人気ブログランキング |

大阪から世界へ〜『仕事をつくる』

●安藤忠雄著『仕事をつくる 私の履歴書』/日本経済新聞出版社/2012年3月発行

b0072887_22250649.jpg〈はじめに〉として冒頭に二流政治家のスピーチのような、言葉使いは立派だが陳腐な文章が掲げられている。なんだかなぁと不安を覚えつつ本文に入ったのだが、結局その不安を覆してくれるようなインパクトのある言葉には最後まで出会えなかった。

 著者の普段の言動からすれば察しのついたことではあるけれど、前後の脈絡がしばしば混乱していたり、凡庸極まりない人生観が大仰に披瀝されていたり。せっかく個性的な実業家たちと付き合いながら、彼らの魅力を「骨太」「明るさ」「気迫」「精神力」「勇気」等々と抽象的でありふれた語彙に回収してしまうのも興ざめ。

 安藤の建築はユニークでおもしろいと思うけれど、言葉の貧しさは如何ともしがたい。天は二物を与えず、とでもいえばいいのか。
この業界には磯崎新のような現代思想にも通じた理論家も多いわけだが、安藤のベタな語りは良くも悪しくも大阪的な知を象徴しているのかもしれない。

by syunpo | 2019-04-20 22:30 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syunpo.exblog.jp/tb/29379561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「楽問」としてのサイエンス〜『... 主権者の作法を身につけるために... >>