ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

近代日本を生きた〈意志の芸術家〉!?〜『横山大観』

●古田亮著『横山大観 近代と対峙した日本画の巨人』/中央公論新社/2018年3月発行

b0072887_1843415.jpg 二〇一八年は横山大観の生誕百五十年、没後六十年のメモリアルイヤーにあたる。それに合わせた刊行であろう。

 波乱万丈の人生をおくり、近代日本の進展とともに歩んだ国民的画家。性急な西洋化と日本文化の伝統のはざまを生きねばならなかった葛藤は並大抵のものではなかったと思われる。この日本画家を正当に評価するためには、それ相応の感性と歴史観と語彙が必要になるに違いない。著者の古田亮は近代日本美術史を専攻する東京芸術大学の准教授。

 結論的にいえば、私にはいささか退屈な読み味の本であった。最も引っかかったのは著者の大観評価に関する記述がきちんと整理されていないと感じられる点だ。たとえば批判の多い戦時中の大観の仕事に関して著者は以下のように記している。

……大観もまた時代に〈屈した〉かの見方も成り立とう。しかし、大観には〈屈する〉理由などなかった。水戸気質の皇国思想を生まれながらにして身にまとう大観にとってみれば、そもそも自由は報国のなかにしかなかった、といった方がよいだろう。(p171)

 しかし末尾のまとめの部分では、大観の芸術を「意志の芸術」をキーワードにして次のように総括しているのである。

……日本画を改革しなければならないと岡倉天心にしたがった明治期、彩管報国をまっとうしなければならないと先頭に立った戦中期、そして無窮を追う理想的絵画を描かなければならないとうったえた戦後期、その時代ごとに違った色合いをみせている。大観を意志の芸術家と呼ぶにふさわしいのは、画家としてのそうした意志が各時代の作品中に色濃く反映されているからである。(p207〜208)

 戦時中の振る舞いを後世の高みから一方的に批判するつもりはまったくない。しかし「皇国思想を生まれながらにして身にまとう」ゆえに無批判に戦争に協力したと著者が考える画家を「意志の芸術家」と呼ぶのはいくらなんでも無理だろう。そもそも人が特定の思想を「生まれながらにして身にまとう」ことなどありえない。比喩的表現としても軽薄である。

 カラー写真をふんだんに使った読みやすい編集でいかにも新書らしい作りではあるが、評伝としては破綻気味。残念ながら人に薦めたくなる本ではない。
[PR]
by syunpo | 2018-06-25 18:46 | 美術 | Comments(0)
<< 政治的言説としての「宗派主義」... テイストの違いを味わう〜『短歌... >>