ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

メルマガ掲載のエッセイ〜『日本経済に関する7年間の疑問』

●村上龍著『日本経済に関する7年間の疑問』/日本放送出版協会/2006年11月発行

b0072887_19265361.jpg 本書は、著者が主宰しているメールマガジン「JMM」に掲載したエッセイを再構成したものである。一九九九年から二〇〇六年までの文章が収録されていて、小泉構造改革や北朝鮮による拉致問題、米国での同時多発テロ後の日米の安全保障政策などが話題として取り上げられている。

 どのテーマを論じるのであれ、基調を成しているのはマスメディア批判で、時代の変化に対応できない報道の「文脈」の旧態依然ぶりが俎上にのせられる。
 今や政治の果実を国民が一律に享受できるわけではない、「痛みを伴う構造改革」という場合、一体国民のいかなる層が「痛み」を感じることになるのか、その成果は誰が受け取るのか、政治もメディアもはっきりさせよ、というような主張に首肯する読者は多いことだろう。ごく短い文章の集成なので読みやすく、メッセージもいたって簡潔だ。
 ただ、いささか一本調子で、こうしてまとまったものを通読するとなると後半部ではやや飽きがきたのも事実である。
[PR]
by syunpo | 2007-12-25 19:37 | 政治 | Comments(0)
<< イスラエル人研究者の実録小説〜... 輸入思想からの脱却を〜『判断力』 >>