ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

<   2018年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「民族の触角」となり得ているか〜『「右翼」の戦後史』

●安田浩一著『「右翼」の戦後史』/講談社/2018年7月発行

b0072887_19281930.jpg 昨今、日本政治の右傾化は話題にされることが多いのだが、本書では右翼組織そのものの活動にスポットをあてる。その戦後史を記述するにあたっては、時代を大きく二つに区分けした。一つは戦後から七〇年安保闘争まで。もう一つはそれ以降の新右翼台頭の時代。

 第二次世界大戦における日本の敗北は、同時に右翼の自滅でもあった。戦後の占領政策で、右翼は「戦前の遺物」としていったんは表舞台から引きずりおろされた。しかし国家権力の暴力装置としての役割を与えられた右翼は息を吹き返して「反共」の旗を掲げる。一部は暴力団ともつながりを持ち、威嚇と恫喝の右翼イメージを定着させた。
 しかし安保の季節が過ぎて左翼の勢いが衰えると、右翼もまた方向を見失う。そこへ「反共」に代わる新たなテーゼが生まれた。「改憲」である。一部の右翼はこれを合言葉として草の根の活動に活路を見出す。その運動は現在進行中であり、右傾化と呼ばれる時代思潮を作りあげることには一定の成果を得たともいえる。そこからさらに排外思想に基づく「ネトウヨ」層が誕生する。

 本書の記述を大雑把にまとめると以上のようになる。もちろんその流れは右翼内の諸勢力による複線的な活動の軌跡として顕在化してきた。その意味では右翼と一口にいっても、多様な系譜のあることがあらためて理解できる。

 本書では〈伝統右翼〉〈行動右翼〉〈任侠右翼〉〈新右翼〉〈宗教保守〉〈ネット右翼〉などに大別されているが、スローガンや活動の中味をみると、右翼間でも真っ向から対立するケースは少なくない。
 たとえば、対米政策に関しては〈行動右翼〉や〈宗教保守〉が親米路線をとるのに対して〈新右翼〉は対米自立を大きな指針の一つに掲げている。また現在の〈ネット右翼〉は嫌韓嫌中の感情を露わにしているが、そのような民族差別を強く否定する右翼団体も少なからず存在する。テレビの討論番組にもよく出ていた故野村秋介もマイノリティに対する差別を許さなかった一人だ。

〈宗教保守〉系の組織として日本会議の活動にも多くの紙幅が費やされていて、地道で継続的な運動による「成果」を指摘している点では、菅野完の『日本会議の研究』と同様である。改憲運動などに関しては自民党も今や日本会議が主導する「右派大衆運動」を無視できなくなった。「大衆運動は、数百台の街宣車にも勝る」のだ。もっとも、本書ではそれと同時に神社界の全体主義化を嘆く宮司の声を拾うことも忘れていない。

 著者の安田浩一にはこれまでにも右翼や保守思想を題材にした著作がいくつかある。本書は長い取材活動の蓄積を感じさせる労作で、戦後右翼の概略を知るには格好の本といえるだろう。
[PR]
by syunpo | 2018-09-26 19:45 | ノンフィクション | Comments(0)

神学に根拠づけられた権力批判〜『宗教国家アメリカのふしぎな論理』

●森本あんり著『宗教国家アメリカのふしぎな論理』/NHK出版/2017年11月発行

b0072887_193626100.jpg アメリカ合衆国は、イギリス国教会からの離脱とイギリス国家からの独立によって成立した。出発点において、旧世界を批判し新しい宗教国家を作るという気概に満ちていた国である。米国民が繰り返し表明する政府や権力への不信感は「政治ではなく神学に根拠づけられている」。

 そのような宗教国家という認識に基づいてアメリカ社会の変遷や政治動向を読み解く。それが本書のコンセプトである。著者の森本あんりは宗教学・神学の研究者。

 宗教国家アメリカには二つの伝統がある。「富と成功」の福音と反知性主義だ。

 まず「富と成功」の福音とはいかなるものか。それは次のような理路をたどる。

 自分は成功した。大金持ちになった。それは人びとが自分を認めてくれただけではなく、神もまた自分を認めてくれたからだ。たしかに自分も努力した。だが、それだけここまで来られたわけではない。神の祝福が伴わなければ、こんな幸運を得ることはできなかったはずだ。神が祝福してくれているのだから、自分は正しいのだ。(p36)

 このようにして神を持ち出すことで自分の経済的成功=幸福を正当化してきた。これがアメリカ人の神学的心性だという。もちろんこれは「勝ち組の論理」である。森本はこのような神義論では「負けを適切に受け止めることができない」と指摘することも怠りない。

 アメリカにおける反知性主義は、現代の日本で使われている語義とは根本的に異なるので留意が必要である。アメリカの反知性主義は、知性そのものへの反発ではなく、知性と権力との固定的な結びつきに対する反発として理解しなければならない。

 その神学的背景として、森本は二つの集団概念を見いだしている。すなわち、チャーチ型とセクト型である。前者は「社会全体を覆っているエスタブリッシュメントのグループ」を指す。国家や政府を地上における神の道具と見なし、楽観的で積極的な社会建設を目指す。対して後者は「地上の権力をすべて人間の罪のゆえにしかたなく存在する必要悪」と考え、それに対する監視の必要性を説く。アメリカにおける反知性主義はそのようなセクト型の精神から養分を得てきたという。

 プロテスタント神学の観点からアメリカの政治史を振り返ると、トランプ現象を説明できるだけでなく、過去にもトランプに似た大統領が何人も存在したことが理解できるだろう。アンドリュー・ジャクソン、ドワイト・D・アンゼンハワー、ジョージ・W・ブッシュ……。

「富と成功」の福音と反知性主義はいずれもポピュリズムの養分となる。そこで、アメリカの宗教国家的側面を概観した後にはポピュリズムの蔓延に関する考察が加えられるのだが、そのくだりは議論がやや凡庸で私には退屈に感じられた。

 本書におけるアメリカ政治の解説は総じてわかりやすい。ゆえに、他の要素を無視した簡略化が施されているとも思われ、その点は注意が必要かもしれない。
[PR]
by syunpo | 2018-09-25 19:38 | 宗教 | Comments(0)

「不純」な世界で生きていく〜『憎しみに抗って』

●カロリン・エムケ著『憎しみに抗って 不純なものへの賛歌』(浅井晶子訳)/みすず書房/2018年3月発行

b0072887_197482.jpg 世界規模で広がる憎しみの眼差しと罵声。それらはしばしば社会的弱者や社会の少数派の人びとを標的とする。紛争地からやってきた難民。白人中心の社会に住むアフリカ系の住民。トランスジェンダー……。

 カロリン・エムケは、世界各地の紛争地を取材してきたフリージャーナリスト。特定の属性に向けられる差別や偏見に対して「憎しみ」という感情からアプローチすることで、その共通的な構造を浮かび上がらせる。憎しみはあらかじめあるものとして他者に向けられるのではなく、人為的に作られていくことに注目するのだ。「憎しみを、それが猛威を振るう瞬間よりも前の段階で観察すれば、別の行動の可能性が開ける」とエムケはいう。

 差別する者の周辺には必ずといっていいほど「傍観者」が存在する。傍観者は「自分では憎まない」が「他者に憎ませる」。いわば憎しみの共犯関係を結ぶことで、差別はより広範なものになっていく。

 憎しみが少数者に向けられる時、あるいは憎しみの共犯関係が少数者に対して形成される時、現在ではそれが時に政治的に正しいかのような様相を見せる。たとえば、国民の仕事が少なくなったのは違法的な移民が増えたせいだと。しかし多数者の抱く国民の均一性など所詮は虚構的なものである。

……全員が「地元民」であり、移民はおらず、多様な言語も多様な習慣や伝統も、多様な宗教もない、そんな国民の均一な「核」なるものが国民国家において最後に存在したのはいつか? そしてどこか? 「国民」という概念に持ち込まれたこの有機的な均一性は、確かに強力な魅力を持ってはいるものの、結局のところ空想の産物に過ぎない。(p114)

 その観点からすれば、ISが掲げる理念も当然ながら正当化されない。テロリズムという方法が誤りであることは言うまでもないが、彼らの唱える「純粋性」なる概念もフィクショナルなものである。

 かくしてエムケは「不純なものへの賛歌」を高らかに謳う。ハンナ・アレントの『活動的生』を参照して彼女の提起した「複数性」を称揚する。さらにはミシェル・フーコーが再定義した「パレーシア」の重要性に言及する。パレーシアとはギリシア語で言論の自由を意味することばであるが、フーコーは権力者の意見や立場を批判して「真理を語ること」という意味に発展させた。そこでは操作やレトリックを用いずに「真理であると本当に信じて」いることを誠実に語ることが求められるのだ。

 具体的な事例を取り上げつつ、政治哲学的な理念を援用したまとめ方にはやや茫漠とした読後感をもたらす印象なきにしもあらずだが、著者の教養に裏打ちされた考察には教えられるところも多かった。
[PR]
by syunpo | 2018-09-24 19:10 | ノンフィクション | Comments(0)

言語をめぐる冒険〜『真ん中の子どもたち』

●温又柔著『真ん中の子どもたち』/集英社/2017年7月発行

b0072887_18385295.jpg 台湾人の母と日本人の父のあいだに生まれた琴子。三歳の時に台湾から日本に移住し、日本語を「母語」とする生活を送ってきた。中国語を学ぶために上海の漢語学院に短期留学する。小説はそこでの体験談という形式を採る。とりたてて大事件が起きるわけではない。日々の些細な出来事が日本語と中国語の会話をまじえながら綴られていく。

 遭遇した人たちのちょっとした一言が琴子を落ち込ませたり、あるいは元気づけたり。言語や国籍にまつわる話題にあっては、まさに言葉そのものが凶器にも心のカンフル剤にもなりうるのだ。言葉の暴力。言葉の包容力。言葉の魔力。

 言葉はかくして主人公や周囲の登場人物たちに葛藤をもたらす。作中をとおして常に聴こえているのは「国語とは?」「言語とは?」という問いかけである。

「国語」という概念のイデオロギー的側面を指摘する言説はすでに数多くある。本作においては「正しい中国語」を琴子に厳しく教えようとする陳老師が象徴的な存在である。まさに「国語」という制度を良くも悪しくも体現した人物とでもいえばよいか。陳老師は琴子の発音に関して巻舌のことを事細かに指導したり、造語など話者独自のレトリカルな表現を容赦なく斥けようとするのだ。「あなたは変です」とまで言う。そのことで彼女は傷つき、「私自身が否定された気分」すら覚える。

 もちろんそのままでは終わらない。後半に転機は訪れる。陳老師の態度にも……。
 読み味は悪くない。ただ全体をとおして作者の抱えている主題が文学の言葉で充分に表現されているかといえば、疑問が残らないではない。説明的な記述が目立つのがいささか文学的興趣を削いでいるように感じられるのだ。芥川賞の選考委員の一人は「退屈」と評したらしい。そこまではよい。

 ただしここに描かれてあることを「対岸の火事」と一蹴してしまったことにはまったく同意できない。そのような読解に対しては、むしろ本作を擁護すべきではないかと強く思う。

 言語は、ある言語圏と別の言語圏の境界線を超えてやってくる越境者の活動によって活性化されてきた。日本語とて例外ではない。万葉集の昔から日本語は越境者や外来の言葉によって形成され練り上げられ鍛えられてきたのではなかったか。そうした世界の歴史を想起するならば、本作は「特別」なアイデンティティをとおして言語という普遍的な主題に向きあった作品といえるだろう。仮に作品として未熟さを感じたとしても、主題に対して「対岸の火事」と他人事にしてしまうのは愚鈍というべきである。
[PR]
by syunpo | 2018-09-17 18:46 | 文学(小説・批評) | Comments(0)

今こそ反緊縮政策を〜『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』

●ブレイディみかこ、松尾匡、北田暁大著『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう レフト3.0の政治経済学』/亜紀書房/2018年5月発行

b0072887_13464215.jpg ブレイディみかこ、松尾匡、北田暁大の鼎談集。どうにも意味不明な書名が付けられているので期待せずに読み始めたのだが、案の定、本書の左派批判は脳内で戯画化した標的を一方的に攻撃しているだけという印象を拭えなかった。だいたい左派のエリート主義を揶揄するのは昔から左派の定番しぐさ。自分たちだけが物事の本質を理解している的なセールストークが執拗に繰り返されるのには辟易した。

 かろうじて松尾の理論経済学者としての発言にはアカデミックな味わいがあり、その限りで本書を読む意義はある。経済成長を〈長期の成長〉と〈短期の成長〉に区別した上で後者の重要性を訴えるのは毎度おなじみではあるけれど、議論の整理には役立つだろう。もっとも松尾が主張する財政・金融政策にしても基本線は反緊縮を基軸としたケインズ主義的政策の現代版というもので、少なからぬ左派言論人が言ってきたこととさして違いはない。
[PR]
by syunpo | 2018-09-08 13:50 | 経済 | Comments(0)

人類の先を歩んだ革命家!?〜『カストロとゲバラ』

●広瀬隆著『カストロとゲバラ』/集英社インターナショナル/2018年2月発行

b0072887_9564353.jpg フィデル・カストロとチェ・ゲバラ。キューバ革命を牽引した両雄である。ラテンアメリカ諸国は二〇世紀の大国である米国の圧政を受けて苦しめられてきた。本書で強調されているのは、そうした歴史における「苦しめた側の人間の実名と、圧政の利権メカニズム」に関する解析だ。その点に言及した書籍があまりに少ないと広瀬はいう。そこで〈強欲なアメリカ資本〉対〈キューバの民族主義〉というわかりやすい対立図式をベースに一連の革命を素描していくのである。

 中南米における米国の帝国主義的なあり方を徹底的に糾弾する筆致は痛快である。私も大いに共感する。ただそれにしても、全体を通して「圧政の利権メカニズム」を強調するあまりキューバ革命を美化しすぎているのではないかとの印象もまた拭い難い。あらゆる革命が反動を抑えるために独裁化するのは宿命のようなものだが、外部からいかなる干渉があろうとも、史実を冷静に直視することは著述家に不可欠の態度ではないか。

 けれども広瀬は「人類の先を歩む進歩した人間社会」(カストロ)を目指すものとして、キューバの社会主義に最大限の賛辞をおくっているのだ。

 人間社会を正当に評価するためには、政治リーダーやメディアの情報だけでは無理がある。旅行者としての体験も充分な判断材料にはならないだろう。カネを落としてくれる旅行者には優しくても、外部から来た定住者には冷淡な社会など掃いて捨てるほど存在しているのだから。まずはその社会で生活することが必須である。
 しかし広瀬が断定的に評価を与えている根拠は必ずしも本書で充分に提示されているとは思えない。何よりも本当にキューバ革命が「人類の先を歩む」ものであるなら、追随する国家がもっともっと現れてもいいはずなのだが……。
[PR]
by syunpo | 2018-09-02 10:00 | 国際関係論 | Comments(0)

歪んだ「政治主導」の矢面に立つとき〜『面従腹背』

●前川喜平著『面従腹背』/毎日新聞出版/2018年6月発行

b0072887_941299.jpg 表面は服従するように見せかけて、内心では反抗すること。──「面従腹背」の広辞苑における語釈である。前川喜平がマスコミに登場するようになってから、この言葉を盛んに口にするのを見聞して、当初は少し違和感をおぼえたものだ。

 日本の政治の問題点として、かつて「官僚内閣制」による弊害が盛んに強調されたことがあった。政治決定の実質を握っているのは官僚であって、政治家は彼らの手のひらで踊らされているだけだという認識を端的に表現した用語である。「官僚内閣制」に不満を感じる国民の多くは、民主党や自民党の唱える「政治主導」に大いに期待をかけた。その一つの結果として、今日のモリカケ問題や公文書改竄に象徴されるような安倍政権の暴走に歯止めが効かない状況がもたらされた。「政治主導」といえば聞こえは良いが、実態は独裁国家と変わらぬ縁故主義の蔓延である。

 安倍政権の実情が明らかになってくるにつれて、前川のいう「面従腹背」にも一理あると思えるようになってきた。実際、本書に記された前川の「面従腹背」的な行政の具体例には賛同できる点も多い。

 たとえば、道徳の教科化の問題。これはいうまでもなく「国家に立脚する教育改革の色彩を色濃く持つ」政策である。前川はもちろんそれに反対の立場であった。政治がそれを決めた以上それに従うほかないのだが、文科省は「道徳教育を学習者である子どもの主体性を重視する方向に転換する姿勢」を打ち出している。二〇一七年六月に公表した学習指導要領解説道徳編では「道徳科の授業では、特定の価値観を児童に押し付けたり、主体性を持たずに言われるままに行動するよう指導したりすることは、道徳教育が目指す方向の対極にあるもの」と言い切った。安倍政権がやろうとしている道徳教育の枠組みのなかで「考え、議論する道徳」のために様々な工夫をするよう促しているのである。

 また一般に審議会は民主的な政治決定を装うための形式的なものと考えられているが、前川によれば文科省における教育に関する審議会は「政治介入へのバッファー(緩衝材)」になっているという指摘も興味深い。中央教育審議会では、委員の学識や経験に基づく発言をかなり丁寧に拾い上げている。「政治主導で提起された政策課題についても、審議会で検討することによって軌道修正が図られることが多い」という。

 末尾には、毎日新聞の倉重篤郎と文科省の先輩・寺脇研との座談記録も収録されていて、こちらもなかなかおもしろい。とりわけ加計学園獣医学部認可をめぐる政権内部の確執を前川が解説している舞台裏の挿話では閣内が必ずしも一枚岩でなかったことが明らかにされている。
 当初、安倍首相が推進、獣医師会をバックにした麻生が反対、石破が慎重……と均衡していた。衆院福岡六区補選で獣医師会=麻生支持候補が安倍支持候補に惨敗して、流れが一気に安倍首サイドに傾いたらしい。

「面従腹背」は前川の現職時代の座右の銘だが、退官後のそれは「眼横鼻直」だという。鎌倉時代に宋から曹洞宗を伝えた道元禅師の言葉で、「眼は二つ横に並んでいる。鼻は縦についている」ことから、当たり前のこと、ありのままでいいということを意味する。

 官僚と国民から選ばれた政治家との関係はいかにあるべきか。近代民主政の根本に関わる古くて新しい重要課題だが、本書はそれを再考するための生きた教材となるものだろう。
[PR]
by syunpo | 2018-09-01 09:47 | 政治 | Comments(0)