ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

歴史を眺望する高山流光学〜『近代文化史入門』

●高山宏著『近代文化史入門 超英文学講義』/講談社/2007年7月発行

b0072887_18273273.jpg 異色の英文学者・由良君美門下からは多彩な人材が輩出した。高山宏もその一人である。由良の脱領域的な研究スタイルをもっとも色濃く受け継いだ弟子の一人だと思われるが、本書でもそうした高山の本領が十全に発揮されている。
 これは講談社学術文庫の一冊で、底本は二〇〇〇年に刊行された『奇想天外・英文学講義』(講談社選書メチエ)。編集者相手の語りおろしということで、繰り返しが多く、構成的にも内容的にも精緻さに欠けるきらいはあるけれど、発想の柔軟さや視野の広さ、博覧強記がそれを補ってあまりある。面白い本だ。

 ニュートンの『光学』、グランド・ツアー、王立協会、辞典、テーブル、博物学、造園術、見世物……一見すると何の脈絡もないものたちが、実は英国の近代文化史の底流で脈を通じ合いながら時代を動かし、文学を豊かなものにしてきた。不毛の時代といわれる時期であっても、偏見なく目をこらせば、興味深い作品がいくつも綴られているではないか。それを語るキーワードは「マニエリスム」。

 一般に美術史の世界では「マニエリスム」は、一七世紀以降の古典主義的美学によって「デカダンス」「マンネリ」などとネガティブな評価が与えられたが、高山のいうマニエリスムとは「認識論的な哲学」「光学を中心とする自然科学」「幻想文学」の三つを条件とした極めて実り豊かな潮流として記述されるのである。
 マニエリスムの再定義をもとに英文学史を俯瞰しようというのであるから、当然、文学のなかだけに閉じこもっていては文学史は見えてこない。同時代に生じたアート=技術や「知」のあり方、風俗なども射程に収める必要がある。これが高山の基本認識である。

 たとえば、シェイクスピアのソネットは極めて多義的な内容を含んでおり、「見るアングルによって物を別物に見せる光学装置」的な方法で読むことがふさわしいものなのである、という。

 あるいは、英語辞書の決定版『オックスフォード・イングリッシュ・ディクショナリー』の用法の古い順に語義を並べていく「歴史主義」は、創刊当時台頭していた斉一地質学の方法論と関係がある。

 また、一八世紀英国ではコーヒーハウスが丁々発止の対話術の興隆を促し、「テーブル・トーク」を「詩、小説、演劇と同じレヴェルの歴としたジャンル」として確立させるまでになった。面白いトークはしばしば「○○アーナ」という形で記録されている。夏目漱石の『吾輩は猫である』は、そのような英国一八世紀文学以降の伝統に則ったスタイルであったのだ。

 本書は文学史研究のさらなる可能性を感じさせるとともに、一般の読者にとっても文芸作品に対する新たな視覚いや視角を示してくれたスリリングな書物といえるだろう。
[PR]
by syunpo | 2009-04-30 18:49 | 文化全般 | Comments(0)

“記憶の迷路”への探検〜『アウステルリッツ』

●W・G・ゼーバルト著『アウステルリッツ』(鈴木仁子訳)/白水社/2003年8月発行

b0072887_18522240.jpg 主人公アウステルリッツは建築史家として、ヨーロッパ各地の駅舎、要塞、裁判所、監獄などの建築物を見て回っている。まもなく彼はおのが出自を認識していない人間であることが明らかにされる。幼い頃に名前と言語と故郷を喪失してしまった存在。ウェールズの牧師の子として一五歳まで育てられたが、成人してからも心の安らぎを得ることができない。それが無意識による抑圧に起因していることに気付いた彼は五〇歳も半ばを過ぎてから、失われた自分の過去・記憶を手繰りよせようと調査を始めたのだった——。

 これは、二〇〇一年、不慮の交通事故死を遂げたドイツ人作家、W・G・ゼーバルトの最後の作品である。
 主人公アウステルリッツと旅先で知り合った〈私〉が彼の話の聞き手となり、この作品の語り手となっているのだが、アウステルリッツが〈私〉に聴かせる話のなかには彼の生い立ちを知る人の回想や彼に関心を寄せた女性の話した言葉などがしばしば挿入されていて、読者が触れることになる物語には二重三重の話者のフィルタリングがほどこされた形になっている。

 ゼーバルトの文体は独特のものだ。
 基本的に段落分けがなされておらず、語りがうねうねと際限もなく続いているので読者は息つく暇を見出すのに難渋する。その一方で〈……とアウステルリッツは語った〉というフレーズが頻繁に出てくるために、物語世界への円滑な没入が遮断されるような叙述にもなっているのだ。

 さらにユニークなのは随所に挿入されているモノクロームの写真だ。それはイメージ写真というよりも、場合によっては語り手の〈私〉が見ているのと同じものと思しきすぐれて具象的な映像である。イマジネーションの喚起を一方的に限定してしまうような、通常の小説家であれば断固として斥けるであろうそうしたビジュアル素材をゼーバルトはためらうことなく提示しているのである。

 やがてアウステルリッツの過去を遡る旅程には「ホロコースト」という歴史的事実が横たわっていることが徐々に明らかになってくる。二〇世紀の凄惨な歴史が時を経るにしたがって風化しつつあるのと反比例するかのように、アウステルリッツの個人的来歴が次第に浮き彫りになってくる、という結構は極めて示唆深いものだ。

 アウステルリッツのおいたちと半生、彼の両親の人生はいかにも波乱に満ちたもので、その筋立てだけを見るならばハリウッド映画の題材にすらなりそうな劇的なものなのだが、それが凡庸な「告発」のドラマに染め上げられていない点にこの作品の大きな特徴ががあるように思われる。
 アウステルリッツの個人史の記述に溶け込むようにして建築史家としてのアカデミックな言辞が随所に開陳される。かと思えば、動物や植物などの名が博物学的に列挙されたり、その生態が具体的に記されたりもしている。いわば物語の叙事的性格に研究者のレポート風のサイエンティフィックな論述が加味されて一種独特の世界が形成されているのだ。

 歴史と個人的記憶が重なり合い、時間と空間が自在に飛翔し、現実と想念がその境目を曖昧にしながら複雑にからみあう。ある意味でこの小説は難解で、私自身充分に吟味し得たとは到底言い難いのだが、それでも読むことの苦痛や無聊を感じたわけでは決してない。
 ゼーバルトのドイツ語は、訳者によれば「おそろしいように美しく端正な文体」らしい。それに対応するかのように訳文もいささか古風な表記や言い回しが駆使されて、堅実な日本語に置き換えられている。他の作品も是非読んでみたいと思う。
[PR]
by syunpo | 2009-04-23 19:03 | 文学(翻訳) | Comments(0)

相互啓蒙としての〜『政治を語る言葉』

●山口二郎編著『札幌時計台レッスン 政治を語る言葉』/七つ森書館/2008年7月発行

b0072887_17392394.jpg 本書は北海道大学大学院教授の山口二郎が二〇〇七年から始めた「フォーラム in 札幌時計台」の第一シリーズの講演と対談記録をもとに、書き下ろしを加えて再構成したものである。登場するのは、山口二郎のほかに、中島岳志、辛淑玉、香山リカ、佐藤優。

 山口二郎の講演録《岐路に立つ戦後日本》は、論旨としては既刊書『戦後政治の崩壊』『ポスト戦後政治への対抗軸』などで展開した主張に沿ったもので新味はないものの、戦後史の「イメージ」を再構成していくなかで永井荷風や中野重治などを引きながら戦後の出発点に思いをめぐらせているくだりは興味深く読んだ。

 「保守思想」の空洞化を憂える中島岳志の論考《アンチの論理を超えるために》は、エドマンド・バークに依拠しつつ「近代保守思想」の再定義を試みたものである。
 人智の限界を直視し、それ故に「人間の理性によって構想された政治理念よりも、長年の歴史によって形成された制度や秩序に価値を見出」すのが真の保守思想だというのだが、現在の日本において価値が見出されるべき歴史的制度や秩序として具体的にいかなるものを想定しているのかまったく言及されないので、消化不良の感が否めない。経験や現実に立脚するのが保守思想の基本と言いつつ、生硬で概念的な発言に終始している本論考からは中島の本領は残念ながらほとんど伝わってこなかった。
 保守思想の論客ということでいうなら『大衆への反逆』を引っ提げて西部邁が論壇に出てきた頃の言説の方がまだ面白味があったように思う。

 その点、辛淑玉の《マイノリティーから見た戦後日本の欠落》は、皮肉にも中島のいう保守主義の方法論——人間の限定性こそを重視し、「誰かの息子ないし娘」や特定の土地の住民、職業団体の一員として生きる具体的個人の存在から、物事を考える——を中島以上に体現しているといえる。
 ただし、後段の山口との対談は、現野党に対する認識にしてもかつての村山政権の評価にしてもほとんど対話が噛み合わない。そのギャップにこそ政治を語り変えていくことの困難と希望が浮かびあがるというべきか。

 香山リカの《磁場に揺れる日本》は、モンスター・ペアレントなどの利己的な自己主張を行なう人びとと逆にあらゆる責任を自分一人で背負いこんで自殺に追い込まれる人びとに言及しながら、そうした両極に振れた社会の調整に政治の役割を期待する。
 彼女の言説はどちらかといえば、「政治を語る言葉」の例示というよりも「政治を語れる個人」をいかに形成していくのかという問題に触れたものといえるだろう。

 佐藤優の《思想で抗する新自由主義》は、外交官としての経験に基づいて対米関係や北朝鮮問題などについて具体的な提起を行なっているほか、ナショナリズムの問題を沖縄や北海道の視座から再検討しているところなど、山口の姿勢と共振する部分が多いのではないかと思う。
 山口との対談では、保守主義を社会民主主義などへの対抗思想にすぎないとみなして一蹴し、ひと昔前の市民主義などとの類似性を指摘しているのが面白い。

 全体を読み通しての印象としては、いささかごった煮風で、ややまとまりに欠ける風にも感じられなくはないが、逆にそこにこそ本書の狙いを読み取るべきなのだろう。「相互啓蒙こそ本来の知の在り方」という山口の認識が色濃くにじみ出た本であることは間違いない。
[PR]
by syunpo | 2009-04-18 18:49 | 政治 | Comments(0)

無知から未知へ〜『多読術』

●松岡正剛著『多読術』/筑摩書房/2009年4月発行

b0072887_922592.jpg 「千夜千冊」で知られる松岡正剛が、編集者によるインタビュー形式で読書全般について語りおろしたものである。書名は「多読術」になっているが、内容的には「編集としての読書術」といった方がより適切かもしれない。もっとも「編集としての読書術」がいかなるものかは手短に要約するのが困難で、実際に松岡がウェブ上で個々の書物について述べている文章に触れる方がはるかに読書への欲望が昂揚してくるように私には思える。

 それはそれとして、本書における松岡のスタイルじたいがすぐれて「編集」的なのも特徴である。さながら雑誌を編集するように、様々な、時には相反するような言説が一冊の本のなかに渾然一体となっているのだ。一人何役もこなしながら読書についての蘊蓄や心得をバラエティ豊かに開陳していく。

 前半で「読書なんてたいへんな行為だ」と考えずに「カジュアルなもの」としての読書を強調したかと思うと、後半では江戸時代の私塾で実践されていた「スパルタ読書法」を好意的に紹介したりする。「ながら読書はよくない」という教えを強く否定しつつも、後段では「人にはそれぞれの読み方があり、好きに読めばいいんです」とごく常識的なことを言い放ったりする。

 松岡は箴言の人でもある。だから、この人の発言から体系的な見解を見出そうと構えてもあまり得るものはないだろう。雑誌のように自由自在に拾い読みしながら、気に入ったフレーズを反芻するなり引用したりすれば良いのだ。

 松岡は言う。本とは、小さな池や水たまりのようなもの。

 ……そこを覗くと大きな青い空とか、近くの建物とかが映っている。小さな池でも、覗く角度で大空も入るわけです。もっと真上から覗くと、自分の顔が映る。(p143)
[PR]
by syunpo | 2009-04-16 09:15 | メディア論 | Comments(0)

利権政治の温床〜『道路をどうするか』

●五十嵐敬喜、小川明雄著『道路をどうするか』/岩波書店/2008年12月発行

b0072887_18461566.jpg 日本における公共事業の問題点はいくつもある。
 事前調査がいい加減なまま採算性の低い計画であってもしばしば立案され実施されること。政官業の利権・癒着構造が根をおろしていて談合などで事業費が割高になる場合が多いこと。中央政府と地方政府との相互依存関係が強固で、公共性に疑問のある事業を絶ち切る政治判断を困難にしていること。
 ……他にもいろいろあるだろうが、以上のような問題点をすべて抱え込んで「暴走」を続けているのが本書のテーマである道路行政なのである。

 道路行政のなかでもその歪みや不公正の根源ともなっているのが、道路特定財源制度である。二〇〇八年の「ガソリン国会」では、この道路特定財源制度と暫定税率の問題が俎上にのせられ、野党の追及によってその歪みが断片的に表面化したものの、根本的な改革はなされないまま今日に至っている。

 道路整備の推進を特定財源によって図る道路特定財源制度は、道路整備臨時措置法に基づくもので、「戦後の道路行政、あるいは道路利権を中心としたこの国のあり方に大きな影響を与えた」ものとして特筆される。
 特定財源制度は、財政上、問題の多い制度としてできるだけ排除するのが原則である。それは財政の硬直化をまねき、当初の目的を達した段階になっても財源維持のため必要のない支出を促すことになりがちだからである。現にわが国の道路特定財源制度はそのようなものになっている。「ガソリン国会」で、道路整備とは直接関係のない費目、出先機関の職員の人件費やカラオケセットやマッサージチェアの購入にまで使われていたことが明らかになったのは記憶に新しい。

 また本書では、道路整備のベースになっている全国総合開発計画や個々の道路建設事業などが「閣議で決定されればほとんど法律と同じような効力をもつ」こと、つまり国会のチェックがきかないという問題点を繰り返し指摘している。この仕組みにより道路官僚や道路族議員たちは御用学者を操りながら随意に道路建設をすすめてきた。その結果、赤字まみれの高速道路が各地に乱造されることになったのである。

 さらにもう一つ忘れてならないのは、旧建設省道路局が地方自治体を借金に縛りつけるシステムをつくったということである。
 一般に地方の道路予算は「国直轄事業」「国庫補助・地方道路整備臨時交付金事業」「都道府県単独事業」の三つにわけられる。詳細は省くが、いずれも名称とは裏腹に、国も自治体も単独では事業の実施が困難な仕組みになっているのが特徴である。

 国から自治体に対する補助金、自治体から国に払う負担金などの関係が双方を縛りあって、国と自治体が一体となった「入れ子構造」ができているということだ。……(中略)……国は自治体がなければ国道ができず、自治体は逆に、これまた国がなければ都道府県道がつくれない。……(中略)……そして決定的なことは、道路をつくればつくるほどこの借金が増えて、抜け出る方法がなくなるということである。(p122)

 道路特定財源の一般財源化が問題になった時、国だけでなく地方自治体の多くが特定財源維持のために運動したのは、道路建設のためにできた借金を返すのも特定財源に依存していたことが大きい。つまり道路特定財源は道路をつくるためばかりでなく、いまや借金返済のための道具に堕しつつあるのだ。

 「聖域なき構造改革」を標榜した小泉政権でも、こうした道路行政の悪しき構造を根本的に改革することはできなかった。あるいは最初から行なう意思はなかった。むしろ「改悪」された点もある。たとえば小泉政権で成立した「社会資本整備重点計画法」は、総事業費が隠蔽され、期限の明示もなされず、閣議決定のみで計画が承認される点もそのまま、など総じて「道路整備緊急措置法」の改悪となっている、という。

 本書では、道路利権の強固な構造が形成されていく過程を歴史的に概観し、その改革の困難さを指摘したうえで、結論としてさしあたり以下の六つを提案している。
 「道路特定財源の一般財源化」「道路行政の中央集権の打破(国直轄事業における地方負担金の廃止など)」「地方分権の徹底(都道府県道、市町村道の自治体管轄化など)」「国土交通省の権限縮小(計画の原案策定に限定するなど)」「道路計画を国会での審議と議決を必要とすることにあらためる」「官僚の天下り禁止」。

 本書の記述は、問題点の指摘から改革案の提起まで首尾一貫したもので、道路行政を考えるうえでの良きテクストであることは疑いをいれない。
 もっとも、現実に政治の場やマスメディアを通じて行なわれている議論は総じて低調である。ガソリン国会が盛り上がった際には、政府与党関係者が暫定税率の問題を環境問題にからめて論じたり、一般財源化すると必要な道路まで造れなくなるといった、目くらましや虚偽的な言説も盛んに飛び交った。私たち有権者は政治家や官僚のそうした議論のすり替えや詭弁にゆめゆめ騙されてはなるまい。

 道路特定財源制度を基幹とする戦後の道路行政が、日本の高度経済成長を支え、国土に満遍なく富を再分配してきたのも一面の事実である。しかし、そのやり方もすでに歴史的使命を終え、今や弊害ばかりが目立つにようになってきたことは本書の指摘どおりだろう。
 本書のタイトルは「道路をどうするか」だが、それは個々の道路建設に賛成か反対かというような問題にとどまらず、道路行政に象徴される「官僚内閣制」の歪んだ政治のあり方をどのように変えていくのか、という問題提起にほかならない。
[PR]
by syunpo | 2009-04-14 18:55 | 政治 | Comments(0)

語呂つき文章家の言葉の世界〜『辞書を読む愉楽』

●柳瀬尚紀著『辞書を読む愉楽』/角川書店/2003年3月発行

b0072887_8442121.jpg 語呂合わせや地口を「オヤジギャグ」と呼び、日常会話においてはことさら禁忌するようになったのはいつ頃からだろう。古今東西の詩や小説、演劇、日本の落語など言葉を使った学芸の大海のなかでは、次元は異なるとはいえその種の言葉遊びであふれかえり、今なお新たな息吹を感じさせる表現や翻訳が生み出されることもあるというのに。

 本書は、英文学者で翻訳家でもあり「語呂つき文章書き」を自称する柳瀬尚紀が文字どおり辞書を読んで言葉と戯れる愉楽を語ったエッセイ集である。同じ趣旨の著作として新潮文庫に入った『辞書はジョイスフル』があり、本書はその姉妹編とでもいえばよいか。
 ここに取り上げられている辞書は、日本語辞典、英語辞典の類は無論のこと、岩波イスラーム辞典、アイヌ語辞典、グロウヴ音楽辞典、将棋戦法大事典、種牡馬辞典……などなど多岐にわたる。

 この種のエッセイにはつきものの記述——辞書の記載内容に対する異論や項目の漏れなどの指摘——はやり始めるとキリがなくて、そればかりが続くと途中で飽きたりするのだけれど、柳瀬は標題どおり辞書を楽しむ姿勢を堅持し批判的な語りにしても遊び心を忘れることはないので最後まで退屈することはなかった。
 ウェブスター3版の“fugu”の解説、「フグ科の魚で、クラーレに似た熱分解しない毒素を有し、日本では自殺目的で食されることがある」という意味のトンチンカンな記述など、著者ならずとも日本人なら誰でも一言叱責したくなるであろう。
 
 柳瀬の言葉に対する鋭敏なセンスや辞書の細かな読みには、いつもながら舌を巻かずにはいられないのだが、言葉以外の浮世の知識についてはいささか貧困な様子がうかがえる。
 カーリングや中島みゆきの歌や寅さんの口上を知らずにいて、辞書や編集者への電話で初めて知ったことを素朴に綴っているくだりなど、読者としてどう反応すべきなのか戸惑ってしまう。もっとも翻訳不能といわれたジョイスの《フィネガンズ・ウェイク》を七年半も費やして訳すような教養人の知識のありさまが脳のなかで極端なマダラ模様を描いているのは当然なのかもしれない。

 いずれにせよ、仮にこういう人物と付き合うとなると、電子メール一本送るにも、ネタにされないように辞書を脇において慎重に言葉を選ばなきゃ、と変なプレッシャーがかかってしまいそうだ。
[PR]
by syunpo | 2009-04-10 08:47 | 日本語学・辞書学 | Comments(0)

小説を100倍楽しむ!〜『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』

●柴田元幸、高橋源一郎著『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』/河出書房新社/2009年3月発行

b0072887_17452466.jpg 売れっ子作家と名うての翻訳家による「三位一体」の小説論である。現在の文学の状況を「明治三〇年以来」の転換期とみる高橋の認識をベースに、二人の論者が時に共感しつつ時に見解の相違を露呈しながら、和やかな雰囲気で対話が進んでいく。

 日本の近現代文学を文学史の流れの中において読もうとする高橋と、もっぱらアメリカ文学との対比で論じる柴田。二人の立場の違いがそのまま小説の読解にも表れていて、そうした対称の妙が本書の面白さの一つになっているように思われる。
 
 「読む」「書く」「訳す」の三つの行為について、高橋はベンヤミンを意識しながらそれらに「有機的なつながり」を積極的に見出そうとするのに対して、柴田はあくまで「書く」という作業を「読む」「訳す」ことから一線を画すという姿勢を崩さないところも興味深い。

 二人が選んだお薦めの「海外小説」や、高橋が選んだ「ニッポンの小説」、柴田が選んだ「海外に紹介したい現代日本の小説」がリストアップされていて、現代小説のブックガイド的な内容にもなっている。
[PR]
by syunpo | 2009-04-08 18:36 | 文学(小説・批評) | Comments(0)

「人情」の世界の文学〜『二百十日・野分』

●夏目漱石著『二百十日・野分』/新潮社/2004年1月発行(文庫改版版)

b0072887_20175623.jpg 『草枕』で「非人情」の世界を描いた漱石が「人情」の世界に立ち返って書いたのが『二百十日』と『野分』の二編である。
 『二百十日』は阿蘇山に登る二人の会話だけで成り立っている掌編で、深みには欠けるが、楽しい作品。ここで提起された問題意識をさらに掘り下げて、より小説らしく仕立てたのが『野分』といえる。清貧の文学者・白井道也と二人の若者をめぐり、拝金主義が蔓延るなかで文学者や学問の徒がいかに在るべきかを真摯に問いかける。明治維新以来四十五年が経過した時代、「後を顧みる必要なく、前を気遣う必要もない」時代の自由を如何に使いこなすか、漱石が青年たちに向けた熱いメッセージとも読めるだろう。
 人物造形がいささか類型的で、他の著名な作品に比べると凡作の感は拭えないが、漱石の文学に向かう心構えがよく表わされた作品ではあると思う。
[PR]
by syunpo | 2009-04-06 20:27 | 文学(夏目漱石) | Comments(0)