわる話題にあっては、まさに言葉そのものが凶器にも心のカンフル剤にもなりうるのだ。言葉の暴力。言葉の包容力。言葉の魔力。

 言葉はかくして主人公や周囲の登場人物たちに葛藤をもたらす。作中をとおして常に聴こえているのは「国語とは?」「言語とは?」という問いかけである。

「国語」という概念のイデオロギー的側面を指摘する言説はすでに数多くある。本作においては「正しい中国語」を琴子に厳しく教えようとする陳老師が象徴的な存在である。まさに「国語」という制度を良くも悪しくも体現した人物とでもいえばよいか。陳老師は琴子の発音に関して巻舌のことを事細かに指導したり、造語など話者独自のレトリカルな表現を容赦なく斥けようとするのだ。「あなたは変です」とまで言う。そのことで彼女は傷つき、「私自身が否定された気分」すら覚える。

 もちろんそのままでは終わらない。後半に転機は訪れる。陳老師の態度にも……。
 読み味は悪くない。ただ全体をとおして作者の抱えている主題が文学の言葉で充分に表現されているかといえば、疑問が残らないではない。説明的な記述が目立つのがいささか文学的興趣を削いでいるように感じられるのだ。芥川賞の選考委員の一人は「退屈」と評したらしい。そこまではよい。

 ただしここに描かれてあることを「対岸の火事」と一蹴してしまったことにはまったく同意できない。そのような読解に対しては、むしろ本作を擁護すべきではないかと強く思う。

 言語は、ある言語圏と別の言語圏の境界線を超えてやってくる越境者の活動によって活性化されてきた。日本語とて例外ではない。万葉集の昔から日本語は越境者や外来の言葉によって形成され練り上げられ鍛えられてきたのではなかったか。そうした世界の歴史を想起するならば、本作は「特別」なアイデンティティをとおして言語という普遍的な主題に向きあった作品といえるだろう。仮に作品として未熟さを感じたとしても、主題に対して「対岸の火事」と他人事にしてしまうのは愚鈍というべきである。
[PR]
# by syunpo | 2018-09-17 18:46 | 文学(小説・批評) | Comments(0)

今こそ反緊縮政策を〜『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』

●ブレイディみかこ、松尾匡、北田暁大著『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう レフト3.0の政治経済学』/亜紀書房/2018年5月発行

b0072887_13464215.jpg ブレイディみかこ、松尾匡、北田暁大の鼎談集。どうにも意味不明な書名が付けられているので期待せずに読み始めたのだが、案の定、本書の左派批判は脳内で戯画化した標的を一方的に攻撃しているだけという印象を拭えなかった。だいたい左派のエリート主義を揶揄するのは昔から左派の定番しぐさ。自分たちだけが物事の本質を理解している的なセールストークが執拗に繰り返されるのには辟易した。

 かろうじて松尾の理論経済学者としての発言にはアカデミックな味わいがあり、その限りで本書を読む意義はある。経済成長を〈長期の成長〉と〈短期の成長〉に区別した上で後者の重要性を訴えるのは毎度おなじみではあるけれど、議論の整理には役立つだろう。もっとも松尾が主張する財政・金融政策にしても基本線は反緊縮を基軸としたケインズ主義的政策の現代版というもので、少なからぬ左派言論人が言ってきたこととさして違いはない。
[PR]
# by syunpo | 2018-09-08 13:50 | 経済 | Comments(0)

人類の先を歩んだ革命家!?〜『カストロとゲバラ』

●広瀬隆著『カストロとゲバラ』/集英社インターナショナル/2018年2月発行

b0072887_9564353.jpg フィデル・カストロとチェ・ゲバラ。キューバ革命を牽引した両雄である。ラテンアメリカ諸国は二〇世紀の大国である米国の圧政を受けて苦しめられてきた。本書で強調されているのは、そうした歴史における「苦しめた側の人間の実名と、圧政の利権メカニズム」に関する解析だ。その点に言及した書籍があまりに少ないと広瀬はいう。そこで〈強欲なアメリカ資本〉対〈キューバの民族主義〉というわかりやすい対立図式をベースに一連の革命を素描していくのである。

 中南米における米国の帝国主義的なあり方を徹底的に糾弾する筆致は痛快である。私も大いに共感する。ただそれにしても、全体を通して「圧政の利権メカニズム」を強調するあまりキューバ革命を美化しすぎているのではないかとの印象もまた拭い難い。あらゆる革命が反動を抑えるために独裁化するのは宿命のようなものだが、外部からいかなる干渉があろうとも、史実を冷静に直視することは著述家に不可欠の態度ではないか。

 けれども広瀬は「人類の先を歩む進歩した人間社会」(カストロ)を目指すものとして、キューバの社会主義に最大限の賛辞をおくっているのだ。

 人間社会を正当に評価するためには、政治リーダーやメディアの情報だけでは無理がある。旅行者としての体験も充分な判断材料にはならないだろう。カネを落としてくれる旅行者には優しくても、外部から来た定住者には冷淡な社会など掃いて捨てるほど存在しているのだから。まずはその社会で生活することが必須である。
 しかし広瀬が断定的に評価を与えている根拠は必ずしも本書で充分に提示されているとは思えない。何よりも本当にキューバ革命が「人類の先を歩む」ものであるなら、追随する国家がもっともっと現れてもいいはずなのだが……。
[PR]
# by syunpo | 2018-09-02 10:00 | 国際関係論 | Comments(0)

歪んだ「政治主導」の矢面に立つとき〜『面従腹背』

●前川喜平著『面従腹背』/毎日新聞出版/2018年6月発行

b0072887_941299.jpg 表面は服従するように見せかけて、内心では反抗すること。──「面従腹背」の広辞苑における語釈である。前川喜平がマスコミに登場するようになってから、この言葉を盛んに口にするのを見聞して、当初は少し違和感をおぼえたものだ。

 日本の政治の問題点として、かつて「官僚内閣制」による弊害が盛んに強調されたことがあった。政治決定の実質を握っているのは官僚であって、政治家は彼らの手のひらで踊らされているだけだという認識を端的に表現した用語である。「官僚内閣制」に不満を感じる国民の多くは、民主党や自民党の唱える「政治主導」に大いに期待をかけた。その一つの結果として、今日のモリカケ問題や公文書改竄に象徴されるような安倍政権の暴走に歯止めが効かない状況がもたらされた。「政治主導」といえば聞こえは良いが、実態は独裁国家と変わらぬ縁故主義の蔓延である。

 安倍政権の実情が明らかになってくるにつれて、前川のいう「面従腹背」にも一理あると思えるようになってきた。実際、本書に記された前川の「面従腹背」的な行政の具体例には賛同できる点も多い。

 たとえば、道徳の教科化の問題。これはいうまでもなく「国家に立脚する教育改革の色彩を色濃く持つ」政策である。前川はもちろんそれに反対の立場であった。政治がそれを決めた以上それに従うほかないのだが、文科省は「道徳教育を学習者である子どもの主体性を重視する方向に転換する姿勢」を打ち出している。二〇一七年六月に公表した学習指導要領解説道徳編では「道徳科の授業では、特定の価値観を児童に押し付けたり、主体性を持たずに言われるままに行動するよう指導したりすることは、道徳教育が目指す方向の対極にあるもの」と言い切った。安倍政権がやろうとしている道徳教育の枠組みのなかで「考え、議論する道徳」のために様々な工夫をするよう促しているのである。

 また一般に審議会は民主的な政治決定を装うための形式的なものと考えられているが、前川によれば文科省における教育に関する審議会は「政治介入へのバッファー(緩衝材)」になっているという指摘も興味深い。中央教育審議会では、委員の学識や経験に基づく発言をかなり丁寧に拾い上げている。「政治主導で提起された政策課題についても、審議会で検討することによって軌道修正が図られることが多い」という。

 末尾には、毎日新聞の倉重篤郎と文科省の先輩・寺脇研との座談記録も収録されていて、こちらもなかなかおもしろい。とりわけ加計学園獣医学部認可をめぐる政権内部の確執を前川が解説している舞台裏の挿話では閣内が必ずしも一枚岩でなかったことが明らかにされている。
 当初、安倍首相が推進、獣医師会をバックにした麻生が反対、石破が慎重……と均衡していた。衆院福岡六区補選で獣医師会=麻生支持候補が安倍支持候補に惨敗して、流れが一気に安倍首サイドに傾いたらしい。

「面従腹背」は前川の現職時代の座右の銘だが、退官後のそれは「眼横鼻直」だという。鎌倉時代に宋から曹洞宗を伝えた道元禅師の言葉で、「眼は二つ横に並んでいる。鼻は縦についている」ことから、当たり前のこと、ありのままでいいということを意味する。

 官僚と国民から選ばれた政治家との関係はいかにあるべきか。近代民主政の根本に関わる古くて新しい重要課題だが、本書はそれを再考するための生きた教材となるものだろう。
[PR]
# by syunpo | 2018-09-01 09:47 | 政治 | Comments(0)

「非現実的な理想論」を現実にする〜『核兵器はなくせる』

●川崎哲著『核兵器はなくせる』/岩波書店/2018年7月発行

b0072887_190749.jpg 二〇一七年のノーベル平和賞は核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に授与された。授賞理由は、核兵器禁止条約をつくるのに貢献したというものである。本書の著者・川崎哲はICANの国際運営委員。

 国連で核兵器禁止条約をつくることはこれまでの国際政治の常識では考えられないことだった。「非現実的な理想論」といわれてきたらしい。だが、それは実現した。本書ではその舞台裏を紹介しつつ世界の核軍縮の歴史について概観する。それは市民活動がいかに国際政治に影響を与えうるかという問題に対する回答となる報告でもあるだろう。現場で活動してきた人ならではの具体的な挿話を盛り込んだ成功譚は説得力を感じさせる。

 核兵器禁止条約が画期的なのは、核兵器を「必要悪」から「絶対悪」と言い切った点だ。国際ルールで禁じることには大切な意味がある。「核保有国が参加しない条約は意味がない」という批判はあるかもしれない。しかし核兵器そのものがはっきりと国際法違反とされたことで国家が核兵器をもつことの意味も変化する。端的にいえば「力のシンボル」から「恥のシンボル」に変わったのだ。

 もちろん条約でそれを明言するに至るまでには多くの人びとの活動が寄与していた。被爆者たちの証言。市民たちの地道な活動。
 そして赤十字国際委員会(ICRC)も大きな役割を果たした。ICRCは、二〇一〇年の国際会議で「核兵器は非人道的で、いかなる場合も認められない」との声明を出した。「救護を職務とする赤十字が、救護に行くこともできなくする兵器の存在を許すことはできない」と主張したのだ。

 しかしその成立の過程で日本政府が示した反応には、著者ならずとも失望せざるをえない。日本の軍縮大使は「核戦争が起きたら救援できないという考え方は少し非観的すぎる。もっと前向きにとらえるべきだ」と言明したというのだ。内容空疎な抽象的精神論を振りかざす点では、戦前戦中から少しも変わっていないのかもしれない。

 当然ながら核保有国も核兵器禁止条約の成立を阻むべく様々な形で妨害してきた。裏返せば条約にはそれだけの力があるということだろう。川崎はいう。「核保有国が激しく非難したり圧力をかけたことは、この条約に効果があることの証明にもなりました。何の意味もないものなら、妨害や抗議などせず、無視すればよいのですから」。

 実際、核兵器禁止条約には社会そのものを変える力が厳然として存在している。たとえば、核開発に使われるお金の流れを止める効果があらわれた。核兵器禁止条約が成立してから約半年の間に、世界で三〇の銀行・金融機関が核兵器開発企業への投資をやめたという。私たちは、この種の国際条約に対して、しばしば単なるお題目が合意されただけと考えがちだが、決してそうではないことを事実が証明しているのだ。

 ICANの行動スタイルにはこれからの市民運動一般を考えるうえでも参照すべき点は多いかもしれない。ICANには若い人が大勢集まっている。ユニークな動画をつくりSNSで拡散するなどメディア戦略にも工夫をこらした。「核兵器を禁止する」というわかりやすい問題に特化したことで、興味をもつ人が増えたと川崎はいう。

「どんな核兵器も許されない」というスタンスは日本の被爆者が語ってきたメッセージと同じものだが、ICANはそれを「日本の問題ではなく世界共通の問題」というメッセージに変換することに成功した、と川崎は自己分析している。

 何らかの理想の実現を目指して人が頑張っているとき、必ずといっていいほど「非現実的な理想論」と冷笑する人があらわれる。けれども理想論を非現実的なものにしているのは、しばしばそのような冷笑主義者の存在そのものではないのかとあらためて思う。
[PR]
# by syunpo | 2018-08-27 19:02 | 国際関係論 | Comments(0)