ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

カテゴリ:文化地理学( 1 )

自由と民主主義と物量の国に憧れた〜『「親米」日本の誕生』

●森正人著『「親米」日本の誕生』/KADOKAWA/2018年1月発行

b0072887_20124965.jpg 日本の親米意識さらには対米従属を相対化し、そこからの脱却を促す言説は多く提起されている。対米従属の構造はもちろん敗戦後、歴史的に形成されたものである。米属国化を批判的に論評する場合には、主として政治的・軍事的な文脈において問題化されるのだが、むろん話はその次元にとどまるものではない。私たちの日常生活全般においてアメリカ化は浸透したといえる。

 米国への憧れと嫌悪、それを通した日本のナショナルアイデンティティ構築は、冒頭で触れられているように吉見俊哉が『親米と反米──戦後日本の政治的無意識』でメディア社会学の見地から論じたことがある。文化地理学者の手になる本書は吉見の論考を別の観点から補強するものといえよう。具体的には敗戦直後から一九七〇年代ごろまでの日本において、アメリカ的な神話を体現する様々な商品がどのように受容されてきたかのかを検証する。

 戦後、アメリカの生活スタイルを規範にして日本人がすすんで取り入れたものは枚挙にいとまがない。チョコレート、チューインガムは象徴的だが、ほかにもパン、缶詰、冷凍食品などの食材のほか、洋風住宅、電気製品、自動車……などなどが挙げられる。家計簿をつけることも知識人やメディアによって積極的に推奨された。

 興味深いのは、それらがどれもアメリカ的な自由や民主主義という大義名分とともに推進されていったことだ。

 たとえば冷蔵庫や冷凍食品は、食品を備蓄することによって主婦の家事の合理化につながり、さらには「栄養の平等」つまり「栄養の民主主義」とでも言うべきものを実現するとされた。缶詰やインスタント食品の利用も同じ理由でもてはやされた。

 家計簿をつけることもまた日常生活の合理化につながるものとして主婦向けの雑誌などが盛んに特集を組んだ。家計簿の記帳は家庭内の問題を可視化する手段としても有効と考えられ、とりわけ主婦がそれを実践することで女性の家庭内における権限の向上が示唆されることもあったようである。

 むろんそれらはバラ色の結果ばかりをもたらしたわけではない。「アメリカ的民主主義というイデオロギーは決して『自由』であるばかりではない。性差に基づく分業を神話化する」という指摘は鋭い。アメリカを範とする種々の生活改善運動は、同時に家庭内の分業をうたうものでもあり、炊事や家事などは女性の分担という意識や行動規範はこの時期に強化されたのだ。「各々が社会の中で責任を持つことと、女性が主婦として家庭内労働に特化すること」とが同一視されたのである。

 その後、日本社会が経済成長期に入ると、アメリカへの憧れも単純なものではなくなる。日本人が自信を持つのに伴って「日本らしさの回復」が目指されるようになるのである。たとえば日産スカイラインのコマーシャル「ケンとメリー」のシリーズは象徴的だ。そこでは「日本人のようだが、その顔貌は『外国人』のように『濃い』」ケンが、ブルネットで青い目のメリーを助手席に座らせている。「それはかつての自動車産業における力関係の逆転を印象づける」のだ。

 とはいえ、そうした「日本らしさの回復」は「アメリカ神話の構図の中に依然としてあることには注意が必要である」と森は釘をさすことを忘れない。そこでは「支配する者、支配される者が一時的に入れ替わっただけなのである」と。

 ありていにいえば「親米」感情と「反米」感情は表裏一体のものともいえるだろう。それは既述の吉見が強調したところでもある。その両義的な心性こそが戦後日本の主体性を形成したという点では本書も同じコンテクストを形成しているが、物質を所有することで提供されるものが「暮らしの向上」のみならず「民主主義、快適、合理的……」という点にまで視野を拡張した点に本書ならではの面白味があるように思う。日常生活のイデオロギーは、時にイデオロギーであることを忘れさせるほどに身体化されてしまうものなのだ。
[PR]
by syunpo | 2018-02-24 20:15 | 文化地理学 | Comments(0)