ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

他国の歴史に学ぶ英知〜『ハーバード日本史教室』

●佐藤智恵著『ハーバード日本史教室』/中央公論新社/2017年10月発行

b0072887_1159457.jpg 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。プロイセンの政治家、オットー・フォン・ビスマルクが言ったとされる言葉である。同じ歴史でも自国の歴史以上に他国の歴史から学ぶ者は、より賢いということになるだろうか。本書を読むにあたって私はそのようなことを考えたりした。

 もっとも本書のコンセプトはビスマルクの言葉とは直接関係はない。世界の精鋭が集まるハーバード大学では日本史をいかに教えているのか。そのような日本人の素朴な関心から、現役の教授を中心に十人のハーバード大学関係者にインタビューした記録である。著者の佐藤智恵は、NHK、ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、現在は作家・コンサルタントとして活躍している人物。

『源氏物語』や『今昔物語集』を授業で必ず取り上げるというアンドルー・ゴードン。光源氏の女性関係は女子学生におしなべて不評だという。「九歳ぐらいの少女を将来の妻にするために自分のもとにおいて、自分好みの女性に育てあげるというのは、今の時代であれば、性的虐待ともとれる行い」であり、その点が「気持ち悪い」という感想につながると紹介している。
 現代の規範から他言語の古典に描かれたキャラクターを判断するのは文学の読解としてはつまらないことだと思うけれども、何につけ自己の考えを堂々と表明するのは彼の地の学生が身につけている態度なのだろう。
 城山三郎の『メイド・イン・ジャパン』を通して日本の高度経済成長を学ばせるという試みはおもしろいかもしれない。

 ゴードンとともに日本史の通史を教えているデビッド・ハウエルは幻の貿易都市と言われた青森の十三湊や幕末の大名・堀直虎、『忠臣蔵』で有名な赤穂事件などを題材にしている。「戦う人」から「統治する人」へと変わった武士階級による国内統治についてのハウエルの見識は、なるほど優れているように思われる。江戸時代の幕藩体制は幕府が直接領土を統治する仕組みではなかったために、厳しい階級制度とみられていた割には柔軟性の高いやり方だった。

 日本近代史を専門とするアルバート・クレイグの明治維新論も興味深い。彼によれば、坂本龍馬や西郷隆盛よりも、木戸孝允、大久保利通こそ明治維新の主役だという。木戸や大久保の方が明治政府で果たした役割は大きかった。二人は私益よりも国益を優先したと思われる点で、クレイグの評価は高くなるのである。

 日本でもおなじみのエズラ・ヴォーゲルのサムライ資本主義論については賛否両論ありそうだ。伝統的に「日本の指導者は富をシェアしようとする気持ちが強い」と仰るのだが、今日の政治状況をみるに、そのような一般論はかなり怪しくなってきたと思わざるをえない。

 経営史を研究しているジェフリー・ジョーンズは、世界最古の企業といわれている金剛組について言及しているのがおもしろい。五七八年創業の金剛組は神社仏閣の建築を生業としてきた。各宗派の様式を守って建築し補修していくというビジネスモデルは、技術の進化に伴う事業の陳腐化からは免れてきたのである。「老舗」という言葉があるのは日本語だけではないかとジョーンズはいう。また日本の長寿企業について、国内ビジネスに徹したことが長く存続できた理由の一つにあげている。

 ただし歴史の表層をなぞっただけのような退屈な対話も混じっている。とりわけジョゼフ・ナイへのインタビューなど戦後の日米関係をあたかも対等な「友好関係」として対話しているのはいただけない。米国側が建前上そのような態度を貫くのは当然かもしれないが、著者がそのレベルでの対話に付き従うのは端的に欺瞞だろう。その意味では隔靴掻痒の感を拭えない。

 サンドラ・サッチャーがブッシュ大統領の真珠湾演説やオバマ大統領の広島での演説を「モラルリーダーシップの模範例」としているのをそのまま鵜呑みにしているのもどかしい。オバマが広島で神妙に被爆者をハグしているすぐ後方には、核兵器発射の暗号を記したブリーフケースを持つ側近が立っていたことは海外のマスコミがふつうに報道した事実である。その程度の基礎知識は研究者なら弁えておいてほしいものだ。オバマ時代に核兵器関連の予算は増加したとのデータもある。それに加えて、相も変わらず米国が世界のリーダー然として振る舞うべきだとするサッチャーの考え方じたいが二〇世紀的な大国の傲慢を引きずっているのではないか。

 このような人たちが日本の歴史の一面に対して理解や共感を示したりするのはありがたいことだと思う反面、エドワード・サイードのいう「オリエンタリズム」的な心性を感じてシラケてしまうのは私だけだろうか。
 それなりにおもしろい本に仕上がっているけれど、全体的にもう少しツッコんだ質問があれば、さらに内容の深い本になったのではないかと思う。
[PR]
by syunpo | 2018-07-17 12:07 | 歴史 | Comments(0)
<< 戦後民主主義を生きてきた女優と... 忘れられた言葉に光をあてる〜『... >>