人気ブログランキング |

カテゴリ:地域学( 4 )

大阪は本当に大阪的か!?〜『大阪的』

●井上章一著『大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた』/幻冬舎/2018年11月発行

b0072887_10352990.jpg 大阪論である。厳密にいうと「大阪論」に関する論である。これまで人々はどのように大阪を論じてきたか。その議論の紋切型を正して相対化すること。それが本書の趣旨である。「大阪は、ほんとうに大阪的か」というオビの謳い文句が端的に本書の問題意識を表現しているといえよう。

 対象そのものよりも対象がどう論じられてきたかを検証するというスタイルは、著者がこれまで採ってきたおなじみのもの。

 本書の基本認識は「世の大阪像は、東京のメディアがふくらましてきた」というものである。同時にもう一つ重要なのは「なかには大阪のメディアが話を盛ってきた部分もある」という視点を加えていること。ステレオタイプの大阪像の形成には地元のテレビ局などもけっこう加担してきた、というわけだ。

 冒頭に置かれた「大阪人はおもしろい」説について歴史的に考証する論考はツカミとしては最上だろう。
 大阪人はおもしろい。確かにそう考える人は大阪の内外に数多く見受けられる。一つのステレオタイプだ。ところが谷崎潤一郎が一九三二年に書いた随筆には以下のようなくだりがあるらしい。

「関西の婦人は凡べて……言葉数少なく、婉曲に心持を表現する。それが東京に比べて品よくも聞え、非常に色気がある」

 そこに描かれているのは「今のテレビなどがはやしたてる」のとは「まったく正反対のおばちゃんたち」の様子なのだ。
 さらに「大阪人はアレでなかなか滑稽を解する。その点はやはり都会人で、男も女も洒落や諧謔の神経を持っていることは東京人に劣らない」とも述べている。大阪人こそがそういう方面の達人だとは、まったく思っていない。「彼らにも諧謔味はある」という書き方なのは注目に値する。

 井上はいう。「大阪女性の陽気な開放性を強調する一般通念」は、谷崎が関西に住んでいた一九三〇年代以降、「あとで新しくこしらえられたのである」と。
 その一つの端緒となったのは、テレビ大阪の「まいどワイド30分」という番組であったと井上は具体的に指摘している。「路上取材でであった女性の中から、ゆかい気に見える人だけをぬきだし、放送」した。のちに在阪各局がこの手法をとりいれたという。

 大阪人の人柄を阪神タイガースで象徴させる議論も、そんなに古いものではない。一九六〇年代の民放は読売戦以外の中継をしていなかった。関西でも例外でなく、甲子園球場の試合は閑古鳥が鳴いていた。

 状況が変わったのはサンテレビが阪神戦の放映に踏み切ってから。一九六八年に創設された同局は放映ソフトの獲得と拡充に苦慮していた。苦肉の策として地元球団である阪神の全試合完全中継に乗り出した。「阪神戦は、おおげさに言えば新設UHF局の巨大な埋め草」として浮上したにすぎなかった。関西圏で暮らす野球好きの多くが阪神を応援するという今ではごく自然と思われる現象はこうして始まったのだった。

 大阪のクラシック音楽に関する論考はややマニアックだが、我が意を得たりという思いで読んだ。関西は、貴志康一や大栗裕、大澤壽人という偉大なる音楽家を生んだ土地でもある。

 貴志は大阪生まれで、戦前、ベルリン・フィルのタクトをとり、自作の管弦楽曲を発表するという経歴の持ち主。 大栗は自作の楽曲に大阪土着の音楽を採り入れたことで知られる。「浪速のバルトーク」と呼ばれた。 大澤は神戸生まれ、欧米で同時代の音楽を吸収し、ボストンやパリで自作を発表し高く評価された。

 このように二〇世紀中葉までの関西は、世界にとどく音楽家を育んでいた。人材の育成という点では、官立大学にまけない機能を果たしている。しかし関西を拠点にしていた彼らの活動は「東京の音楽史」においては冷遇されてきたと井上は指摘する。大阪論・関西論でクラシック音楽に言及するような議論は一般のメディアではさほど多くはない。その意味では「アカデミックな音楽でかがやいていた時代」をもつ大阪・関西の音楽史に光を当てた本書の視点には大いに共感する。

 本書は、先に刊行した『京都ぎらい』に比べると当事者性が薄くなった分、随想的要素は抑えられ、より批評的な記述になっている。もちろん、型に嵌った認識を徹底的に解体するという基本姿勢は健在である。関西圏以外の読者にはいかなる感想があるのかよく分からないけれど、生まれも育ちも大阪という私にはすこぶる面白い本であったことは確かである。

by syunpo | 2019-07-11 21:22 | 地域学 | Trackback | Comments(0)

自己決定の実現に向けて〜『沖縄は未来をどう生きるか』

●大田昌秀、佐藤優著『沖縄は未来をどう生きるか』/岩波書店/2016年8月発行

b0072887_18331820.jpg 大田昌秀元沖縄県知事と久米島に母方のルーツを持つ作家・佐藤優との対談集。雑誌『世界』二〇〇九年一月号から二〇一〇年九月号に掲載されたものがベースになっているが、末尾には二〇一六年の対話が一篇収録されている。

 江戸時代の琉球処分から太平洋戦における沖縄戦、戦後の米軍占領時代から日本復帰にいたる歴史をたどりながら、沖縄における独立論の系譜や復帰運動のあらまし、中央政府との関係などにも言及しつつ、これからの沖縄のあるべきすがたを模索するという内容である。

 大田は鉄血勤皇隊として沖縄戦を体験したことが沖縄の問題を考えるうえで原点になっていることを繰り返し語っている。そこで軍隊というものが必ずしも臣民を守るものではないことを目の当たりにしたという。沖縄としての主体性やアイデンティティをいかに確立していくかを大田は研究者としてまた政治家として常に考えてきた。

 米占領下では沖縄はいうまでもなく憲法は適用されなかった。米軍が勝手に公布する布告・布令などによって統治が行なわれていたのである。それだけに「平和と民主主義を基本原理とする現行憲法への執着は、他よりもいちだんと強いように思われます」と大田はいう。佐藤の言葉でいえば「沖縄復帰運動は、自らの権利を日本国憲法という媒介を通して実現するものとして位置づけるという、リアリズム(現実主義)」なのであった。

 しかし、日本復帰後の沖縄が自由や民主主義を充分に獲得できなかったことは周知のとおりである。むしろ米軍基地は占領時代よりも増大した。外務省沖縄事務所には暗号装置がかかるような電信施設があるが、これは海外公館と同じ体制になっていることを意味する。その点では植民地的な統治が未だに続いているともいえる。

 沖縄県民が今行なっている政治的意思の表明はそのような歴史の蓄積のうえに為されていることを忘れてはなるまい。佐藤の発言は随所に大田への敬意をにじませて印象深い。体験に裏打ちされて絞り出される大田の言葉と、時にアカデミック、時にポリティカルに返していく佐藤の言葉とがうまく絡みあった含蓄に富む対談といえるだろう。

 カントが言った永遠平和だって、当時、戦争が続いているのに誰も実現するとは思わなかった。しかし、カントが永遠平和を唱えることによって、少なくとも二〇世紀には不戦条約もでき、国際連盟から現在の国連ができて確実に進んできているのです。だから、夢や理想を絶対に軽視してはいけない。(p62、佐藤)
by syunpo | 2016-11-11 18:36 | 地域学 | Trackback | Comments(0)

洛中千年の花と毒〜『京都ぎらい』

●井上章一著『京都ぎらい』/朝日新聞出版/2015年9月発行

b0072887_1001128.jpg 嵯峨で育ち、宇治に住んでいる京都府民・井上章一の京都論である。と書くだけで、京都人ならその微妙に屈折したニュアンスを感受することができるだろうか。

 京都といっても京都の中心部である洛中と洛外では大きな相違がある。というか洛中の人びとにとっては洛外に住む者は行政上は「京都市民」「京都府民」であってもけっして〈京都人〉とは認めないらしいのだ。ひぇ〜。洛外に生まれ育ち、洛外に住んでいる井上はこれまで何度も洛中の人たちから差別的な扱いを受けてきたことを明かしている。その結果生まれた「洛外生息の劣等感」が本書執筆の原動力になっているとも述べている。本書が京都周辺に住む者からみた「京都ならではの、街によどむ瘴気」から語り起こしているのもそれゆえだ。

 洛中の人々(=京都人)の何が洛外の人に嫌悪感をもたらすのか。一言でいえば彼らの中華思想ということになろう。梅棹忠夫のような文化人でさえ、そうした中華思想を隠さなかったという。「先生も、嵯峨あたりのことは、田舎やと見下してはりましたか」という井上の質問に対して梅棹は答えた。「そら、そうや。あのへんは言葉づかいがおかしかった。僕らが中学生ぐらいの時には、まねをしてよう笑いおうたもんや。じかにからこうたりもしたな」。今ならいじめとして非難されるであろう体験談を梅棹は悪びれずに当の嵯峨出身者に語ったというのだ。その種のエピソードをいくつか紹介したあとに、井上は嫌味たっぷりに書きしるす。

 私に屈辱をしいた洛中の中華思想にも、ついでだが、ひこととお礼の言葉をのべておく。京都の子として成人していきかねない私の脚を、洛中の人々はひっぱってくれた。お前は京都の子じゃあないと、私はくりかえし、念をおしてもらえたのである。おかげで、私はやや癖のある著述家になりおおせることができた。ありがとうございます。(p52)

 このような〈洛中/洛外〉の二項対立図式を基調にしつつ、井上は京都の諸相を斬っていく。京都における仏教寺院のあり方をアイロニカルに論じるかと思えば、東京中心史観に基づいた明治維新解釈を相対化する。平安京の副都心として洛外を位置づけ、梅原猛の法隆寺論に肩入れしたりするのも興味深い。また天龍寺に象徴されるようなかつての怨霊思想をあとづけながら、強権的な現政権への批判へと向かう筆致にはとりわけ井上らしさが十二分に発揮されているように思う。

 結局のところ、なんだかんだと〈京都ぎらい〉を装いつつ京都への愛を披瀝した本とでもいえばよろしいか。いずれにせよ部外者の私にはふつうにおもしろい本であった。
by syunpo | 2016-01-17 10:05 | 地域学 | Trackback | Comments(0)

東西南北に走る奔放な視線〜『大阪アースダイバー』

●中沢新一著『大阪アースダイバー』/講談社/2012年10月発行

b0072887_2155466.jpg 中沢新一が語る大阪は地元文化人が語る凡百のお国自慢とは一味違う。「戯れの虚物(こしらえもの)」とみずから断わりながら、歴史学はもとより人類学や哲学の知見を参照して紡ぎ出される大阪地誌は祝祭的なイカガワシサに充ちている。本書の面白味はもちろんこのイカガワシサが醸し出すものに相違なく、そこに眉を顰めるような生真面目な読者はハナから中沢本など読まぬが花、他の学術書でもひも解くがよろしかろう。

 中沢はまず大阪の上町台地に沿って南北に走る軸を「アポロン軸」、太陽に移動に沿って東西に走る軸を「ディオニュソス軸」と呼ぶ。前者は権力の観念に関わり、後者には生と死の循環をめぐる観念がまつわりついている。アポロン的な政治的権力の威厳の表現として、たとえば古墳群が残された。一方、東西の軸線の最初の発見者は中沢によれば海民・渡来民たちである。彼らの子孫・末裔たちは商人的な自由空間を形成するのに貢献した。この異種の二つの軸に基づく思考法が「たがいに混じり合うことなしに、垂直に交わりながら、一つの大阪という世界を形成していった」というのが中沢の基本的な見立てである。

 それにしても大阪という都市の見えない奥に横たわる抽象的な仕組みをアースダイバー的に探り当てていこうとする中沢の姿勢は良くも悪しくも自由闊達。
 河内音頭における俊徳丸神話を語るに、ハイデッガーを引用してその神話的骨格を浮かび上がらせる。かと思えば、聖徳太子という象徴的存在から日本人の生み出した最初の偉大な弁証法的思想を取り出す。「縁」と資本主義の関係を概説したあとに超無縁社会の見事な典型を船場の伝統に再発見し、しかるのちにナニワ商人の「信用」概念にプロテスタント型信仰をアナロジカルに見出してマックス・ウェーバーをパロディ化してみせる。マラルメの詩句を引いてエンタツ・アチャコの漫才の神秘を語り、晩年はチェスばかりしていた芸術家・マルセル・デュシャンには修羅の棋士・阪田三吉を重ね合わせる……という具合だ。

 後半、俯瞰から虫瞰的な観察へと視線を切り換えたあとの筆致は細密さを付加したぶん、おちついた感じになるが読者を弛れさせることはない。生業による差別の問題や黒門市場の成立過程の描出は網野善彦の知見を下敷きにしながらも中沢らしい想像力が発揮されているし、環濠都市・堺の自治精神や岸和田のだんじり祭を分析したくだりも愉しく読んだ。
by syunpo | 2013-05-22 21:21 | 地域学 | Trackback | Comments(0)