ブログトップ

ブックラバー宣言

syunpo.exblog.jp

近代国家における立法の重要性〜『日本一やさしい「政治の教科書」できました。』

●木村草太、津田大介、加藤玲奈、向井地美音、茂木忍著『日本一やさしい「政治の教科書」できました。』/朝日新聞出版/2017年7月発行

b0072887_12531137.jpg 憲法学者の木村草太とジャーナリストの津田大介がAKB48の三人を相手に政治の授業をするという趣向の本。標題どおり初学者向けの入門書で、それ以上でもそれ以下でもない内容だが、ただ一点、木村の授業できわめて含蓄に富むくだりがあるように私には感じられた。以下、変則的ながらその点に絞って記してみたい。

 私が興味深く感じたのは三権分立を解説した箇所である。
「行政」「司法」「立法」の三権は昔から並び立っていわたけではない。このうち最も遅れて概念化されたのは「立法」である。木村の既刊書『テレビが伝えない憲法の話』でも力説していることだが、本書でもかなりの紙幅を割いて噛み砕いた説明をしている。

 行政と司法の二つは、人間の生活に欠かせないものなので昔からあった。古代ローマ帝国も漢や秦など古代中国の国家もこの二つの機能を備えていた。これに対して立法は比較的最近出てきた考え方なのだ。

 では、昔は必要なかったのに、なぜ近代国家では立法の機能が必要になったのか。このように問題提起して次の授業でその解答を提示していく。

 昔は「公平性を守る」ためには、優れた人が王様や裁判官などの権力者になればよいという考え方が支配的だった。ところが近代になって「どんな人が権力者になろうとも、公平なルールが実現するようにと、法律に基いて権力を行使しようという発想になった」のである。

 つまり建前上は誰もが権力者になる可能性のある時代になったからこそ「立法」という機能が必要になったと考えられる。立法が遅れて概念化された権力であることは、政治社会の近代化と大いに関連しているわけだ。近代民主主義には欠かせない〈国民主権〉や〈法の支配〉を実現するために必要になった国家作用。木村はそこまで踏み込んだ解説をしているわけではないけれど、日本国憲法では立法府こそが「国権の最高機関」と規定されていることは何度でも思い返す必要があると思う。

 今日、日本では行政府の暴走が目立ち、国会は以前にもまして形骸化したといわれる。それはすなわち民主主義の形骸化と言っても過言ではない。私たち国民は裁判官や官僚を選ぶことはできないが、国会議員については直接選挙で選ぶことができる。近代になって「立法」という概念が発明されたことの意味を私たちはよく噛みしめる必要があるのではないだろうか。本書を読んであらためてそのようなことに思いを致した次第である。
[PR]
# by syunpo | 2018-03-31 12:53 | 政治 | Trackback | Comments(0)

熱狂を抑えることにおける熱狂〜『保守の真髄』

●西部邁著『保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱』/講談社/2017年12月発行

b0072887_19534350.jpg 西部邁といえば日本の近代保守思想の重鎮的存在であった。中島岳志をはじめ西部を参照する後進の保守思想家は多いし、討論番組でバトルを展開した宮台真司もその後は西部と何度か親密な対談を交わしている。二〇一八年一月に惜しまれつつ他界した直後には本書にも触れた追悼的文章をいくつか見かけたこともあり、久しぶりに西部の本を手にとった。

 なるほど首肯しうる発言は少なくない。戦後日本の米国追従路線を厳しく糾弾しているあたりは、白井聡の『永続敗戦論』とも重なり合うものだろうし、新自由主義的なグローバリゼーションに対する異議は、むしろ社民主義やリベラリズムに近しいものと思われる。保守思想と社民主義の親和性の高さはつとに指摘されてきたことであるから、それは別段驚くほどのこともでもないのだろうが。

「『熱狂を抑えることにおける熱狂』こそが保守的心性の真骨頂なのである」とか「保守に必要なのは『矛盾に切り込む文学のセンス』」などはつい引用したくなるフレーズかもしれない。

 ただそれ以上に、同意できない見解もまた頻出する。何より伝統や歴史の持ち出し方がいかにも抽象的だ。スローガンの域を出ないのではないかと思う。もっとも引っかかるのは「近代への懐疑」の必要性を繰り返し力説しながら、近代の産物に他ならない国民国家という枠組みを疑う姿勢が微塵も見えないことだ。

 西部は、国民国家に関して人類史の全体をとおして存在してきたものと捉えているようだが、それは端的に誤りだろう。国家の形態をとらない社会や共同体で生きてきた経験の方が人類は長いのではないか。現代社会における国民国家の役割の重要性を私も否定しないが、国家が「シジフォスの如く難行苦行をエンドレスに引き受ける」べき理由は歴史的にも論理的にも見当たらない。

 その意味では西部の唱える保守思想の真髄にはやはり魅力を感じることはできなかった。徴兵制導入や核武装論など個別具体的な政策論となるとさらに違和感は強くなる。最後に異様な熱気をもって語られる死生観にもまったく共感しない。私には退屈な本というのが率直な感想である。
[PR]
# by syunpo | 2018-03-28 20:00 | 思想・哲学 | Trackback | Comments(0)

中東は世界の矛盾が吹き出すところ!?〜『9.11後の現代史』

●酒井啓子著『9.11後の現代史』/講談社/2018年1月発行

b0072887_1915681.jpg 中東地域が政治的にも軍事的にも混乱し治安の悪いエリアと認識されるようになったのは、そんなに昔ではない。複数のデータを照らし合わせると、中東でテロや紛争が増加したのは二一世紀に入ってから、特に二〇〇三年のイラク戦争以降ということらしい。

 本書はそのような事実認識に基づき、昨今の中東地域に出来した混乱の背景を多角的に分析している。著者の酒井啓子は、イラク政治史、現代中東政治を専門とする研究者。簡潔明瞭な語り口で、初学者にも読みやすい新書らしい一冊といえるだろう。

 そもそも二〇世紀に中東で起きたことは、欧米諸国が行なってきた矛盾のツケが吹き出したようなものだという。二〇〇一年の九・一一のテロ事件を契機にそのツケはさらに大きくふくらんだ感がある。それにつづいて米国が仕掛けたイラク戦争は、その後の中東地域の混迷を決定づけた。

 標題に即して言うならば、九・一一は「アメリカの外交・安全保障政策を、最初は過剰介入の方向に、次には自国ファーストの方向に、二度にわたってぐるりと転換させる結果を生んだ」といえる。

 イラク戦争が理も大義もない戦争だったということは、開戦から十年以上を経て、開戦当事国の一つである英国の公的機関でも認定された。「無責任でずさんに行われたイラク戦争によって、イラクは秩序が崩壊し、政治は不安定化し、経済は停滞するという悲惨な運命をたどることになった」。
 その理不尽さからISは生まれたというのが世界の大勢的な見方である。

 そうして「イスラームが暴力化するのではなく、暴力性を抱えた個人や集団が、それを正当化するためにイスラームを利用している」という事態も生まれるようになった。

 ISを生む直接のきっかけとなったシリア内戦についても、それが「内戦」の形をとっているとはいえ欧米諸国との関係も軽視できない。シリア内戦が長期化した原因として、酒井は「国内で広く民衆の意思を代表できる勢力が反政府側にいなかったこと」のほかに「「内戦」に関連して周辺国や欧米諸国が、ご都合主義的に介入したりしなかったりの態度を取ったこと」にも求めている。

 本書でもっとも印象に残ったのは、後半になってようやく言及されるパレスチナ問題に関するくだりだ。中東を語る場合、これまではパレスチナの問題は多くの人々にとっては最も重要な問題の一つと考えられてきた。しかし最近のISやローンウルフ型の武装組織は、ほとんどパレスチナ問題に触れることはない。

 犠牲者であることが多様化し、誰しもが犠牲者度合いを競争し、だからこそ自分たちこそが最も報われるべきだと考える現代。かつて皆が「犠牲者としてみなともに悼むべき」と考えてきた、パレスチナの悲劇は、すっかり後景に下がってしまい、自分たちそれぞれが考える「犠牲」からの回復を優先させる。(p196)

 中東では誰もが敵に囲まれた犠牲者としてのアイデンティティを強調するようになったという指摘は日本人にとってもすぐれて教訓的ではないだろうか。「どちらがより多くの犠牲を被ったかの競争だけに時間と労力を費やしても、徒労である」と酒井はいう。

 誰が他者なのかわからないのならば、「われわれ」と「他者」の違いを明確にする必要はないのではないか。少なくとも、敵だ、悪魔だ、と名付けられる相手が、本当に敵で悪魔なのか、わずかでも疑ってみる冷静さがあってしかるべきだろう。(p215)
[PR]
# by syunpo | 2018-03-23 19:16 | 国際関係論 | Trackback | Comments(0)

知のブリコラージュ〜『都市と野生の思考』

●鷲田清一、山極寿一著『都市と野生の思考』/集英社インターナショナル/2017年8月発行

b0072887_19583098.jpg クロード・レヴィ=ストロースの名著『野生の思考』に「都市」をトッピングした標題がいかにも興味をそそる。大阪大学の元総長と現役の京都大学総長との対話集である。

 臨床哲学なる分野を開拓したユニークな哲人とゴリラ研究で名を馳せる霊長類・人類学者によって交わされる言葉は相互に刺激しあいながら専門分野の垣根を越えて、文字どおり都市や自然を自由自在に経巡るかのようだ。

 山際が大学の存在意義について多様性を旨とするジャンクルに喩えれば、鷲田はその文脈で大学を社会実験の場と捉え個性的な人間をあえて野放しにしておくことの意義を説いて対話ははずむ。

 ゴリラの研究から直接導かれた発言もおもしろい。たとえば「ゴリラのリーダーには、二つの魅力が求められる。他者を惹きつける魅力と、他者を許容する魅力」という山際の話は人間にとっても教訓的という以上の深い含蓄に富む指摘ではないか。それに対応する鷲田持論の「しんがりの思想」も興味深い。

 標題にもうたわれている二人の都市論はもっぱら京都を軸に展開されていく。支配者が変わり、国家体制が変わっても生き延びているものの象徴として、街に息づく芸術や祭を考える。その意味では京都は格好の都市といえるだろう。ここでも京都という都市はジャングルに擬えられる。

 さらに京都の街は成熟/未成熟の観点からも称揚される空間となる。

 すごい学者は往々にして、世間から変人と見られる。世間のことなど何も気にせず、自分の世界だけをとことん突き詰めていくからです。つまり未熟さこそが文化の原動力とも言える。そうした未熟さを内にたっぷり抱えていられるのが成熟社会で、京都はその典型でしょう。……(中略)……自分の中の未熟さを守るためにこそ、人は大人になるんだと。(鷲田、p44)

 ファッションに関する論考でも知られる鷲田の制服に関する発言も目からウロコが落ちた。現代人は制服を管理の象徴のように考えるが、そもそも制服は自由の象徴として着られるようになったという。

 ……制服とは自由な市民の衣装のことで、具体的には背広の原型に相当するものです。市民はみんな平等であり、階級も職業も関係ないことを表現するために、みんなが同じ黒やグレーのスーツを着るようになった。(p148)

また、リベラルの語源にあたる単語はもともと「気前がいい」という意味だったという鷲田の語源論にも考えるヒントがいくつもころがっていそうだ。

 後半、ありあわせの食材を使って食事をこしらえる「家事的な発想」の必要性を二人が説くくだりも印象的。いうまでもなくレヴィ=ストロースのいう「ブリコラージュ」なる手法である。

 その意味では本書の対話もまた「ブリコラージュ」的といえるだろうか。系統的に一つの命題に向かっていくというよりも、その場その場の閃きによって言葉がほとばしり出てきて、巧みに前後の素材と組み合わさる「ブリコラージュ」の悦び。都市と野生が結びついた愉しい知の対話集といっておこう。
[PR]
# by syunpo | 2018-03-19 20:00 | クロスオーバー | Trackback | Comments(0)

ジェンダー役割分業観を相対化するために〜『〈女帝〉の日本史』

●原武史著『〈女帝〉の日本史』/NHK出版/2017年10月発行

b0072887_215619.jpg 日本における女性の政治参加は著しく遅れている。これを日本古来の考え方とむすびつけて論じる言説は少なくない。だが本当にそうなのか。

 本書は神功皇后伝説から、持統天皇、北条政子、淀殿……と連綿とつづいた女性権力者たちの系譜をたどり、日本の政治における女性のパフォーマンスを分析するものである。中国や朝鮮半島の政治史を参照することで、東アジアの共通点と同時に日本の特性をも浮かびあがらせる。

 儒教社会では古くから男女の違いが説かれてきた。『尚書』には、女性が政治に口出しするとロクなことがないということが書かれているらしい。ゆえに東アジアでは、女性が権力をもつことがどこでも忌避されてきたように見えるが実際にはそうではない。

 七世紀は東アジアで「女帝」が登場する時代である。歴史的にいえば、皇帝や天皇にならず、王后や皇后のまま権力を握る場合が多かったという。中国では儒教経典の教えに反して、名実ともに権力者として采配をふるった女性が断続的に存在したという指摘は興味深い。

 大陸では臨朝称制や垂簾聴政と呼ばれる政治形態があった。前者は皇帝が幼少などの理由で執政できない場合に皇太后が朝議に臨み(臨朝)、命令を出す(称制)などの政務を執ることをいい、後者は女性が簾ごしに臣下と接して采配をふるうことを指す。日本史においてもそれに類することがしばしば行なわれた。

 日本では原始的な段階で母系制がまずあり、それが父系制に移行したという説を吉本隆明が唱えたが、柄谷行人がそれを否定した。柄谷によれば、どちらでもない状態が最初にあり、次に単系(母系ないし父系)または双系というかたちをとった後、家父長制へと移行したとみるのだ。本書でも基本的にその線で記述をすすめている。

 古代天皇制において、女性権力者の系譜をたどっていくと、三〜四世紀に活躍したとされる神功皇后に行き当たる。今では実在が疑われている人物であるが、記紀によると朝鮮半島に出兵して「三韓征伐」を行なったことになっている。
 注目すべきは、天皇に比された神功皇后のおかげで敵を撃退することができたという風説は、平安時代から室町時代にかけて対外的危機が認識されるたびに再生産されたということである。

 推古天皇以来、女性天皇の時代が長くつづく。「内発性を含む資源」に加えて、当時の先進国であり国際基準となっていた中国という外圧の働いたことが女性天皇の時代を持続させたと原は分析する。

 平安時代になると女性天皇に対する忌避の感情が生まれるが、臨朝称制の仕組みは残った。つまり幼少の男性天皇が即位しながら、その母親が権力を握る新たな時代に入ったのである。
 政治権力が武家に移る中世以降では、将軍の母や後家が権力をもつ時代になる。北条政子(源頼朝の妻)や日野重子(足利義勝、義政の生母)などである。

 江戸時代は女性の権力が封じられた時代である。将軍の妻妾たちは江戸城本丸の大奥という閉鎖的な空間で生活するようになり、そこに女性だけのヒエラルキーが築かれるようになる。将軍に匹敵する権力をもつことはなかった。徳川家康は女性の権力掌握を非常に警戒し、様々な布石を打った。それが江戸期をとおして貫徹したといえるかもしれない。

 明治以降は皇后が「祈る」主体となる。軍事指導者としての新たな天皇像がつくられるとともに、政治に口出しせず、天皇を陰で支えるパートナーとしての皇后像がつくられていった。同時に国家神道の整備とともに、皇后はアマテラスや歴代天皇の霊に向かって「祈る」主体として新たに登場した、というのが原の見方である。

 こうして日本の政治史を振り返ってみると「古代日本に双系制の文化があったとすれば、男尊女卑という観念はもともと日本にはなく、年長者の女性が権力をもつこともできるはず」だということになるだろう。双系制が廃れて父系制へと移行してからも、年長者の女性が権力をもつ時代が断続的にあったことは注目に値する。

 けれどもいまや、そうした時代があったことはすっかり忘却された。男系の皇統がずっと保たれてきたことが日本のアイデンティティだとする言説が依然として影響力をもっているのだ。

 ……日本で近代以降に強まった、女性の権力を「母性」や「祈り」に矮小化してしまう傾向は、皇后や皇太后が「神」と天皇の間に立つことを可能にする反面、女性の政治参加が憲法で認められたはずの戦後にあっても、女性を権力から遠ざけるという影響を及ぼしているように思われます。こうした状況が続く限り、日本で女性議員を増やし、女性の政治参加を増やすことは根本的に難しいと言えます。(p278〜279)

 原が指摘するような女性の政治参加を難しくしている歪んだ認識を是正していくために、本書は極めて貴重な知見を与えてくれる一冊であることは間違いない。
[PR]
# by syunpo | 2018-03-14 21:08 | 歴史 | Trackback | Comments(0)