ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

川の流れのように♪〜『西洋音楽史』

●岡田暁生著『西洋音楽史』/中央公論新社/2005年10月発行

b0072887_18543655.jpg どのようなジャンルであれ、「通史」で面白い本にお目にかかる機会は少ないものだ。その例にもれず、本書で描かれる音楽史もパッとしない。
 交響曲や弦楽四重奏曲などのドイツ音楽を「真面目な音楽」などと記述してしまう語彙の貧しさは度しがたいし、人間の「精神性」や「感性」がテクノロジーの進展と無縁でありうるはずはないのに、その当たり前の認識を欠落させているのが致命的だ。

 暇つぶしにちょっと添削してみよう。たとえば、以下のような一九世紀ロマン派に関するピント外れの記述。

 一九世紀において、一方であれほど音楽の「精神性」が強調されながら、他方で演奏技術の開発に人々がかくも血眼になっていたことは、皮肉というほかない。産業革命と科学発明の時代にあっては、音楽もまた世の工業技術化の波から逃れることはできなかったのである。(p147)

 私だったら、次のように書き直したい。

 一九世紀において、音楽の世界にも当然、産業革命の波が押し寄せてきた。楽器の性能も高められ、それに伴い演奏技術の洗練も進んだ。そうした「技術」上の変革は、おのずと音楽の内容そのものにも影響を与え、その結果として、音楽の「精神性」をめぐる議論が活発化したのも時代の必然であった。

 ちなみに著者・岡田暁生の専門は一九世紀の音楽史だそうです。
[PR]
by syunpo | 2007-12-08 19:00 | 音楽 | Comments(0)
<< 現在進行形としての〜『ポストコ... 歴史を先取りするために〜『民主... >>