人気ブログランキング |

「不純」な世界で生きていく〜『憎しみに抗って』

●カロリン・エムケ著『憎しみに抗って 不純なものへの賛歌』(浅井晶子訳)/みすず書房/2018年3月発行

b0072887_197482.jpg 世界規模で広がる憎しみの眼差しと罵声。それらはしばしば社会的弱者や社会の少数派の人びとを標的とする。紛争地からやってきた難民。白人中心の社会に住むアフリカ系の住民。トランスジェンダー……。

 カロリン・エムケは、世界各地の紛争地を取材してきたフリージャーナリスト。特定の属性に向けられる差別や偏見に対して「憎しみ」という感情からアプローチすることで、その共通的な構造を浮かび上がらせる。憎しみはあらかじめあるものとして他者に向けられるのではなく、人為的に作られていくことに注目するのだ。「憎しみを、それが猛威を振るう瞬間よりも前の段階で観察すれば、別の行動の可能性が開ける」とエムケはいう。

 差別する者の周辺には必ずといっていいほど「傍観者」が存在する。傍観者は「自分では憎まない」が「他者に憎ませる」。いわば憎しみの共犯関係を結ぶことで、差別はより広範なものになっていく。

 憎しみが少数者に向けられる時、あるいは憎しみの共犯関係が少数者に対して形成される時、現在ではそれが時に政治的に正しいかのような様相を見せる。たとえば、国民の仕事が少なくなったのは違法的な移民が増えたせいだと。しかし多数者の抱く国民の均一性など所詮は虚構的なものである。

……全員が「地元民」であり、移民はおらず、多様な言語も多様な習慣や伝統も、多様な宗教もない、そんな国民の均一な「核」なるものが国民国家において最後に存在したのはいつか? そしてどこか? 「国民」という概念に持ち込まれたこの有機的な均一性は、確かに強力な魅力を持ってはいるものの、結局のところ空想の産物に過ぎない。(p114)

 その観点からすれば、ISが掲げる理念も当然ながら正当化されない。テロリズムという方法が誤りであることは言うまでもないが、彼らの唱える「純粋性」なる概念もフィクショナルなものである。

 かくしてエムケは「不純なものへの賛歌」を高らかに謳う。ハンナ・アレントの『活動的生』を参照して彼女の提起した「複数性」を称揚する。さらにはミシェル・フーコーが再定義した「パレーシア」の重要性に言及する。パレーシアとはギリシア語で言論の自由を意味することばであるが、フーコーは権力者の意見や立場を批判して「真理を語ること」という意味に発展させた。そこでは操作やレトリックを用いずに「真理であると本当に信じて」いることを誠実に語ることが求められるのだ。

 具体的な事例を取り上げつつ、政治哲学的な理念を援用したまとめ方にはやや茫漠とした読後感をもたらす印象なきにしもあらずだが、著者の教養に裏打ちされた考察には教えられるところも多かった。
by syunpo | 2018-09-24 19:10 | ノンフィクション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syunpo.exblog.jp/tb/28681666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神学に根拠づけられた権力批判〜... 言語をめぐる冒険〜『真ん中の子... >>